新型プレマシーは2016年3月までに登場?~ホリデーオートから

また当ブログを読んでいただいた方から情報提供が有りまして、タイトルのように報じられていたそうです。この場を借りて改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。

早速、買って読んでみました。

去年の東京モーターショーでマツダの小飼社長は「2016年3月まで5車種を投入」と述べた。この5車種はデミオ、CX-3、ロードスター(MX-5)、CX-9、プレマシー後継車の5台であるという内容。しかも、ビアンテが廃止されて新コンセプトとして設計されるらしい。またパワートレインは2.0L ガソリンと2.2L ディーゼルになるとのこと。

もしかしたら、プレマシーという名前にはならないかもしれないですね。

当ブログでも同様の予想をしていました。プレマシーを除く4車種の販売は確定的だと思っていましたが、残りの一車種が「おそらく」新型プレマシーであろうという程度しか予想できませんでした。それは、最後の1車種の情報が全く流れていないからです。状況証拠的に海外でも広く売られているプレマシーが更新されるのではと思っていましたが、いろいろ調べてみるとビアンテも新興国市場では人気を博しているらしく、もしかしたらビアンテが更新されるのでは?という気もしていました。

ビアンテとプレマシーの双方を補完するようなモデルができるとなれば、私の中で線がつながったような気持ちになります。

また、たとえばマツダのコモンアーキテクチャのシャシーの派生図を見るとスライドドアの車種は「S-SPW」という1種類しかありません。

image from 新型アテンザのボデーシェル開発

形を見る限りは、「S-SPW」はプレマシーっぽく見えるのですが、ではビアンテを廃止するのか?というと、マツダのラインナップ上での非SUVな多人数乗車可能車種はプレマシーに限られてしまいます。これではラインナップを埋めているとは言いがたいですし、ではマツダはミニバン車種を諦めるのか?というと、そうとも思えません。

ならば、プレマシーがすこし大型化してビアンテと現行プレマシーの中間くらいのサイズになるのでは?ということもちょっとは考えていましたが、今回のホリデーオートの記事を見るとそうなるのかもしれません。

ホリデーオートの記事では一応写真も掲載されています。前がアクセラ、後ろが現行プレマシーのような見た目になっています。私の記憶が正しければ、この画像は海外のマツダ情報を扱うブログでも目にしたことが有ります。(探したのですがもう見つけられませんでした)

ちなみに、これは情報提供者の方も述べていましたが、この記事を私は完全には信用していません。ですが、この時期で具体的な情報が出てくること自体が、プレマシーが更新されて新型になるのが近いということを補強する事実になるのではないかと思います。

その他の予想

ホリデーオートではその他にも幾つか予想を載せています。全て書いてしまうと「無断転載だ」と怒られそうなので、引用の範囲と認められるギリギリのラインで気になったものだけ抽出します。

新型ベリーサ

ベリーサはなくなるものだと思っていましたが、2016年度中に発売としてMINI CROSSOVERの見た目のようなCGが掲載されています。MINIやシトロエン DS3がライバルだとか。これはさすがに本当かな?という気はしますが、もし本当ならばなかなかおもしろい車種になりそうです。

RX-9

マツダ創業100周年にあたる2020年にロータリーが復活してRX-9が発売されるのではないかという記事。「マツダはRX-7/8の後継を作りたいけど作れない」という記事でも書きましたが、ロータリーの復活は現状はなかなか厳しいようです。創業100周年にてロータリーの復活というのは感動的なストーリーではありますが、社長本人が「ロータリー復活を正当化させるためには10万ユニットのセールスが必要」と言っているくらいですから、まあ楽観的な予想というものでしょう。

まとめ

現段階ではプレマシーはやはり2015年度中、つまり2016年3月までに販売開始される可能性が高いと思われます。サイズは若干大型化するのではないでしょうか。ともかく、デミオの新型情報が販売開始により一段落して、これからぼちぼちと他車種の情報が出てくるでしょうからもう少し気長に待てば、確度の高い情報も出てくるのではと思います。