ケツを描く「表現の自由」は必要か

先に「テロについて」という記事を書きました。そこで「言論の自由とか言ってるけど正直あんまり興味なくて、テロ行為とか殺人とかいうそのものについて腹立つ」ということを書きました。
でもちゃんと調べてみたらシャルリ・エブド誌の漫画を見たら、これはちょっとひどすぎると思ったので改めて書きます。

調べたら大変秀逸な記事がありましたので紹介したいと思います。

相手を攻撃する「表現の自由」への対処法--仏テロ事件に思う

上記記事にシャルリ・エブド誌の漫画が載っていますが、これははっきりと下品です。画像を引用したくないほど下品でくだらないので引用しませんが、簡単に説明するとそのうちの一つは「ムハンマドのスター誕生」とムハンマド(たぶん)がケツを差し出している漫画になっています。肛門には星印が付き、ポルノスターっぽい雰囲気の絵になっています。

この風刺画を書いた人は何を言いたかったのでしょうか?風刺というのは何か政治的・社会的な意図を持ってして対象を笑い飛ばすためのもので、更にその内容な巧妙で考えさせられるものになっていると思うのですが、そういうものが何も感じません。ただ茶化したかった。馬鹿にしたかった。それ以上のことも伝わってきません。単にギャグとして捉えても低レベル過ぎて全然笑えません。こんなもんを発端として「表現の自由」が議論され各国の偉い人がデモの先陣を切ってるんでしょうか。ケツを差し出す絵を描く自由を得るために?なんとも言えない気持ちになります。

自分の信ずるものをこのように扱われたら、そら、誰だって怒ります。私は特定の信仰が無いので、代わりに親しい友人や親族、尊敬してる諸先生方がこのように公衆で広くバカにされた場面を想像すると、それはもうすんごく怒るでしょう。ブチ切れます。相手を殺そうとはさすがに思いませんが、場合と程度によっては前科一犯を覚悟で歯の10本くらいは折ったほうが良いくらいには思うかもしれません。

表現の自由、それは数多の犠牲の歴史の上に形成された尊いものではありますが、その尊く高貴なものを使ってこんなしょうもないことをしてよいのでしょうか?なんかもうバカバカしくなります。バカバカしいことじゃないはずなのにバカバカしくなります。

元の記事中を参照すると、日本新聞協会の記者心得には

「言論人としての誇りと自覚を持ち」「批判は相手の面前で行える範囲にとどめること」

と書いている、とあります。これは非常に良い言葉ではないでしょうか。相手に直接言えないようなことを書いているのであれば、それはもう適切な批判の範囲を超えて論理性のない感情的な攻撃になっている可能性があるということなのでしょう。

私も当ブログで批判的な記事を書くことが多々ありますが、これでも気を使っています。言及対象を最小限にして、推測は推測であると明記し、人格攻撃(対象が個人であっても団体であっても)と取られないような表現をしているつもりです。(そうは思えないということがあったら申し訳ないですが)

でもネット上(Twitter, SNS, 2ch)ではどう考えても「相手の面前で行える範囲」でないような表現をする人が多々います。当ブログのコメント欄を排除したのもそういう理由からでした。匿名だから何を言っても良い、表現の自由が保障されているのだから何を言っても良い訳ではありません。相手に対する最低限の敬意は持って然るべきではないでしょうか。

良く勘違いしているひとが居ますが、ネット上はパブリックな場です。匿名であるか否か、個人の特定が可能か難しいかはパブリックであるかプライベートであるかとは無関係です。たとえ登録制のSNS上だったとしても、公開範囲が「友人のみの公開」であったとしても、それは単に母数の違いであってパブリックな場であることには変わらない筈です。

以上のようなことを踏まえ、我々は日常生活においても表現の自由について今一度自らの行動を省みる必要があるのではないでしょうか。と、思った。

余談ですが、実行犯は「風刺画を描いた報復」と明言しているわけではないので上記の考えはすべて間違っているかもしれません。まあ、どのメディアでもそれが原因という前提の上で記事を書いていますし、それ以外の理由は証拠がない以上陰謀論と同じレベルの推測なのかもしれませんが…。でも、イスラム過激派を隠れ蓑にした犯罪、テロ行為が出てきたらどうするんでしょ。私が知らないだけでCIAとかがちゃんと把握してんのかな。