ケルヒャー窓用バキュームクリーナーのおすすめ

_DSC1911

一条施主さんと車好きの皆さん両方におすすめの商品ですよ。これ。素晴らしいですよ。

_DSC1911

これ、テレビでもよく見る商品なのでご存じの方も多いでしょう。ただ、「わざわざ窓の拭き上げに何千円もかけてもねえ~」と思うでしょう。違うんですよ。これ。いろいろ使えるんです。

それはある日の午後でした。

私は所用があり、娘と二人で大型ホームセンターを訪れていました。すると、店頭でケルヒャーの窓用バキュームクリーナーが展示されています。興味深そうに見つめる私にすかさず販売員のにいちゃんが。

「これご存じですか?ほら、こうやって、霧吹きでスプレーしてですね、ほら、ほら、ほら!もう乾いてるんですよ!」と、推してくる。おお。すごい。乾いてる。

「パパ!アイス!アイス!アイス!」と騒ぐ娘を見た兄ちゃん、「お子さんがいるとジュースとかよくこぼしますよね?フローリングに」と、フローリングのモデルに霧吹きを開始。「でもね、ほら、ほら!これで吸っちゃえば楽なんですよ!簡単に掃除できちゃうんです!!」おお!乾いてる。すごい。

「お父さん洗車しますか?洗車でも使えるんですよ!ほら、窓の拭き上げとか面倒ですよね?でも、ほら!すごいでしょ!ウェスで拭くのと全然違うでしょ!」おお、すげえ。「あと、これはメーカーが傷つくからダメって言ってるんで本当は内緒なんですけど、ボディもこれで拭きあげるとすごく綺麗になるんですよ。私、1年位ずっとこれで車を拭いてますけど傷なんか一個もついたことないですよ」と。楽だなあ。

「あと、この時期結露がすごいでしょう。結露した時なんかもこれで一発ですから。サッシにたまった水も一発で吸えますし。お風呂掃除なんかも、水垢を防止するためにはこれがすごくいいと思いますよ。まあ、面白がってお父さんやっちゃうと、今後もずっとやらされる羽目になっちゃいますけどね(笑)」な、なるほど~。

よし!買った!

まとめると、

  • 車の拭き上げ(ボディはメーカーが非推奨)
  • 風呂掃除の拭き上げ
  • 子供がこぼしたジュースの掃除
  • 結露した窓の掃除

ということに使えます。買った時は税込み7000円くらいだったと思います。

一条の家は結露しにくいと言われますが、やっぱり結露します。特に我が家は私が喘息持ちのため、冬場はかなり高湿度を保った状態にしておきます。このため、結露が結構ひどいです。そうでなくとも、一条ブロガーさんのブログを眺めていると結構結露を気にされている方が多いような気がするので、これ一つあると問題解決すると思います。毎日拭くのはだるいですけど、これだったら吸い取るだけですからね。

洗車好きの諸兄にもこれはお勧めです。ボディを拭くのって結構たいへんですよね。私は一番でかい吸水性ウェスを買って使っていますが、それでも拭くのは苦労します。天候にもよりますが、拭き上げはスピード勝負です。だらだらやっているとすぐ水垢になって固着しちゃいますからね。東京の水道水は特に硬度が高いため、かなり気を使います。でもこれを使えば一瞬で水を吸い取ることができますからね。傷がつくかもしれないというのもあるでしょうが、個人的にはウェスで拭くのと傷がつくリスクは大差ないか、むしろ細かい砂やゴミも吸い取ってくれるから低リスクなのでは?という気がします。

で、とりあえず洗車に使ってみました。

_DSC1906

まず高圧洗浄機で掃除。これもケルヒャーですね。特にケルヒャーが好きなわけでは無いですけど。偶然です。偶然。

_DSC1916

で、まあこんなふうに水滴がついてるでしょ。

_DSC1920

こんなかんじでサッ!と。

_DSC1921

ささっと。

_DSC1923

比較。バキュームクリーンしたところは完全に乾いています。ボディ全体に使いましたが、形状によってはバキュームクリーナーが当てられないところもありますから、ウェスが完全不要というところまでには行かないですね。

_DSC1924

最後はブリスXでコーティング。これでもうすぐ4年目の車ですから、まあ綺麗に乗ってる方ではないでしょうか。

私は洗車が好きで、それなりにいろんな洗車方法を試してきましたが、今のところは

  • ケルヒャーですすぎ
  • 適当なカーシャンプーで洗車
  • ケルヒャーですすぎ
  • ブリスX噴射&塗り伸ばし
  • バキュームクリーナーで水滴除去
  • ウェスで全体拭き上げ

この流れが作業効率と綺麗さのコストパフォーマンス的に中々良い気がします。バキュームクリーナーを使ったあとに結局ウェスで拭き上げるんだったら意味ないんじゃ…と思うかもしれないですが、湿ったウェスを手で絞る手間がずっと減りますから、それだけでも相当楽です。

家の方も、これで結露の問題が解決するので安心して多湿環境を維持できますね。