Dell Vostro A860アップグレード

IMG_1571

先日、ノートパソコンを買おうかなあ。予算は10万円かなあ。などとほざいておりましたが、古いノートパソコンが手に入ったのでこれを改造して使うことにしました。それがDell Vostro A860というやつです。Windows Vistaが入っていました。嫁さんが7年前くらいに仕事で使うために買ったパソコンです。

こいつはBTOなのでスペックがそれぞれで異なるのですが、こいつはCeleron(1コア1スレッド)の何か、メモリ1GB、HDD128GBというスペックでした。Intel CPUはあんまり詳しくないのでよくわかりません。Core 2 Duoとかの世代なので、遅いです。GPUはIntel GMA965。まー、昔のGPUなので、たとえばyoutubeでHD動画を見るなんてときもハードウェアデコードとか気の利いたことはしてくれません。

ネットで調べると、これはCore 2 Duo T7500が乗るそうです。すごい。CPU交換できるんですね。まあBTOだし交換できなきゃおかしいか。メモリは最大4GBまでのるそうです。HDDはSATAなので大半のHDD、SSDが乗りますね。

結局、いろいろ考えて以下のようなパーツを買いました。

  • MQ01ABD100H TOSHIBA2.5HDD - 9800円
  • Komputerbay 4GB 2X 2GB DDR2 667MHz - 4700円
  • Intel Core 2 Duo T7500 Mobile CPU (中古) - 2500円

合計2万弱ですか。まあ10万のPCを買おうとしてたので安いもんです。今回はハイブリッドHDDを選んでみました。使ったことが無いので試してみたかったのと、容量がそれなりに欲しかったので。

ちなみにIntel製のCPUを買ったのは初です。K-6 II、Sempron、Athlon 64、Athlon 64 x2、Phenom x6、A6と買ってきました。AMDが好きなのは単純に安いからです。今回はAMD CPUを搭載することがそもそも不可能なのでIntel CPUを買いました。攻殻機動隊の士郎正宗も作中で「単一の規格品で構成されたシステムはどこかに弱点を抱えることになる」と言っていたのでまあいいかなと思います。x86だから結局同一の規格品ですけど。

PCの分解はサービスマニュアルがあります。日本語です。「A860 サービスマニュアル」と書いています。でも大して読みませんでした。すでに先人がいたので、それを参考にさせてもらいました。

Vostro A860 分解 FAN 掃除

上記サイトを参照すればほとんど悩むところは無いはずです。ネジが多いので注意が必要なくらいでしょうか。一応私も写真を撮ったので載せます。

IMG_1571

裏面です。どうでもいいですが、露出オーバー気味ですね。PowerShot G10は黒いものを取ると露出オーバー気味になりやすいです。まあ、どのデジカメでもそういう傾向はありますが、G10は特にひどい気がする。露出補正ダイヤルが付いているので手動で変えやすいのですが。今回はサボった。

IMG_1573

キーボードを外したところ。左上にあるディスプレイへつながるコネクタは、コネクタにくっついているビニールテープみたいなものを上に引っ張ると簡単に抜けます。

IMG_1574

 

Wifiモジュールからアンテナ線が伸びて上蓋までつながっていました。ディスプレイにアンテナを配置してアンテナ長を稼ぎたいのでしょう。黒が左につながっていました。逆につないでも大丈夫だとは思いますが。

IMG_1575

メモリは二枚重ねになるようです。

IMG_1576

メイン基板は、ヘッドフォンとマイクの端子のところで引っかかっているので、ケースを曲げて取り出します。取り付け時もヘッドフォンとマイク端子のところを押しこむような感じで取り付けます。

ヒートシンク、めちゃくちゃ小さいですね。ノートPCをまともに分解したのは初めてなのですが、こんなもんなんでしょうか。ちなみにこのCPUのTDPは34Wだったと思います。ダイソーのはんだごてが30Wだったので、そんなもんですね。

IMG_1577

ヒートシンクを外したところ。上部の黒いところにマイナスドライバーを差し込んでねじると取れます。

ちなみに、マザーボードのいろんな箇所にFOXCONNの名前が刻印されていました。

IMG_1578

 

HDDはこんな感じ。端子が特殊に見えますが、変換コネクタのようなものが付いているだけで、HDDは普通のSATAです。9.5mm厚でした。この時代の2.5インチHDDはイライラするくらいおっそいですね。

ベンチマークはこんなかんじです。そんなに速くないですが、個人的にはランダム4Kで10MB/sも出ているので十分です。インタフェースが遅い(SATA 1.0)ので、ちゃんとしたPCに接続すればもう少し出るかもしれません。

ハイブリッドHDDでランダム書き込みが早くなる理屈はわかるのですが、ランダム読み込みが早くなるのはどうしてでしょう?結局SSDキャッシュに欲しいデータがなかったらシークタイムかかるよね?良くわからないけどキャッシュアルゴリズムってそんなに頭いいの?それともCrystalDiskMarkが単一のファイルを作ってその中でランダム読み込みかけている(予想です)ので、キャッシュのSSDにファイル全体が乗っちゃってるので早い、つまり、実際のユースケースに近いような多数のファイルにばらばらにアクセスするなんて感じだと遅いとか?そんなアホな作りになってないよね?詳しい人いたら教えてください。

使用感は、まあ不満がない程度の速度です。2万弱でここまで性能向上できるなら安いもんなのではないかと思います。CPUはTDPがほぼ同じ35Wなので特に熱いということもありません。放っておけばちゃんとファンも止まります。

HDDはちょっと熱いですね。パームレストの真下にあるので気になります。もともと熱かったのですが。

youtubeでHD動画を再生すると40~50%を推移しています。シングルスレッドで動いていてほぼフル動作って感じなのでしょうか。でもこの状態でもCPUはそんなに熱くならなくて、ファンも静かです。いい感じですね。

感想としては、思ったよりもずっと簡単に作業できました。もっと難しいかと思いましたがそんなことないですね。外装のツメを一か所折ってしまいましたが・・・。今後はこのPCからブログを更新することも多くなると思います。