コメント欄廃止しました

ブロガーにとってコメント欄をつけるかどうかというのはよく議論に上がるテーマなのですが、今回、廃することにしました。

ブログのコメント欄の必要性について私なりに考えた結果

例えば、昨今盛んにブログやTwitterが炎上しています。そんな状況であっても「この記事のここが駄目。何故なら○○だから。」と言う類のコメントは『有益』なものではないでしょうか。どれだけ耳が痛くとも、理由や原因などの具体性を帯びた意見は今後の参考や改善に結び付く可能性があります。

反対に『無益』なコメントは、例えば「これはねーわー。」と言った何の具体性も帯びていない感想のようなコメントです。「ないわ。」それを聞かされてこっちはどうすれば良いのか。それを書き込んで何がしたかったのか。謎です。受け取った側としては、それこそ「ねーわー」です。

上記のように書いていらっしゃる方がいましたが、本当そのとおりだと思います。

最近、なぜかこのブログのアクセス数が月間で7万PV近くも伸び、コメントも多数いただくようになりました。それはそれでありがたいのですが、このブログを運営している中の人はふつーの一般人であって、何かの組織ではないので、ひとつひとつ対応するのも限度があります。

有益なコメントをいただければとてもありがたいです。そういったコメントにはすぐに返信するようにしてきました。しかしながら、ただの人格批判や「ダメだわこれ」とか、「お前アホなの?」などという返信しようもない何ら具体性のないコメントが凄く多くなりました。最近はもうそういったコメントは承認せずに全部削除しています。具体性のある批判であれば、いや、それは違うとか、あなたの言うとおりです、私が間違ってましたとか返信できるんですが、アホとかウンコとかバカとか言われても、はあ、そうですか。としか言いようがありません。腹立ってムカつくだけです。

コメント欄を廃止すると議論がそもそも起こらなくなるかもしれません。少なくともそのページ上での議論は起きなくなるでしょう。だから、議論や批判を受けることのない記事はダメだと言う人もいるでしょう。その通りです。しかし、結局は先ほど言ったとおり、コメントに対処するために神経と時間を使うというデメリットと、有益なコメント、意見、批判を頂いてより良い記事がかけるというメリットを天秤にかけた結果、このブログ(と私)にとってはデメリットのほうが大きかったと判断した次第です。

今まで頂いたコメントの中には励まされたり長年の謎が解けたりするなど、とても私にとって有益なものも多く、それを考えると心残りがあります。ただただ残念だと思います。

Twitterアカウントやメールアドレスは公開しているので、間違いのご指摘やご意見、ご感想は、今後、こちらにお願い致します。