やっとわかったCX-5とアテンザのマツコネ

すごく興味深い情報が多数載っている記事がありました。

【マツダ アテンザ / CX-5 改良新型】ナビアプリ刷新のマツダコネクト、より“日本的に”使いやすく

これで私が知りたかった情報の殆どがわかりました。

  • マツダコネクトのOSはずっとlinuxであった
  • 今回のCX-5・アテンザのマイナーチェンジで搭載する国産ナビのメーカーはMicwareである
  • このナビもlinuxで動作している
  • ジャイロは非対応であるがCANから勾配角を求めている(?)
  • 今回の変更にあたって追加のSoCなどは装備していない
  • パネルは静電容量式である
  • VICSはFM多重だがオプションで光ビーコンも対応可能
  • 車速パルスを読んでいるかどうかは後日回答

ちょっと個人的には残念

私はCX-5の購入を検討していますが、この情報を見る限りはナビSDカードは要らないかな、と思いました。以下、私の感想として読んでください。

まず不勉強ながら私はMicwareという会社を聞いたことがありませんでした。調べてみると、スマートフォン向けのナビゲーションアプリを作っている他、カーナビ用の制御ソフトを作っているとあります。

どのようなメーカーに採用されているのか調べてみたのですが情報がありませんでした。私はカーナビに関しては楽ナビLiteで相当な痛い目を見ているので、信頼できるナビを選びたいと考えています。最初、マイナーチェンジ後のナビは富士通テン製という情報がありました。それならばまあ使ったことは無いけど多少操作してみて良さそうならナビ用SDカードを買ってもいいかも知らん、と思っていたのですが、聞いたことのないメーカーだと正直躊躇します。

いや、良いメーカーなのかもしれませんよ。すごくいい出来のナビかもしれませんよ。ただナビの良し悪しは多少使い込んでみないとわからないですし、そこで冒険したくありません。

ナビ用SDカードは車の識別情報を利用するらしく、一度使用したあとは他の車では使用できないらしいです。ということは試しにそれなりの期間試用することもできないし、使ってみて気に入らなかったからと言って売却することもできないということです。で、そのSDカードが例えば数千円という値段なら諦めますが48600円もするのです。だったら見た目が悪いのを承知でオンダッシュのPNDナビを買おうかなと思ってしまいます。元々ナビはGorillaがいいなーと思ってたくらいですから。

センサ情報の読み取りに関しても良く分からない表現があります。ジャイロは無いけどCANから勾配を読み取っているという文章は意味が良くわかりません。正確には

システムそのものは従来を変わっていないので3Dジャイロも独自には搭載していない。しかし、車両側から勾配角を反映できるCAN情報を入力することで高低差の認識も可能にした

というふうに記載されています。ジャイロはまあ勾配を検知するためデバイスといえばそうだと思いますが、CANの情報から果たして角速度や方位を検知することなどできるのでしょうか。ジャイロの代わりになるのでしょうか。OBD-II PIDリストを見てみましたがそれっぽい情報は書いていません。メーカーが独自に実装しているのか私が知らないだけで存在するのか、それとも他の値から計算可能なのか…。

あとは、トヨタマップスターが提供した地図情報から情報を落とすことなく全て入れ込んだ、と強調しているのもあまりピンと来ないのですが、以前のNNG製ナビでは地方の市街地図データが割愛されているのでは、という指摘も有りましたので(NNGは否定している)そのあたりに配慮した発言なのでしょうか。

パネルは静電容量式であるというのは素直に良いと思いましたが、よくよく記事を読むと

ロータリーコマンダーを使うことを前提にモニターが配置されているため、画面はやや遠い。動きもスマホのようなスムーズさはなく、左手でこれが十分に機能させられるかは少々疑問が残る。

とも書いています。そうなんですよね。左手で操作するというところも悩ましいところですね。最近は静電容量式のタッチパッドに指で文字を書いて入力するような方式(たとえばBMW i3)が採用されるのをよく見ますが、右ハンドル仕様だと必然的に左指で操作しなければならないため、操作はかなり難しそうです。日本が右側走行だったら問題ないのですが。余談ですが左側通行なのはイギリス式を導入したのが由来です。だからインドや香港も左側通行です。

話をナビに戻しまして、ピンチ操作などの動きがスムーズでないというのもちょっと不満が残るところです。おそらく処理性能の限界なのでしょう。今のマツダコネクトはわかりませんが、アクセラに搭載されたマツダコネクトは最近のスマホに比べれば低スペックなCPU(Coretex-A9)を積んでいるみたいですの。MicwareはAndroid向けナビも作っていますし、さらに製作期間も考えれば流用してそうな気がするので、もしかしたらJVM(java virtual machine)の上で動くのかもしれません。JVMが悪いとは言いませんが、ネイティブコードよりは遅いでしょう。

これは余談ですが、私はJVMがあんまり好きではなかったのですがScala言語を使ってからJVMに対するイメージが変わりました。Javaは良くも悪くも古い言語で新しい言語仕様にはあまり積極的に対応していません。Java周りのライブラリ・フレームワークも厚くて鈍重なものが多いです。この辺りが私がJava嫌いな理由です。が、Scalaはかなり頭が良く、正しい書き方(immutableなオブジェクトで高階関数を使う)をしていればマルチコアを使いきってくれます。マルチコアを念頭において設計されていないネイティブアプリよりもScalaで作ったアプリの方が今のハードウェアではパフォーマンスが出るのではないでしょうか。

話をまたナビに戻しまして。以上のようなことを考えるとこのナビに5万円を出す気持ちにはちょっとならない、だったらオンダッシュPNDを買うというのが個人的な感想です。オンダッシュは正直邪魔なのですが…。良いHMIを実現するためにマツダコネクトを開発したのに本末転倒です。まあ情報ディスプレイと割り切ればそう悪くも無いかな。CX-5の場合はリア/サイドカメラも映るし。