レヴォーグ熱が冷めた

先日レヴォーグについて好意的な記事を書きましたが、いきなりその熱がさめました。

最も大きな原因は値段ですね。

冷静に考えたらレヴォーグは中々高いです。1.6 GTグレードで見積もりをしてもらいましたが、ナビ・ETC・バックカメラ込、メンテナンスパック込、値引き込み(しつこく値引いていない)で323万円だったと思います。ナビ・カメラを自分で取り付けたとしても7~8万の削減しかできないような気がしますし、ここからしつこく値引いたとしても300万は切らないような気が。

そもそも車に300万以上かける金が無いというのもありますが、それよりもレヴォーグに300万の価値があるような気がしません(失礼ながら)。一応フォローしておくと、ある商品に幾らまでお金を支払ってよいかというのは個々人によりけりです。

まず冷静に考えて4WDは要りません。雪道は年1回は少なくとも必ず走りますが、その時の安全性向上のために、重い・車体価格が高い・燃費が悪いの3重デメリットを受け入れる気にはなれません。私は長らく雪国でFF車を乗っていましたし今さら4WDが欲しいとも思いません。

また、ダウンサイジングターボがそれほど好きなわけではありません。良いとは思いますが積極的に買う理由までにはなりません。目玉はEyeSight ver.3ですが、これも冷静に考えて自動操舵まで使うかな?という気がします。高速で長距離(600kmくらい)を走ることはたまにありますが、ハンドル操作を変わってほしいと思ったことは無いですね。全車速追従オートクルーズは特に渋滞時には良いとおもいますが、それよりも渋滞に巻き込まれないよう渋滞情報を下調べしていくことの方が重要な気が。

荷室容量は現在乗っているプリウスよりも断然広いですが、座席はプリウスと大差ないです。そもそも家族が増えてデカい車が欲しいというのが新車購入の動機ですが、そこを忘れてしまっては本末転倒です。

「運転していて楽しい!」と感じたのは確かですが、しかしこれも良く考えてみると普段プリウスに乗っているのだから何に乗っても良いと感じる気が…。たとえば久しぶりに実家の初代Fit最廉価グレードに乗ってみても「中々良いじゃん!良く曲がるし軽快!」と思ってしまいます。

内装も正直なところ満足いくものではないです。まあこれは乗っていた時も感じていましたが…。これも300万オーバーの車なんだからもう少しこだわっても良いのでは、と思えてしまいます。しかも試乗したのはより内装のグレードが良くなっているはずのGT-Sですから。購入を検討しているGTではさらに質感は低いのでしょう。

以上のようなことを踏まえると私にとってのレヴォーグの価値というのは300万オーバーほどには無いように思えてきました。これがたとえばコミコミ270万くらいだったらすぐにハンコを押しますが、300万オーバーとなるとちょっと…。アテンザの20S PROACTIVEがほぼ同価格であることを考えたら、私としては圧倒的にアテンザに価値を感じます。

なんかこの気持ちは家を建てるときにへーベルハウスの展示場に行ってからすごくテンションが上がったのち、「常識的に考えて高すぎね?断熱性能悪いし」と冷静になったときと酷似しています。

んー。難しい。