Honda Graceを検討してみる

Honda Graceが発表されました。

image from honda

この車はホンダのCityをベースにした車です。およそ30歳以上の人にホンダのシティというと

image from honda

この車を思い浮かべる人が多いでしょうが、違います。新興国などに販売している車で、Cityというのがあります。

image from honda india

これです。見比べてみると、「ベースにした」というよりはほとんどそのままですね。1年くらい前にインドに2か月ほど行っていましたが、インドではけっこうCityを見ました。

130909-165514_R

圧倒的に多いのはスズキのswiftなのですが、cityも結構みます。それほど大きくないサイズ、あまり派手でないが古臭くないボディで、これは日本でも売れるんじゃないかと思っていていたのですが、今回シティをベースにした車ができたというのはやはりというかなんというか、少しうれしいものがありますね。

スペック

エンジンは1.5Lミラーサイクルで110psの出力。モーターは22kW、29.5psの出力。システム全体では137psの出力だそうです。車重は1200kgと、なかなか軽いです。プリウスとほぼ同程度の出力で重量が200kg軽くなった(プリウスは1400kg)と考えれば、パワーの面で特に不満は無いでしょう。

全グレードでハイブリッドのみの設定で、7速DCTと組み合わせたi-DCDが搭載されます。

サイズは全長4,440[mm]、全幅1,695[mm]、最小回転半径は5.1~5.3[m]。プリウスよりも一回り小さい感じですね。どこを走ってもデカくて困るという場面は無いでしょう。

ブレーキは前輪がディスク、後輪がドラム(リーディング・トレーリング)です。サスはフロントがストラット、リアがトーションビーム(車軸式)です。ボディサイズも小さいので、まあこんなもんでしょうか。

装備

外車でよくあるワンタッチ3回点滅ウィンカーが装備されています。無くても良い気がしますが、あったらうれしいですね。エアコンの温度・風量設定はタッチ式ですね。私はあれ、嫌いです。車なら手触りでスイッチを判別できるようにすべきだと思うのですが、どうでしょうか。横滑り防止/トラクションコントロールは全車装備。これは最近の車種ならば当たり前でしょうか。ヒルスタートアシストも搭載。

衝突回避・軽減ブレーキ(30km/h以下)+サイドカーテンエアバッグ、LEDヘッドライト、クルーズコントロールはオプション設定になっています。DCTらしくパドルスイッチも設定できます。

ちょっと珍しいと思ったのが、遮音機能付きガラスというのがオプションで設定できますね。もともとセダンは静粛性の面では有利ですが。

価格

一番安いDX FFグレードで195万、最上位のFFグレードで221万です。

衝突回避軽減ブレーキが付くのが最上位グレードなので、先進装備好きの私だったら、最上位グレードを買うと思います。

まとめ

個人的には中々良い車のように思えます。ただ、なんというかいまいち内外装が安っぽく、所有欲に訴えてくるものが弱い気がします。価格が価格なのでこんなものなのかもしれませんが。フィットのセダン、みたいな感じに思えてしまいます。

せっかくセダンボディにするのですから、フィットあたりと差別化してもうちょっとお金をかけて高級志向にしても良かったのではないでしょうか。小さめのセダンで高級路線を行く車種は無いので、そういう選択肢を用意してあげても良いような気がします。ただ、今やるとデミオの後追いと言われそうなんで今の時期にやるのは良くないかな…。

ちなみに、インドの写真をよく見ていただくと分かりますが、Cityにはパーキングセンサーが付いています。あのサイズで要るのか?ましてやしょっちゅう交通事故が発生し、また、発生しても「気をつけやがれ!」程度でまた走り去ってしまうようなインドで必要なのか?というのはとても疑問ですが、まあちょっと良い車には見えますよね。

追記 2014/12/06

今日、偶然展示車を見る機会がありましたので、さらっと見てきました。

思っていたよりも内装に安っぽさがなく、なかなか良いように思えました。少なくとも現行プリウスよりは高級そうに見えます。ただ、やっぱりあのタッチパネルは個人的にはどうも好きになれません。思っていたよりもずっとつるつるした面が広く、操作していたらスマホ画面のようにすぐに皮脂で汚くなってしまうと思います。また内装ともマッチせず、そこだけ浮いたデザインになっています。

トランクはそれなりに広いです。日常の用途であれば十分な広さです。

現行のプリウスに比べれば十分対抗できる車だと思いました。乗ってみないとはっきりとはいえませんが、Graceの車重がかなり軽く、さらにDCT搭載であるところから考えると、走っていて楽しいのはGraceであるような気がします。個人的には現行プリウスとGrace、どちらか選べと言われたらたぶんGraceを選びますね。しかしながら、Graceのほうが後発ですからそのような車に仕上がっていて当然であるとも言えるかもしれません。

また、プリウスはモデルチェンジを控えています。トヨタのハイブリッド、しかもプリウスですからそのネームバリューは絶大です。余程のことが無い限りGraceに勝ち目は無いでしょう。が、CVTが好きじゃない人、トヨタのサスが嫌いな人、軽い車が好きな人はたぶんGraceを選ぶのではないでしょうか。もっとも、そのような車を好むようなひとでかつハイブリッドに乗りたいという人がどれだけ居るか?といえば疑問なところでは有りますが。