ミニバン徹底比較!2015年版ベストはこれだ!

本来、車の良しあしなんて人それぞれで決めようがないはずです。100人が要れば100通りの評価軸があり、それぞれにベストな車があると私は思います。

しかしながら、それでもあえて今年度の私的ベスト車種を選定したいと思います。

2015年版ミニバンのベスト車種は・・・・

 

 

 

 

 

な しです。

無し。無し。無しなしなしなしなしなしなし無し。無しです。

何だそれ!と思うかもしれませんが、一応私が1年余りにわたって考え抜いた末の結果なのです。そこに至る経緯はブログにすでに書いていますが、本記事しか見ていない人が殆どと思いますので概要をご説明いたしましょう。

私は元々プリウスに乗っていたのですが、家族構成の変化に伴いもう少し大きな車が欲しくなりました。しかしながら走りを妥協したくはありません。ミニバンでかったるい運転はしたくありません。ファミリー向けでありながらもそれなりに走行性能が高い車種が欲しいと言うのが第一でした。ミニバンに乗る以上走行性能なんて求めるのは間違っているという意見も多いですが、しかし、現実問題として車好きが子育てを始めると誰でも同じような考えに行きつくのではと思います。

第二の要求はコストパフォーマンスです。私は常日頃からコストパコスパと連呼しており、心の中にコストパフォーマンス神社をもつコストパフォーマンス教の熱心な信者でございます。上戸彩が日通のCMでコスパと言っているので上戸彩が好きになりました。そのくらいコストパフォーマンスが重要。値段の割に高い性能、パフォーマンス、ああ、なんて美しい響きでしょう。

第三に先進的であることです。私は最先端技術好きです。そもそもプリウスを購入したのも最先端技術であるハイブリッド車に乗りたいと言う理由が主でした。そのくらい最先端技術が好きです。それが便利かどうか、優れているかどうかは関係ないのです、最先端技術の塊を所有し、いじり、使うということに試乗の喜びを感ずると言う性癖であります。

そんなこんなで、私は元々プレマシーを購入しようとしていました。プレマシーの走行性能は満足の行くもので、元々それほど車両本体価格が高くない上にマツダの鬼値引きも加算されてコストパフォーマンスが非常に高いです。しかしながらプレマシーの購入を躊躇したのは、「プレマシーは近々モデルチェンジするのでは」という思いがあったからです。

プレマシーの弱点は、強いて言えば見た目と先進性(ADAS装備)であると思います。もし、モデルチェンジしてADAS装備が追加され、フロントフェイスが変更となったら…?私は後悔して夜も眠れないでしょう。そう考えると現行モデルを買う気にはとてもなりませんでした。

それから1年間いろんな車種を見て回りましたが、プレマシーがモデルチェンジする気配は無く、また、他の車種でも上記3点を満たしてくれるミニバンはありませんでした。グローバルで見ればミニバンやMPV(≠マツダMPV)といったジャンルにおけるシェアはSUVにどんどん吸われているので、各メーカーが注力するのはSUVになっています。プレマシー(海外ではMazda 5)は各地域で販売終了が決定し、ますます情勢は厳しくなってきました。

ここで私はミニバンを諦めました。コストパフォーマンスと走行性能とADAS装備の3点を有するミニバンは存在せず、今後数年も出てこないだろうと判断したのです。もっとも希望が持てるのはマツダのCX-5ベースのミニバンですが、これは17年度投入ということでとても待てません。

ミニバン以外でファミリーカーの候補となるのはワゴン、SUVとなります。この辺りまで候補を広げると一気に選択肢が広がります。私が検討したのはフォレスター、レヴォーグ、アテンザ、CX-5、V60(中古)あたりでした。この辺りだとどれも先進装備が付きます。

結局、私が選んだのはCX-5 20S Proactiveでした。ADAS装備がひと通りセットになっていて、走行性能も十分、頑張れば20km/L弱は走ってくれる車が254万円です。最近のミニバンと比較してもこの値段は安い方に当たるでしょう。

つまり、よーく考えた結果、私にはスライドドアと3列シートは要らない(それを妥協しても相応以上のリターンが得られる)と判断したということです。狭い駐車場での乗り降りは窮屈でしたが、以前もスライドドアのないプリウスに乗っていたのですからこれまでと比べて何か変わるわけではありません。車の乗り降りなど、車を利用する時間を考えればほんの一瞬に過ぎませんから、それを重視して剛性の低下や重量増を許容するのはおかしな話だと考えました。また、家族が5人以上増える可能性も今のところはありませんから、3列シートも不要です。乗員一人あたりのスペースや荷室容量を増やしたいならば、増加させるべきは車体サイズであって乗車定員数では無いはずです。

そもそも私の子供のころを思い出した時、うちの親はセダン(いすゞジェミニ)で兄弟3人を育てていたのですから、ミニバンでなければ子育てができないなんてことは無いはずです。そもそも昔はミニバンなんてほとんど無かったですしね。

以上のような私の経験から皆さんにお伝えしたいことは、「子育てをする上でミニバンは必要不可欠ではない」ということです。本当に3列シートが必要か、ミニバンの大きさが必要か、使用用途の最大値を重視しすぎて非効率なことをしていないかということを今一度考えてもいいのではないでしょうか。考えた結果、ミニバンがどうしても必要ということであればそれはそれで正しいことなのだと思います。しかしミニバンはやっぱり不要と考えたならば、ぐっと選択肢は広がってきます。

というわけで、ベストは無いのですが以下では私が気になったミニバンをピックアップしていきたいと思います。

全方位で優れたミニバン:ゴルフ トゥーラン TSI ハイライン

私も何度か運転したことがありますが、非常に優れた車です。大きすぎず小さすぎずなサイズ感、高い加速力と燃費を両立したパワートレイン、しっかりとした接地感がある足回り、どれをとっても高い次元で完成された車です。

次期フルモデルチェンジではADAS装備が充実して自動ブレーキ、ブラインドスポットモニタリング、クロストラフィックアラート、速度追従型オートクルーズ、シートベルトプリテンショナーなどが装備された上、Apple CarPlayやAndroid Autoも搭載されることとなっています。3列シートを搭載する車種の中では全方位で妥協のない、完成度の高い車種となることは間違いないです。

ただ、一番の欠点はコストですね。現行モデルの最下位グレードでも316万円からですから、ADAS装備が搭載されたトゥーランは300万円代中盤~後半になってくるのではないでしょうか。私は車に300万円以上かける気がないのでちょっと手が出ないですね。

(2015年5月9日追記)

ADAS装備が非常に魅力:ステップワゴン

記事公開当初は未発売だったのですが、新しいステップワゴンはひと通りのADAS装備が追加されたほか、このクラスのミニバンではおそらく初となる速度追従型オートクルーズが搭載されました。

その他、ダウンサイジングターボが搭載され低速回転域でのトルクが大幅にアップした点も注目です。

詳細は以下記事などもご覧ください。

ステップワゴンがモデルチェンジ

ステップワゴンのわくわくゲートがワクワクする理由

新型ステップワゴンのスペックを調べてみた

 

コストパフォーマンスは最強クラス:プレマシー 20C SKYACTIV/ラフェスタ

私の一押しがやはりプレマシーです。2014年版でもベストだ!と言いましたが、1年経ってもプレマシーと同じような設計思想で作られ、かつ、プレマシーを超える車は見当たりません。プレマシーは手ごろな値段でありながら走行性能に優れ、さらにスライドドアを装備しているという点が唯一無二のポイントです。しかしながらマツダのモデルチェンジの波に取り残され、最新装備も付けてもらえず細々と販売されているのが実情です。

ボディから再設計したフルモデルチェンジは難しいとしても、せめて顔を変えてADAS装備を追加するくらいのマイナーチェンジはあっていいと思っていましたが、昨今の情勢を鑑みるとその可能性も低そうです。

隠れた名車:ビアンテ

ビアンテについては当サイトでは「マツダの中の人はビアンテが嫌い」という否定的な記事を紹介しました。顔が醜悪だとマツダオーストラリアの偉い人が言っています。私自身も「女二人で乗るには向かない車だね」などと下ネタでせめたりしました。

が、2.0Lエンジンを搭載するハイルーフ系ミニバンの中ではパフォーマンスは高いほうですし、リアサスペンションにマルチリンクサスペンションを採用しているのもビアンテだけです。SKIACTIV-DRIVE6速ATミッションも搭載しており、CVTが多いこのクラスの車種の中では高速巡航時の燃費にも優れます。

絶対ハイルーフ系ミニバンに乗れ、乗らないと殺すと狂ったミニバン教信者に脅された私はビアンテを選ぶと思いますね。何だそりゃ。

次回記事では、ミニバン各車種のスペック比較表と比較グラフなどを公開する予定です。