【超簡単!】Ubuntuで作る手間いらずのほっこりnginx+wordpress環境!

なんとなくcookpad風タイトルにしてみました。

目的

nginx + php-fpmでwordpressを動かす。将来的にnginxをリバースプロキシにしてwordpressとPlay Frameworkを共存させたいため。今回使用したのはUbuntu。正確にはMintだがまあ同じ。

材料

  • nginx
  • php5-fpm
  • mysql-server
  • php5-mysql
  • Linuxの基礎知識

手順

材料を全部準備できたらボウル(apt-get)で混ぜ(installし)ます。

$ sudo apt-get install nginx php5-fpm mysql-server php5-mysql

/etc/nginx/sites-available/defaultを下ごしらえ(編集)します。ルートパスをみじん切りに(設定)し、適量の塩(index.php)を加えます。

server {
        listen 80 default_server;
        listen [::]:80 default_server ipv6only=on;
        root /home/username/html;  ←ここ!
        index index.html index.htm index.php;  ←ここ!
(略)
 ↓ここからコメントを以下のように外す
 location ~ \.php$ {
           fastcgi_split_path_info ^(.+\.php)(/.+)$;
   #       # NOTE: You should have "cgi.fix_pathinfo = 0;" in php.ini
   #
   #       # With php5-cgi alone:
   #       fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
   #       # With php5-fpm:
           fastcgi_pass unix:/var/run/php5-fpm.sock;
           fastcgi_index index.php;
           include fastcgi_params;
   }

さっそく飽きたので以降普通に書きます。mysqlの設定をします。rootで入ってwordpress用のユーザーを作り権限を設定します。

$ mysql -u root -p
CREATE DATABASE wp; ← DB名(なんでもいい)
create user wpuser@localhost identified by 'wppass'; ← DBユーザ名とパスワード(なんでもいい)
grant all privileges on wp.* to wpuser@localhost; ←権限設定
flush privileges; ←おまじない
exit

次にwordpressの最新版をダウンロードして展開します。apt-getで入れても良いのですが、まあ好みです。ディレクトリのオーナーをwww-dataにするのを忘れずに。

$ cd ~/
$ mkdir html
$ cd ~/html
$ wget https://ja.wordpress.org/wordpress-4.0-ja.zip
$ unzip wordpress-4.0-ja.zip
$ sudo chown -R www-data html

最後にnginxを再起動させて設定を読み直します。

$ sudo service nginx restart

ブラウザからおもむろにwordpressにアクセスします。普通は、http://localhost/wordpress/になるはずです。 これ以降は画面の指示に従ってください。DBの名前、ユーザー名、パスワードを聞かれますので先ほどmysqlで作成した内容を設定してあげます。

毎回思いますが、この画面いいですね。設定が面倒なソフトは嫌いです。

後は普通に使えます。