新マツコネナビを操作してきた

マツダコネクトの「ナビSDカードPlusを買うかどうかまだ迷っている」とディーラーで相談したところ、実際に試乗して確かめますか?と言われたのでお願いして操作してきた。写真は地図から場所がばれるので撮らなかった。

レスポンス

普通でした。特にレスポンスが早いわけでもなく遅いわけでもなく。使っていてイライラすることは無いです。地図がロードされるのが若干遅いかな?という気がしましたが、これもじっくり見るから気になるだけで、実用上気になることは無いと思われます。

ただちょっと気になったのはナビの縮尺の変更。縮尺を小さくして関東一帯を表示しようとすると、道路データや店舗マーク表示を頑張って読み込もうとしているのか少し動作が重くなりました。関東一帯が表示されるというような縮尺ではせいぜい高速道路や1ケタ国道のデータを間引いて表示する程度で良いのですが、どうも頑張って描画しようとしてしまうようですね。

操作感

マツダコネクトの売りであるダイアル操作は中々良いですね。ナビ画面でダイアルを回すと縮尺の変更となり、プッシュボタンでメニューが現れます。縮尺の変更は走行中でも可能でした。目的地選択をする際もダイアル操作は可能なのですが、ひらがな50音表からの入力をする際などはさすがにタッチパネルのほうが使いやすいです。

ナビ画面はピンチ操作、ドラッグ(フリック)に対応しています。この速度は「スマホのようなスムーズさは無い」という記事(以下)

【マツダ アテンザ / CX-5 改良新型】ナビアプリ刷新のマツダコネクト、より“日本的に”使いやすく

がありましたが、私はそれなりにスムーズに感じました。たしかに、最新のハイスペックなスマホに比べたらそれはスムーズで無いですが、一昔前のPNDに良く見られたレスポンスの悪さに比べたら格段に性能は向上してます。4年前くらいのスマホ、みたいな印象を受けました。また、これも上記記事にあった通りですが画面がやや遠くて若干操作しずらいです。拡大、縮小についてはダイアルで操作したほうが早いのでピンチ操作をすることは殆どないような気がします。

自車位置測位精度

GPSの測位状態が悪いところで走らなかったので良くわかりませんでした。空が見える状況だと特に違和感は無し。ナビ中の自車位置の更新レートは普通です。廉価機種のナビといった感じです。高級機種だとたまに自社位置がすごく滑らかに動くナビを見ますが、ああいう感じは無いですね。

助手席から走行中の自車位置の動きをじっと見ていたのですが、なんとなく車速パルスは読み取っていないような印象を受けます。信号で止まってから走り始めたときに一寸追従が遅れているような気がします。「車速パルスは読み取っていないのでは」という先入観もあるので間違っているかもしれませんが。

目的地検索

今使っている楽ナビLiteの目的地検索機能がクソすぎるので、ここは注意したいところです。楽ナビLite(MRZ-90)では、距離順の検索ができません。周辺施設検索だとできますが、これは本当に周囲10km未満くらいしか検索しないので都市部ならまだしも田舎に行くと全く役に立ちません。

距離順ソートってそんなに実現が難しい機能なんでしょうか?道のり順ならまだしも、直線距離でしょ。ちょっとソフト屋っぽく説明すると、2点間のユークリッド距離(定数時間で求まる)を基準にソート、ですから計算時間は通常のソートがO(N log N)、距離順ソートはO(N log N + N)で線形オーダーでしか違わないと思うのですが。アルゴリズムの実装が特に難しいという事も考えられません。

ちょっと話がそれました。で、マツコネナビはどうでしょうか。50音検索から「ブックオフ」と入力してみると、最初は北海道のブックオフなどがヒットしましたが、「距離順」のタブが上方にあり、それを選択すると距離順に並び変わりました。しかし、なんだかヒット数が少ないです。自車の近くにあるブックオフが表示されません。

おそらく、単純な前方一致などで探索しているのではないでしょうか。たとえば、店舗の名前に「スーパーなんちゃらブックオフ」とか「ハードオフ・ブックオフXXX店」などと前後に何か単語が付いたりすると検索できないとか。そこいらはあいまい検索してほしいと思うのですが…。

使用してみる

試乗コースの途中からディーラーまでナビを使用してみました。ちょっと分かりにくいというのが率直な感想です。交差点での右左折の音声案内タイミングなどには特に不満が無いですが、画面表示が分かりにくいです。交差点のレーン表示がとても小さく、画面を注視しないと見えません。というか、そもそもマツダコネクトの画面位置が運転席から見て左に寄りすぎていて若干見にくい気がします。それでさらにレーン表示も小さいのですから、見にくくて当然です。

また、配色も見にくいと感じました。全体的に淡い彩度です。交差点や走行経路の色をもっと強調してほしいです。

全般的な感想

評判のひどい前のマツコネナビを使用したことが無いので何とも言えないのですが、ネット上の評判を見ている限りはずいぶんと良くなった印象を受けます。ただ、優れているという訳でもないです。例えるならば、あまり機能を期待しないで買った安めのPNDで「思ったよりもちゃんとナビするじゃん!でも細かいところはちょっと不満で、そこは妥協かな」という感想を持つのと似ています。

ナビ機能にこだわりが無く、とりあえずナビが使えれば良いという人には良いと思います。しかし、ナビ機能にこだわりがあり、他社製のナビを色々比較検討して良し悪しを判断するような人はたぶん満足できないと思います。私は後者のタイプなのではっきり言えば不満です。

マツダが言うように、「バージョンアップで何とかする」という事も可能ではあるでしょう。これから良いナビになる可能性はあります。しかし、ならない可能性もあります。私の拙い経験上での話になりますが、短期間でくみ上げたソフトというのは表面上大きな問題が無かったり、正しく動いているように見えてもその後の機能拡張や修正には弱いことが多いです。そして、そういうソフトは勿体ないですがすっぱりと捨ててしまって1から作り直した方が結果的に低コストで良いものが出来ます。これ(1から作るべきという考え)は半ばソフト業界での常識と言っても良いと思います。

このナビの開発にはそれほど時間をかけていないと思われますので、ソフトの改造には弱いソフトになっている可能性は大きいと思います。そもそも、これはWebサービスやモバイルアプリと違ってマニュアルという絶対的な「仕様書」がある組み込みソフトですから、大幅な機能改善も難しいのではないでしょうか。

以上のようなことを考えると、私は今のところはネタとしても要らないと思いました。そもそも、ナビ機能の追加はSDカードを購入するだけで可能なので、ユーザーは十分に様子見することができます。

個人的にはAndroidのGoogleマップのナビが気に入っているので、もう車載ナビもクラウド化してGoogleマップのナビに車速パルス読み取り機能だけつけたらそれでいいやと思ってるくらいです。そういうナビ、どこかで出してくれないですかね。Android Autoが普及すればそういうのも出てくるんでしょうか。