CX-3の展示を見てきた(写真つき)

この記事は「CX-3の展示を見てきた(写真なし)」の写真付きバージョンです。CX-3販売開始したので公開します。


 

ディーラーに行ったらもうCX-3が展示されていました。先行予約受付中らしいです。写真を撮ってきたので載せてみます。

CX-3は正直あまり興味がなかったのですが、実際に見てみたら中々格好良かったです。隣にデミオが展示されていますが、ぱっと見た感じはデミオよりも少し大きい感じですね。

CX-3でいいと思うのはナンバーの位置です。アクセラ、デミオはグリルのどまんなかに真っ白いナンバーがあるのでカタログで見るのとかなり異なり、違和感を感じます。CX-3のナンバーの位置はCX-5やアテンザのそれと同じような位置で、デザイン上の違和感を感じません。これだけでデミオよりもこっちを検討してもいいかな、という気になります。が、値段みたらやっぱデミオになるのかな…。

タコメーターが全面に出てます。だったらぜひMTに乗りたいところですね。私は実用性とか機能美とかいうあたりを重視するタイプなので、その点からいうとATでタコメーターが全面にババーン!と出てこられても困る。分かったから…。回転数分かったから速度見せてよ…という気分になる。あれ?でもHUDあるんだっけ。

しかし、MTも6速なんですよね。6速ミッションの車は運転したこと無いけど、なんか嬉しいのかな。少なくとも私がMT車に乗っていて6速MTがほしいと思ったことは無い。1~5速が通常走行用で6速が高速巡航用とかいうギア比ならわかるが、そうでないなら6速って日常的にはクロス過ぎて使いにくくなる気が。この辺りは私の大好きな「創造の館」さんでも話があった。ちょっと古い記事だが以下がビジュアル的にもわかりやすくまとまっている。

2011スポーツカー選び|創造の館

当然ですが、CX-5を見た後だと荷室はかなり狭いです。ベビーカーをひとつ載せたら60%が埋まる、みたいな感じでしょうか。隣にデミオがあったのでそっちも写真に取ればよかったですね。見た感じだと、室内の広さはデミオよりも若干広い感じ。デミオは大人4人で長距離移動するのはきつそうな大きさでしたが、CX-3はそれよりも目で見てわかる程度広くなっており、4人での長距離移動もまあ我慢できるのかな?といった印象。

シフトの周囲はピアノブラック。これ流行ってるんでしょうか?もしくはピアノブラック素材は製造工程上何か嬉しい事があるとか?私はあんまり好きじゃないですが…。ただ、レヴォーグのように手でよく触れる周囲に配置しているわけではないので、皮脂で汚くなるとかいうことは無いと思います。

プリウスは足で踏むタイプのパーキングブレーキで、CX-5は電動パーキングブレーキだったので、こういう手で引く感じのサイドブレーキだとなんか安心します。

ウインカーのレバーとライトのレバーはCX-5と共通のように見えます。スイッチ類はトラクションコントロールOFF、i-stop OFF、クロストラフィックセンサー(?)OFFの3つですね。

CX-3が発表された当初、「デミオと殆ど変わらないじゃん」という記事を書きましたが、私にはやっぱりデミオとそんなに変わらない印象を受けます。デミオだとちょっと狭すぎるとかSUVにこだわりがある人などは良いかもしれませんが、値段も高くなりますからね。私なんかはSUVに特にこだわりがあるわけではないので、もし日常的に1~2人くらいしか乗らないという用途であればデミオを買うと思います。