新車に施工するコーティングを検討する

検討してみます。

使用経験のあるコーティング剤(サービス)

まずは私が使用した経験のあるコーティング剤、もしくはサービスを。

ボディーコーティングMG(マツダ)

マツダ車を購入すると勧められると思います。

以前嫁さんが乗っていた3代目デミオスポルトにこれを施していましたが、正直、効果があるのかないのかよくわかりません。その時はまだ秋田に住んでいました。秋田の冬は路面が除雪車のチェーンから出た鉄粉まみれだし、融雪剤が随所でばらまかれるので車には厳しい環境です。

一冬を過ごすとすぐにボディのあちこちに赤さびが出てきました。これはボディーが錆びているのではなく、前述の鉄粉が付着してしまっているためです。なので、擦れば落ちるのですがこの作業がひどく大変で、コーティングを施しているからすぐに落ちる…なんてことはありませんでした。高速道路を走行した後の虫の死骸も全然落ちません。

お金をかけた分の価値があるかどうかと問われれは、私ははっきり無かったように思います。また施工しようとも思いません。

ちなみにCX-5を買った時は全然コーティングを提案されませんでした。

CPCペイントシーラント

トヨタ車を買うと施工を勧められると思います。私はプリウスに施工してもらいました。

これも全くと言っていいほど効果は感じませんでした。虫の死骸は全然落ちない、ウォータースポットも落ちない、光沢も感じない…。唯一評価できるのは、コーティングをすると一緒についてくるメンテナンス材です。こいつの成分は不明ですが、臭いは石油系です。これが中々便利で、付着した汚れは落ちやすいですし光沢も生まれます。が、この程度のものなら他にも安くて良い製品があるのではとも思います。

これもお金をかけた分の価値があるかどうかと問われれは、無かったように思います。また施工しようとも思いません。

固形ワックス

昔、S13シルビアに乗っていた時はたまにカー用品店で良く売っているような固形ワックスを塗りこんでいました。

ワックスはコンパウンドが混じっているので施工すると固着した汚れもすぐ落ちますし、仕上がりもとてもきれいになります。そのあたりは満足できますが、やはり持続しないのが一番の欠点です。

個人的に、コーティングは持続性が最も重要と考えています。なぜならば、洗車するたび車は傷ついていくからです。洗車傷はどんなに注意しても必ず付きます。洗車回数をなるべく減らすことが車を長期間にわたって綺麗に維持するコツ(つまり、コーティングは長期間持続して洗車回数を減らすのに貢献しなければならない)だと私は考えています。

その点から言えば、固形ワックスは個人的には使う気になりません。施工性の点から言っても面倒です。これもまた施工しようとは思いません。

ブリスX

これはかなり気に入りました。

ブリスXの素晴らしいところは施工性、仕上がりの艶、触感ですね。ボディーが濡れたまま吹き付けてスポンジで伸ばし、また水で流して拭き上げるというだけで驚くほどの光沢が生まれます。触るとツルツルしているというかしっとりねっとりしているというか、不思議な肌触りになります。

乾いた状態で施工すると、目で見て分かる程度の厚さの皮膜が生まれます。が、傷を埋める程度ではないように思えます。

黒色であればまたブリスを買おうかと思いましたが、今回購入したCX-5はガンメタ(メテオグレーマイカ)なのでそんなに光沢が無くてもいいかな…と思っています。

ブリスXでネックなのは費用だと思います。8千円弱します。1回の施工では少量しか使わないので、私は4年ほど持ちました。なので長期的に見ればそれほど高くないと思うのですが、今回はもっと強固な皮膜が得られるような製品を試してみたかったので別のものを検討することにしました。

検討対象

 

ピカピカレイン

公的機関(大阪市立工業研究所)による曝露試験テストで3年間の耐久性があるとの実験結果が得られた、日米で特許を取得しているなどといううたい文句です。ユーザーからの評価もいい感じ。施工すると車の塗装面が無機質のガラス(SiO2)となるとか。なんか強力そう。

ちなみにポンパレモールで売っているか調べたところ、下記のようなページが出てきた。

「ピカピカガールがお答え」って、何語で回答してるんだよ。日本語で回答してくれよ。くっそ笑った。しかもこのページ、下部のテキストは文字化けしておらず、異なる二種類のエンコーディングによって記載されている模様。あんまりないね。というか最近のサイトで文字化けって早々見ないけどね。

あと、ピカピカガールがさり気なく谷間アピールしていてこれも笑った。

レビューやうたい文句をみて中々いいかな、と思ったのだけど、これも少しお高い(8000円弱)のでやめた。ただ、親水性でガラス被膜という点はかなり気になる。私は今回、洗車回数をなるべく減らしたいと考えて選定をしたが、そのためには親水性で強固なガラス被膜という特性が重要になってくる・・・気がするから。

AQUADROP PREMIUM

もう結論から言うとこれにしました。単純に安いからです。1瓶1500円也。安い上に、「施工でミスるとコンパウンドかけてもう一回やらないといけない」くらいの強固な皮膜が出来上がるからだそうです。これはもう、日がな一日中「コスパだよねー」と述べているコスパ新教の敬虔な教徒である私が買わない理由は皆無です。

1瓶でミニバン1台を施工可能とのことでしたので、2瓶に施工用スポンジと拭き取り用クロスが付いたセットを楽天で購入しました。

実際に施工してみた感想等は次の記事で。