軽井沢のハルニレテラスに行ってきた

_DSC1739

行ってきました。

_DSC1739

いわゆる星野リゾートというやつの一つですね。ここは星野リゾートではなく星野エリアという呼称をしていました。走っているバスには星野リゾートと書いていますが。ハルニレテラス∈星野エリア⊂星野リゾートということなのでしょう。

私は星野リゾートに対する前提知識がほぼゼロです。星野さんという偉くてリゾート開発の手腕がある人が、ちょっと寂れた地域を再開発して儲けまくってる、という程度の認識です。

実際行ってみると、なるほど、細かいところまで気を配ってちゃんと整備してありますね。元々あった地形とうまく調和させておしゃれな雰囲気を醸し出しています。女子どもが群れそうな雰囲気ですね。

_DSC1740

_DSC1741

_DSC1746

雰囲気としては写真のような感じです。メシはどれも値段が高めです。

_DSC1748

店舗裏側。エアコン室外機を木の柵で囲って目立たないようにしています。こういう細かいところまで手を入れているかどうかで気合の入り方がわかりますね。

_DSC1750

帰宅時の高速渋滞を避けるため、夕メシを食いつつ時間を潰します。食ったのはバナナとチョコのデザートピザ、信州牛のミートソースパスタ、バジルがふんだんに入ったパスタ(名前忘れた)です。全部で4500円くらいでしょうか。高いですが信州牛のミートソースは旨いです。久々にこれは旨い!と思えるパスタを食いました。バジルの方はバジル感が強すぎて私はあまり美味しいと思えませんでした。バジル好きなのですが、それでもちょっと強すぎる気がします。デザートピザは子供のために注文したのに子供があんまり食べませんでした。

パスタ屋の他には蕎麦とか中華とかあったと記憶しています。

_DSC1752

こんなかんじのおしゃれショップが並んでいます。手作りの木工品とか革製品とかパスタソースとかそういう類のものが売られています。

_DSC1765

夜になるとこんなかんじの照明になります。照明フェチの嫁さんが「これは良いとこの照明だ!」と言ってメーカー名とかを調べていましたが結局良くわからなかったみたいです。

_DSC1766

コーヒー。旨いのですがちょっと薄かった。アメリカンではないけどアメリカンって感じ。

_DSC1767

入り口はこんな感じでライトアップされます。自転車、邪魔。自転車の反射板が醸し出す尋常ない日常感。生活感。

全般的に、何処を見てもおしゃれ感が漂っていて雰囲気は良いと思います。しかし、うちの嫁さんも言っていたのですが、接客はあまりいいとは思えませんでした。元気が無いというか。まあ、こういう場所で居酒屋みたいな接客をされても変ですが、それでもなんというか違和感があります。うまく言えないのですが、ちょっと胡散臭いところもあります。店員が商品について熱心に説明しているシーンをたまに見たのですが、熱がこもりすぎてて不気味でした。

以前、「建築家による現代の家屋展」みたいなのに行ったら「本当に価値がある家は一級建築士によって建てられる。大手ハウスメーカーでは大量生産品、既成品の合成しかできない」みたいな事をガシガシ説かれて不愉快な思いをしたことを書きましたが、それを思い出しました。おしゃれ感に付随するプライド、自意識みたいなのが先行して中身が伴っていないというか、そういうイメージを持ちました(あくまでも私の感想です)。

全体の雰囲気から、どういうコンセプトでどういうものを創りあげたかったのか、というはよく伝わってくるんです。でもその意識が現場に向かうに連れて表面的な部分のみになり、形骸化しているフシがあるような気がします(私の感想です)。

アクセス

図:駐車場

上記が公式サイトから持ってきた駐車場マップです。連休の周辺道路はめちゃくちゃ混みます。P1~P4に停めるのは結構厳しいと思います。

地図には載っていないのですが、P4の左下、セブン-イレブンのところを曲がった先にP5という駐車場があります。ここは公式サイトにも載っていないためか、かなり空いていました。ここに車を停めても徒歩10分以内でハルニレテラスまで行けるのでお勧めです。また、近辺に細いですが一応通れる抜け道が沢山あるので、ナビを使いながら進めば渋滞の大部分を回避できます。

画像上方にある「無料大駐車場」というのも空いてはいるのですが、ちょっと遠いです。1kmちょっと歩くことになります。子連れだと厳しいかもしれません。