起業の妄想~レンタルオフィスが魅力的

最近、テレビでレンタルオフィスが紹介されているのを見てそういう商売があるということそのものを知った。

レンタルオフィスは住所や会議スペース、ネットワーク回線、秘書などのリソースを貸してくれる会社。独立したらオフィスを借りて電話を引いて会社の看板を張って…というようなイメージが一般的かもしれないが、いきなり不動産屋に行ってオフィスを借りるのはちょっと敷居が高い。レンタルオフィスであったら月の利用料さえ払えばそれで会社の体をなす。これはなかなか素晴らしい。

起業して法人化しようと思った時、自宅の住所を書くのは気が引けるだろう。レンタルオフィスならば法人登記するときに書く住所を作るために実際にオフィスを借りる必要が無い。手紙を転送してくれたり電話番を任せたりといったサービスもある。中にはフリードリンク付きフリーエリア利用可能、ネットワーク回線利用可能で月1万円などというサービスもある。Web系の仕事であればPC一台で済んでしまうので、単に仕事場所の確保としても魅力的だ。近所にあれば今からでもぜひ利用したいくらいである。

朝早くに起きてノートPC一台を持ち、クロスバイクでレンタルオフィスに出勤。フリードリンク飲みながらプログラミングに集中。うん。いい。

良いのだけど、結局突き詰めていくと、どうせ人気なところは入れないとか、フリーエリアが人でごった返しているとか、イメージよりもずっと古くて汚いフロアだとか色々あるんだろうな。

最近切に思う。私のような人間に会社勤めは不可能だ。定年まではとても耐えられない。あと5年もしたら頭は完全に白髪になっていると思う。そうならないためにも、早めに独立して生活していける基盤を作りたい。会社はそれまで安定して給料をくれる所と割り切る。