アテンザワゴン XD PROACTIVEに試乗した

タイトルの通り。写真は無いです。

まず外観を見ての第一印象は、「長い」の一言に尽きます。すごく長いです。私の乗っているプリウス比で36cm程度長いのですが、実際に見てみると相当な長さを感じます。運転してみてもやはりこの長さは感じました。狭いコインパーキングなんかは使いたくないなあと思えてきます。全長/全幅を見ればアルファードあたりと大差ないサイズなので、そのあたりをイメージしてもらえると良いかと思います。

アルファードに比べればずっとアテンザは小さく見えますが、車の大きさというのは全高が最も影響してくるように思えます。CX-5なども見ると相当な大きさを感じますが、全長と全幅だけを見るとそこまで大きいわけではなく、むしろ全長はノアあたりの5ナンバーミニバンの方が長いです。ノアとCX-5は最小回転半径も等しいので、CX-5の方が運転はしやすいでしょう。運転のしやすさ、小回りの利きやすさということを考えるとき、どうしても最小回転半径や全幅、または見た目の大きさから判断してしまいがちですが、真に重要なパラメータは全長と最小回転半径であると思います。

内装はCX-5とほとんど同じですね。唯一、目を引く違いはHUD(ヘッドアップディスプレイ)の有無です。これ、展示会では見たのですが実車では初めて見ることができました。これは中々よかったです。速度を見るときの視線移動が圧倒的に少なくなります。ピントも非常に合いやすいですね。プリウスの速度計もHUDではないですが反射板を使って多少前方で焦点が合うように調整されていますが、それよりも圧倒的に見やすいです。また、HUDには速度の他に前を走行する車をセンサがキャッチしているかどうか、ナビの方向指示なども表示されます。

ただ、必要かどうかと言われれば私は要らないと思います。こういうギミックは好きなので、あったら嬉しいですが絶対必要とまでは感じませんでした。

今回試乗したのはディーゼルモデルです。私の実家では長らくジェミニ(ディーゼルターボ車)を乗っていましたが、それを営業さんに言うと「そのころのディーゼルとは全然違いますよ。すごく良いですよ」と。まあ、私はジェミニのディーゼルターボもすごく好きだったのですが、それよりもさらに良くなっているという事であれば期待が膨らむ。

アクセルを踏んでみてまず感じたのは「あれ?」という違和感でした。もっと鋭い加速感が味わえるのかと思ったのですが、先ほど試乗したCX-5 20Sと大差ありません。もっと踏み込んでみると、踏み込んだだけ背中を後ろから押されているような力強い加速感を感じました。もっと刺激的な加速をするようなセッティングをしているかと思いきや、そんなことは無いです。踏めば踏んだだけ加速が得られる、もしくはドライバーの意図したとおりの加速を発揮してくれるという表現が近いでしょうか。静かに走りたいときは静かな加速、アクティブに走りたければ強烈な加速感という感じでアクセルワークはしやすいです。このようなセッティングは予想外であり、かつ非常に好印象でした。

ディーゼルの音はネットで数々のレビューにある通り、走り始めだけが少し気になりますが走り出してしまえばディーゼルであることを意識させるような場面は無いです。街中で走っているのを見ると、結構気になる音がするんですけどね。車内は静かです。ただ、さすがに20Sに比べると少々うるさいように思えました。ただ、これは市街地を走っているからであり、たとえば長い坂道を上っている時などは20Sはエンジンが回るでしょうから逆にディーゼルよりもうるさい、なんてことはあるかもしれません。

ぜひとも高回転の伸びも確かめてみたかったのですが、市街地なので残念ながら体験できませんでした。

CX-5に続けて同じ試乗コースを走らせた感じだと、アクセルの踏み方が異なる他はCX-5 20Sと大差ないような印象でした。大差ないので正直書くことがありません。もうすこし走り込めば違いが分かるのでしょうけれど。

というか、逆にSUVとワゴンという性格の異なる車なのに両者がほとんど同じように運転できるということが凄いと思います。視点の高さも室内高もだいぶ違います。CX-5で視界が広いのは当たり前ですが、視点がCX-5よりも低いアテンザでも同じように視界が広い間隔があり、また車内の窮屈さも感じないというのは不思議でした。フォレスターに乗った後レヴォーグに乗ると相当な窮屈さと視界の悪さ(フォレスターと比較して、です。レヴォーグの視界がワゴンの中でも悪いという訳ではないです)を感じたのですが…。まあ、レヴォーグとアテンザでもサイズは違いますが。

運転していて車体の大きさは非常に掴みやすいと思いましたが、しかしだからと言って全長が縮まるわけではないです。やっぱりこのサイズでは私には大きすぎると感じました。営業さんも「やはりサイズがネックで、数が出るのはCX-5とかアクセラとかですねー」と言っていました。ただ、サイズが大きすぎるというデメリットはあるにしろそれ以上に魅力的な車であると思います。独身で金が余っていたらアテンザワゴンを買っていたでしょうね。

そしてもう一つ思ったのが、やはり20Sで十分であること。20SからXDの間には40万円弱もの差がありますが、それだけ支払ってまでディーゼルが欲しいとは思えませんでした。私の計算が正しければ日常的な用途で20Sの加速力に不足があるシーンは無いでしょう。40万円分、買った後に車をいじるのに使ったり旅行に行ったりということをしようかなと思います。私の場合はスタッドレスも必須なので、必然的にタイヤ&ホイールをもう1セット買うことになります。純正17インチホイールはあまり格好良くは見えないので、気に入ったホイールを買って純正ホイールにスタッドレスを履かせるかな…。あとはせっかく室内高が高いのでフリップダウンモニターをDIYで取り付けても面白いかも知らん。などという感じで色々想像を膨らませています。