ホイールサイズと車高について

最近の車は無駄にタイヤハウスが広い。あそこまで大きいデザインにすることに意味はあるのだろうか。

私が思うに、インチアップすることによって格好良く見えるというのは、車を側面から見た時に、タイヤがおさまるタイヤハウス部分のうち、ホイールが占める面積が大きいほどみっちり詰まっている感じが出るからだと思う。であるから、例えば車高を落とすとタイヤハウス部分の面積そのものが小さくなるので、インチアップした時と同様の印象をもたらす。と、いう私の推測である。

以下の図を見ていただきたい。フジ・コーポレーションで提供しているホイールフィッティングルームという機能である。

これはデフォルトの車高に15インチホイールを装着したときのイメージである。町中で走っている純正15インチホイールのプリウスと大体イメージが一致する。

17インチにインチアップするとみっちり詰まっている感が出る。これによって格好よく見える気がする。これを、15インチに戻して車高を落とすとどうなるだろうか。

どうだろう。同じような詰まってる感、みっちり感が出るような気がしないだろうか。

車に興味のない人から見れば「全然わかんねーよ」、車に興味のある人から見れば「当たり前だろ」って言われそうな気がしないでもないが、まあ、そういうふうに思っている。で、以上を踏まえて。

実用性の観点から言えばむやみに車高を落とすことにも、むやみにインチアップすることにも合理性は無い。で、あるから私は冒頭に書いたように「タイヤハウスを広くする意味はあるのか」というふうに思う。タイヤハウスが狭ければ小さい径のホイールでもそれなりに見える気がする。シルビア、180SXに17インチホイールを履けばそれなりに見えていたような記憶がある。まあ、そもそも車格が一回り違うのでそこまでタイヤハウスを小さくしろとは言わないが…。

現在、私のプリウスには18インチホイールを装着しているが、18インチホイールを装着してもまだプリウスだと小さく見える。しかも、ディスクブレーキのローターがそもそも小さいため、よくよく見ると軽自動車に馬鹿でかいホイールを頑張って履かせているのと同じような印象を受け、ちょっと見栄えが悪い。さらに、当たり前だが18インチなので相当に乗り心地が悪い。

冬になると15インチのスタッドレスに戻すので、ハンドルが軽く、乗り心地も良くなるため、この度にもっと小さいホイールを買えばよかったと後悔する。

なので、そのうち車高調サスを導入すると同時に16インチくらいのホイールに変更しようと思っている。が、嫁さんがそれを聞いて「格好わるいから嫌だ」と言う。ホイールをインチアップしたいと嫁に相談する男は数いると思うが、逆はそう居ない気がする。

で、私は上記の論を展開、インチダウンの代わりに若干車高を下げればいい感じに見えるよ、と説得している。乗り心地改善のために16インチにするのに同時に車高下げたら意味ないのでは…という気はするが。

乗り心地重視の車高調整サスってないですかね。結局、乗り心地なんてのは主観評価なので実際に乗ってみないとわかんないんだよね。