ホンダ ジェイドについて色々考える

ホンダ ジェイドは私の次期車種選定上でも有力候補でした。i-DCDの仕組みを調べるとなかなか合理的に思えたのと、外観が好みだったことがその理由です。外観は私の嫌いな若干のガンダム感はあるものの、強烈なガンダム感を醸し出すレヴォーグよりはずっと良いと思います。

その希望が打ち砕かれたのはベースグレード272万円からという価格設定です。ネットでも高い高いと言われていますが、私もはっきり高すぎると思います。中身がFitと同じなのにこの価格は到底納得できませんでした。私が車の選定において重視するのはコストパフォーマンスです。そしてそのパフォーマンスとは、「パワートレーンや駆動系にいかに先進的な技術が詰め込まれているか、合理的であるか、パワーは十分か、また、車重は車体の大きさと比べて軽量かどうか、ADAS機能/性能はどうか」というあたりを適宜オレオレ評価式に当てはめたスコアです。このオレオレ評価式スコアに当てはめたときの妥当な価格というのはせいぜい上位グレードで250万くらいのものです。

まず、パワートレーンは先に述べたとおりFitから大差あるものではありません。セッティングを変更して高出力化しているくらいです。それでもパワーが足りないのでファイナルギア比を大きくしています。ギア比でトルクを稼ぐというのはつまりエンジンはうるさくなり、高級感とは真逆のセッティングになるという事です。この点は私にははっきりと不満であります。

が、ホンダの事情も分からないではありません。i-DCDは数多のリコールの上に築き上げた技術なので、大幅な変更を加えるような冒険はしたくないでしょうし、横展開して開発費&リコール関連損失を回収したいという理由もあるでしょう。だったら、私は多少のパワー不足は妥協するので妥当な価格を付けてほしかったと思います。それならば納得します。

ADASについては一通りの機能は付いていますが、ホンダ車のJNCAPによる予防安全性能評価は非常に悪いので、選べるのであれば多メーカーのADAS装備を選びたいというのが正直なところです。なのでADAS装備が付いていると言えどマイナス評価にはなりませんがプラスにも感じません。

内装は好きではありませんでした。あのシートにプリントされた笹の葉みたいな模様な一体何を考えているのでしょうか。まったく意味不明です。ダークカラーシートならばマシかと思いましたが、カタログを取り寄せて確認してみるとダークカラーシートでもはっきりと分かる笹模様でした。あれを見てると子供のころ笹船を作って用水路に浮かべてあそんだり、自転車で田んぼに落ちて頭から泥だらけになったりしたのを思い出します。竹の枝の先頭にある丸まった葉っぱを抜き取り、一回開いてから元に戻してストローのようにして茎側から息を吹くと笛になるんすよねー。そういうノスタルジックな雰囲気を醸し出したいのでしょうか。んなわけない。バカバカしい。アホか。何が笹船か。

以上のような文句たらたらのところでなぜJadeに期待していたかと言えば、それはもちろん冒頭に述べたようにコストパフォーマンスです。なんせ、100万円台中盤からの値段設定があるFitに積まれているパワートレーンとほぼ同じなんですよ。で、その後Graceが発表され、Graceは下位グレードが200万を切り、上位グレードが200万ちょいだったのですよ。そいで、Streamの後継であるJadeならば250万くらいかな?と思うじゃないですか。CX-5より安いかな?と思うじゃないですか。蓋開けてみたら300万弱ですよ。だから私は悔しいんですよ。

そいで、以下のような記事を読んでまた怒ってるんですよ。

ホンダ、6人乗りの新型ハイブリッド車「ジェイド」を発表!

この記事中にね、「パワートレインの開発を担当された方」なる人の話が乗っているんですけどね、

ヴェゼルより車両重量が240kgほど重くなっていますが(1,510kg)、と質問してみると、「確かに、全開加速を比べれば遅いことは間違いないのですが、実際にそういう走りをされるお客様はわずかですし(笑)、それよりもアクセルを徐々に開けていったときにパワー不足を感じないようにソフトウェアで調節しています」とのことだった。「そもそもヴェゼルのとき、目標値よりもパワーが出たので、ジェイドも十分走ると思いますよ」

とか言ってるんですよ。それで私、またブチ切れですよ。「実際にそういう走りをされるお客様はわずかですし(笑)」、舐めてるのでしょうか。旧オデッセイユーザーをもターゲットにしているらしいですが、そういう人たちがこんな発想で作られた車に乗ると思うでしょうか?初代~3代目くらいのオデッセイは本当に良い車だったと思います。私はすごく好きな車でした。高級感のある内装に余裕のあるパワー、トヨタにはないしっかりとした足回り、この3点セットが織りなすハーモニーがマジ半端ねー、超グレイスフルデイズ、毎日エブリディみたいな感じでした。足、高級感、余裕のあるパワーの3点のうちいずれか一つが欠けてもあの良さは失われてしまうと思います。

オデッセイでパワーが欲しいと言うのは飛ばしたいからパワーが欲しいというわけではないでしょう。それこそ、そんなドライバーはあなたの言うとおり少数でしょうよ。多くのユーザーは、ゆったりとしたパワーを使って低い回転数で走行したいから、そして、いざというときにはアクセルを踏み込んで不安のない加速が欲しいからパワーが欲しいのではないんでしょうか。それをば、真逆のセッティングをして、あまつさえパワーを欲しがるユーザーはバカだと言わんばかりの言い方は何なんでしょうか?「アクセルを徐々に開けていったときにパワー不足を感じないようにソフトウェアで調節」というのはつまり、変速タイミングを変化させてエンジンをより回すようなセッティングをしたということでしょう。燃調その他をいじってどうにかなる重さではないと思います。で、繰り返しますが、「実際にそういう走りをされるお客様はわずかですし(笑)」みたいな車に旧オデッセイユーザーが乗りたいと思うでしょうか?

また、

ただ、残念なのは、パドルシフトが見当たらなかったこと。せめてオプションとして用意して欲しかった。

と書いてある通り、これも全く理解できません。せっかくのDCTなのになぜパドルシフトが無いのでしょうか。(i-DCDのミッションはモーターとエンジンの軸が分かれており、制御が難しいからなのだと思いますが…)

最後に当記事では

単なるフィットのロングボディ版なら、もっと安く作れただろうに...とか、カッコと走りを妥協すれば、もっと室内が広くなったのでは...という思いも頭を過ぎるが、そういうクルマ作りは他のメーカーに任せればいい。

などと書いていますが、なんだかライターさんがギリギリのラインで思いを書いてくれているように思えます。いや、それは考えすぎでしょうか。

まあ、以上が私のJadeに対する感想でした。

ちなみに、嫁さんの印象もジェイドは悪かったです。「外観は気に入っていたが内装が安っぽい。この木(インパネ周りの木目調パネル)はなんなのか?これで高級感が出るとでも思っているのか?値段も高い。ありえない」という事で、今回検討していた車種(フォレスター、レヴォーグ、CX-5、アテンザ、JADE)のうち、最も低い評価でした。

あと、前にも話しましたが私の自宅近辺のお宅では何故かみなホンダ車を選んでいます。7台並んでいますが、うちのプリウスを除く6台がホンダ車です。もしうちでもホンダ車を買った暁には、自宅の前に停めた瞬間にテトリスの原理ですべてのホンダ車が消失する危険があり、それを避ける意味でもホンダ車はできれば選びたくないと思っていたところでした。

逆に、Jadeがすごく良く出来た車でコストパフォーマンスも安ければ「テトリスさえなければJadeでもよかったかも…」と未練が残っていましたので、個人的にはむしろJadeが検討対象から思い切り外れてくれてよかったかな、という気がします。