CX-5を500km弱走らせた感想

思ったことを書きます。短いです。関連記事は以下。

ハンドリングについて

以前、「ニュートラルステアっぽい」「アクセルで曲がっていくような曲がり方ができない」と述べましたが、だんだんこれにも慣れてきました。

私の場合は怖がらずにハンドルを切ればよいのだと思います。これは癖なのですが、私はあまりハンドルを切りません。アウト-イン-アウトのラインを頭に描きながら、ハンドルはなるべく一定にして、コントロールはアクセル中心で行います。

が、CX-5でこういう事をすると意図したように曲がってくれないような気がします(私の運転が下手なだけかもしれないですが)。こういうことをすると、自分が思っていたラインよりも膨らんだラインに沿って走行するので、カーブの最中で修正舵をすることもしばしば。これは自分が焦るだけでなく同乗者にとっても不快です。それで今度は意識的に積極的にハンドルを切るようにすると、思った通りのラインを走行できることに気づきました。

・・・というかこれって、単にプリウスと比べてステアリングギア比が違っているだけ?という気がしないでもないですが、調べてもギア比が分かりませんでした。

これまでCX-5のハンドリングに違和感があると数度述べてきましたが、それでもCX-5のコーナリング性能は背の高いSUVとは思えないくらい優れています。視点が高くてもまったく不安を感じさせません。がっしりと路面を捉えている安心感があります。そこは非常に優秀だとおもいます。

エンジンブレーキについて

これも以前の記事では「エンジンブレーキが全然効かない、もっとエンジンブレーキを効かせてほしい」と書きましたが、これ、たぶん単に最近の車の傾向であることに加えて車体重量が重いからという理由ですね。

「最近の車の傾向」というのはつまり、燃費を伸ばすために転がり抵抗その他のロスを小さくする努力の結果であるということです。それに加えて重量も重いですから、当然、アクセルオフでも中々減速しないと言う結果になります。

アクセルオフでの減速が鈍いなら信号や前走行車の動きにより注意して予測運転すれば良いだけです。燃費向上にもつながりますし、同乗者にも優しい運転ですし、安全運転にもなりますし、ブレーキパッドの減りも抑えられますしいいことずくめです。

以前乗っていたプリウスをはじめとするハイブリッド車では回生ブレーキがあるので減速時の運転にはあまり気を使わずに気軽にブレーキを踏めばそれで良かったのですが、なんだかそれに慣れて運転が下手になっている気がします。