次期車選定について~プレマシーが出てこない

雑談です。タイトルのようなことを悩み続けている。

プリウスについて

今乗っているプリウスは良くできた車だと思う。が、車に趣味性を見出すような人が乗って楽しいかといわれれば必ずしも当てはまらない。私のプリウスに対する不満はいくつかあるが、主要なものを挙げるとまず視界。ピラーが太い&邪魔な位置にあるので交差点での右左折時に歩行者が見えないことがある。

次に足回り。サスが柔らかすぎる。ガッチガチの足回りが正義とは言わないが、それでもプリウスのサスは柔らかすぎると思う。バネもやわらかければ減衰力も弱いのか、振動の収まりが悪い気がする。このセッティングは個人的にあまりメリットが感じられない。

次にレスポンス。燃費重視の意図的なセッティングだとは思うが、アクセルを開けてからの加速度を得るまでのレスポンスが悪い。パワーモードにしていればずいぶんマシになるが、常にパワーモードにするのは気が引ける。燃費重視な運転を心がけていても、時としてとっさに加速が必要になるシーンというのは良くあることだろう。

次に積載性。今ですら不足することがあるので二人目の子供が出来たらもう少し大きな車でないと厳しい。

その次はスライドドアの車が欲しいと言う点だろうか。大人は良いが、子供が乗り降りするとき(させるとき)はやはりスライドドアが便利だ。

最後に先進装備。新しいテクノロジー好きの私としては、やはり全速度追従オートクルーズやエマージェンシーブレーキの類を見るとうらやましく思う。特に前者は渋滞時に大活躍することであろう。

と、いったところだろうか。足回りは交換すればどうとでもなるが、他はどうにもならない。これが買い替えを考える理由である。

買い替え候補その1:プレマシー

運転していて楽しく、かつ積載性に富み、スライドドアがある車種というのは少ない。現状、国産車ではプレマシー/ラフェスタが唯一の選択肢ではないかと思う。が、マツダは開発リソースが少ないからか、一向にMPV/プレマシー/ビアンテあたりのミニバン系車種を新しくしようとしない。CX-9ですら新しい情報がなかなか入らない中、マツダはリソースを「SKYACTIV開発に集中する」と言っているのでMPV/プレマシー/ビアンテあたりの車種がどうなるかは想像もつかない。

おさらいをすると、マツダの小飼社長は「2015年度までに5車種」と述べており、残るはCX-9と何か。「何か」はプレマシー(Mazda 5)もしくは新しいミニバン系車種と私は考えている。その一方で、「現在の7車種のラインナップでマツダの開発リソースは限界」と言ったようなことも発言している。マツダの主要車種はCX-3,5,9, Mazda 2(デミオ), 3(アクセラ), 5(プレマシー), 6(アテンザ), MX-5(ロードスター)と8車種あるような気がするのだが、仲間外れの1車種はなんだろうか。プレマシーだったら個人的には残念である。MX-5は利益を得るための車種ではなくてブランドイメージを継続・向上させていくという性格が強いので、MX-5を含めていないのかもしれない。このあたりは謎。

この流れで何が言いたいのかというと、もしプレマシーがフルモデルチェンジするとしても、限られた開発リソースで片手間に仕上げたような車をリリースされたらがっかりだという事である。もちろん、一応これでもマツダのファンなのでそんなことはしないだろうと願ってはいるが。

また、プレマシーはもう一度マイナーチェンジがあるかもしれない…という噂もある。先リンク元の記述を読むにはi-Activesenseの搭載なのではないかと思われる。ただ、これはあくまでも単なる噂である。

現行のプレマシーを買うという手も無いというわけではない。現行のプレマシーも試乗したが、十分に満足いくものだった。じゃあ買えよ、という話になりそうだが、私はどうもあのフロントデザインが好きになれない。先進装備が無いのもちょっと残念だ。

と、まあ、取り留めもない話になってしまうが、私の買い替えとプレマシーのモデルチェンジに関するあれこれはこのような状態のまま、何ら進展は無い。そのうちに他の車にも興味がうつってしまう。

買い替え候補その2:アテンザ

次に私が考えたことは、スライドドアを諦めるということであった。スライドドアを諦めればぐっと選択の幅は広がる。積載スペースが広く、運転が楽しく、先進装備が充実している車で、かつマツダと言えばアテンザワゴンになる。

ただアテンザを買い替えるのを渋る最も大きい理由は横幅にある。全幅1840mmは現在のプリウスから約10cmも大きい。現状でも駐車場での子供の乗り降りが大変な場合がよくあるのに、アテンザに乗ったらもっと大変になるのでは、というのが私の危惧である。私の生活圏で、プリウスのサイズですでに大きいと感じるシーンは多々ある。

ちなみに私の大嫌いな某自動車評論家が「車幅が広いと文句を言うユーザーは理解できない。身の丈に合った車に乗ればよいだけの話だ。大きい車を運転する自信が無ければ小さい車に乗ればよい」ということを言っていたが、あまりにも視野が狭いと思う。先に述べたように駐車場での乗り降りというのは運転技術に関わらずすべての人に関わるファクターであるし、そもそもあらゆるサイズのラインナップが各メーカーに存在するわけではない。

まあ目がキラキラしていて物書きとは思えないほど文章力の無いオッサンの話はさておき。

先進機能で言えばレーン逸脱警告&ハンドルトルク補正、衝突回避ブレーキ、レーンチェンジ警告などの一通りの物が揃っている。が、全車速追従オートクルーズは無い。これも個人的にはすこし引っ掛かる点だ。高速が混むシーズンに高速で移動することが多い私にとってはこれはあると非常に有りがたい機能なのである。アテンザの価格帯でも全車速追従オートクルーズが付いている車種というのはいくつかあるので、他の車種も検討したくなってくる。

ちなみに、CEATECでマツダの自動運転についての講演も聞いたが、マツダはあくまでも人間が運転するのが正で、機械は副。サポート。あくまでも走る喜びを最重視したいという観点があるようだ。しかし少なくとも渋滞に巻き込まれている時は走る喜びもクソもなくイライラするだけなので、それをサポートする機能は無条件であっていいと思う。オートクルーズは常に効いているのではなくて、ユーザーが明示的にONにしなければ働かない機能なのだから、走る喜びは失われない。

が、それをサポートすることでの価格上昇がどれだけ許されるか、マツダの設計思想とマッチするかという問題にはなってくるのだろう。そして今のところは設計思想とはアンマッチであると見なされているから実装されていない。そういう事だと思っている。

ならば、自分の考えとマッチする考え方のメーカーの車を探した方が良い。と思って他に目を向けた。

買い替え候補その3:スバル レヴォーグ

上記のような流れで考えれば、まず真っ先に思いつくのはレヴォーグであろう。全車速オートクルーズ。日本の道路事情を考慮したサイズ感。ワゴン。走行性能。価格。私が要求するほぼ全てを満たす。

しかし唯一にして一番大きな問題が、フロントが完全に私の好みでない。好みでないというか率直に言えば嫌いである。ガンダムもしくは顔のつぶれたアンパンマンに見える。

うちの嫁さんも嫌いだと言っているので、夫婦そろって嫌いということになる。夫婦そろって見た目が嫌いと言っている車を積極的に購入するには、その他の面で圧倒的なアドバンテージが欲しいところであるが、そういうものは無いように思える。

また、CVTというのも気になる。プリウスに乗っておいて何を今さらという感じだが、やはり運転して減速器に明確な段階があるのは面白い。究極的に言えばMTが一番面白いんだろうけど、もし買うことがあるとすれば子供が家を出てからだろうか。

もう一つ付け加えるなら、職場のスバル好きの先輩から教えてもらったのだが、スバルは部品共通化を強力に推し進めているらしく、なんと、サイドミラーがプレオからレガシィまですべて一緒なのだそうだ。これはちょっと聞きなくなかったが聞いてしまったからには仕方がない。別に軽自動車を見下しているわけではないが、それでも「プレオと同じミラーか…」とは誰しもが思ってしまう事だろう。

買い替え候補その4:Volvo V60

先進装備ならVolvoだ。スペック、機能、外観、どれも文句ない。が、サイズ感はやっぱりアテンザと同様に少し大きいし、何よりも価格が完全に予算範囲外。ちなみに予算は300万ちょいと見ている。それ以上金をかけるならカメラのレンズでも買った方がいいというのが持論。

もしV60を買うなら確実に中古車だと思う。そもそも、すべての選択肢において新車で買おうとは思っていない。中古で良いと思っている。プレマシーくらいの価格帯ならまあ、新車で買っても良いかなという気になるが…。どうせ新車で買ってもすぐ1万~2万kmとか走るんだし。走ったらガクッと価値が下がるんだし。

Volvoに関しては実車を間近で見たことすらほとんど無いので、とりあえず一度見に行ってみたいとは思う。

買い替え候補その5:CX-5

元来SUVは好きじゃなかったが、あまりにも各メーカーがSUVをプッシュし、そしてあまりにも街中でSUVを見ることになり、さらにSUVも昔のクロスカントリー風味が抜けてちょっと車高の高い車、みたいな風合いになってきたのでSUVでも良いかな、と思い始めている。

CX-5もマツダが力を入れている車種なので、きちんとした設計になっているのだろうと期待している。乗ったことは無いけど。が、CX-5もやっぱり全幅が大きいという問題は依然として存在するのであり、そこは引っ掛かる。

買い替え候補その6:プレマシー

そして最終的にここに戻ってくる。

ちょうどいいサイズ。まあまあ満足できるパワー。スライドドア。安い。先進装備が無いのとフロントデザインが嫌いなのを除けば不足は無い。そのどちらかも次のモデルチェンジでは改善されるだろう。じゃあ待つか…そう思ってしまう。

メシに例えるとこんな感じだ。

「昼飯どうする?」「すき家で良いでしょ」「えー牛丼か」「じゃあカツ丼?」「んーカツ丼か。カツ丼くらい金出すなら焼肉屋のランチとかも食いたい」「そこまで金出すならもうケチらずガツンと食いたいもの食いに行こうぜ」「でも全く志向を変えてラーメンというのも良いかも」「ラーメンかあ?俺やっぱり米食いたいな」「じゃあやっぱすき家で良いか」・・・・「わっ、今日に限ってすき家混んでるわ!」「まあ、すぐに空くでしょ。もうあちこち回るの面倒だよ」「それもそうだな」・・・・「中々順番こないね」←いまここ

果たして私はすき家を食うのか!?待ちきれずにかつ丼を食うのか!?こうご期待!!!(当選結果は発送を持って替えさせていただきます)