2014新型デミオの噂まとめ

新型デミオの情報が一気にネット上で見られるようになってきたので、まとめてみました。

公式


マツダ、新型「マツダ デミオ」の生産を防府工場で開始

(抜粋&要約)
マツダは今秋からデミオの販売を開始する。これまでの新世代商品で培ってきた思想や技術のすべてを、進化させつつコンパクトなボディに凝縮することで、セグメントの常識を超える高い機能と価値を提供する、とのこと。i-ACTIVSENSE(衝突予測システム)とマツダコネクトが搭載される。ラインナップは、1.5Lディーゼル、1.5Lガソリン、1.3Lガソリン。国内市場では1.5ディーゼルと1.3Lガソリンを展開する。また、実写写真の掲載もあり。

記事

【マツダ デミオ プロトタイプ 試乗】 小排気量ディーゼルは日本の自動車社会を変えるか?…諸星陽一
 抜粋&要約
ディーゼルモデルは、1500回転程度で最大トルクに達し、そのまま約3000回転までトルクを維持。それ以上回しても違和感がない。ディーゼルの振動はガソリン車よりは感じられるが気になるほどではない。

【マツダ デミオ プロトタイプ 試乗】予想以上に堅牢なボディ、剛性の高さを実感…九島辰也
抜粋&要約
高張力鋼板を多用、溶接部も増やしたことによってシャシー剛性が高い。ハンドリングは軽快、一体感も高く、走っていて気持ちが良い。

【マツダ デミオ プロトタイプ 試乗】本気度が感じられる下克上デザイン…井元康一郎
抜粋&要約
リアのデザインは現行デミオでの評価が高いのでそれを継承しており、あっさり気味。インテリアの質感は高い。上級インテリアを積極的に選びたいと思わせる。アクセラやアテンザと比べても良く、下克上状態。

【マツダ デミオ プロトタイプ 試乗】国内外のライバルに負けないハンドリング…日下部保雄

抜粋&要約
ドライビングポジションを自然な位置に調整できる。後席の広さはコンパクトカーとしては妥当なライン。ディーゼルエンジンは(ディーゼルとしては)異例に静か。アクセルを踏んでも唐突な変化が無く扱いやすい。ステアリングのフィーリング、応答性、グリップ感が日本車のコンパクトカーとは異なっていて、欧州の競合車にも負けていない。

【マツダ デミオ プロトタイプ 試乗】30km/リットル超えも期待できる、新SKYACTIVエンジン…井元康一郎
抜粋&要約
JC08燃費はまだ未確定だが軽を除く非ハイブリッド乗用車として初の30km/Lを達成することも期待できる(どのモデルを指しているのかは不明)。SKYACTIV6速ATは発進~極低速などを除き常にロックアップし内部の遊星ギアの組み合わせのみで変速する。自動変速でもマニュアル変速でも応答速度は向上してきていることが感じられる。

新型ガソリンエンジンは最高出力92ps、最大トルク12.3kg・mで汎用であるが、ワインディングを速めに流しても不満はない。騒音レベルやサウンドチューニングも良好であるが、競合車種と比べて驚異的というものではない。

マツダ 新型デミオ vs トヨタ アクア どっちが買い!?徹底比較
抜粋&要約
新型デミオの視界はあまり良くない。AQUAも同様。インパネ上端が高めで、背の低いドライバーでは包み込まれるような形になる。荷室容量はデミオ、AQUAで同程度。デミオの価格は1.3Lガソリンで135~145万円、1.5ディーゼルでは169万円という価格もありうる。(withpop注:この価格は個人的にはちょっと安いと思います)

マツダの開発者は「JC08モード燃費で30km/L程度は達成したい」と言っている。

AQUAはスポーティな運転感覚が持ち味。デミオとAQUAの走行安定性は互角に近いが、なめらかに車の向きを変えられるのはデミオ。

【話題の新車】マツダ 1.5ディーゼル搭載今秋登場の「新型デミオ」
抜粋&要約
1.3Gエンジンは直噴&ミラーサイクルエンジン。圧縮比を14→12に下げて燃焼速度を高め、84ps→92psに出力アップ。1.5Dエンジンの圧縮比は14.8。ソレノイドインジェクタと可変ジオメトリターボの搭載。エッグシェイプ・ピストン冠面、吸気マニホールド一体型水冷インタークーラー、樹脂製ウォータージャケットスペーサー、電動水温制御システム、高圧・低圧2重EGRの採用。DPF/酸化触媒のみでポスト新長期規制、ユーロ6規制をクリア。

ボディは、新骨格を採用し、従来型比で22%の剛性を向上。サスペンションは、フロントがストラット式、リヤがトーションビーム式。

超ざっくりとした主要諸元は以下のとおり。(詳細→PDF

1.3G: 92ps/6000rpm 12.3kg・m/4000rpm 車重1030kg(6AT)
1.5D: 105ps/4000rpm 25.5kg・m/1400-3200rpm車重1130kg(6AT)

最小回転半径は4.7m。大きさは現行よりちょっと大きめ。

2chのスレッドからの転載。

ほぼ確定

  • 当初は今夏に予定していたが、カーナビゲーションシステムの機能を改善するため秋に延期する。
  • 1.3Gはミラーサイクルを採用。圧縮比は12.0で、吸気側可変バルタイ、排気システムは4-1構造となる。
  • 1.5D6MTは3000rpm程度でのこまめなシフトが必要となるので、「6ATがお勧め」

信頼度不明

  • 発売はガソリン車が8月月末から9月初旬、Dが9/22、4WDが12/5
  • 価格は13C139万円、13S157万円、13SL175万円、15XD176万円、15XDT194万円、15XDTL212万円
  • 燃費は1.3Gは25km/L以下燃料タンクは増量、1.5Dは27〜30km/L程度
  • 1.3Gは“スポーツモード”をオンにすれば、アクセルレスポンスやシフト スケジュールが高回転寄りとなる
  • グリル内の線は、ディーゼル車であれば赤色です。ガソリン車は黒色だそうです。(プロトと違う?)
  • 現行15Sと装備比較すると、i-ELOOP・フルSKYACTIV・サイドエアバッグ・DSC/TCS(ダイナミックスタビリティコントロールシステム/トラクションコントロールシステム)・SCBS(スマートシティブレーキサポート)
  • 6速AT/MT・M-connectが搭載されて、LEDヘッドライト・16インチAWが脱落
  • 素のXDはハロゲンヘッドランプ、マニュアルエアコン ・XD-T・XD-T Lp は16インチAW。13Gが15
  • リヤシートのリクライニングはない、シャークフィンアンテナ付くって
  • 1.5Dから1万キロごとにフューエルフィルターからの水抜きの必要があるって

本当?

  • デミオのマツコネにはパナソニックのソフトが載るとの情報
  • MRCC(マツダレーダークルーズコントロール)が付くとの情報と付かないとの情報が交錯中、付かないが優勢かな

 感想

色々なレビュー記事を見たがおおむね好意的な評価である。写真を見てもわかる通り、インテリアの質感は高そうだ。ディーゼルエンジンへの評価も予想できる範囲内だと思う。特に意外性はない印象だ。

i-ACTIVSENSEの搭載は個人的には高評価だ。マツダの設計思想はあくまでもドライバー重視で、機械による自動制御を行う事には消極的なようだが、個人的には緊急時の衝突軽減や回避システムには積極的に取り組んでもらいたいと思っている。どんなドライバーであれミスは生まれるからだ。ヒューマンエラーを機械で訂正できるのであればそうすべきであると思う。

また、なんとなくそんな気はしていたが1.5Lガソリンモデルの国内販売はしないようだ。1.5ディーゼルモデルと差別化が図りにくいからなのだろうか。個人的には1.5Lガソリンモデルもラインナップしてほしかったと思う。

これ以降は噂話を元にした感想である。

価格について

ディーゼルモデルの最安グレードが179万円というのはにわかには信じがたい。私はまず200万は超えるだろうと踏んでいた。同程度のガソリンモデルと比較してディーゼルシステム単体でどれだけのコスト増になるのかがいまいち推測できないのだが、私は30万中後半~50万程度ではないかと思っている。

まあ、安ければ安いほど消費者としてはありがたいので歓迎すべきことではあるだろう。競合車種と比べた場合、AQUAの最下位グレードが179万であるので、むしろこの程度の価格でないと消費者に訴求できないと言えるかもしれない。

最上位グレードは212万円である。デミオクラスの車でこの価格はかなり割高感を感じるが、まああり得ない価格でもないように思える。内装が写真で見る限りはとてもきれいなので、見合う価値はそれなりにあるように思える。じゃあ212万で買うかと問われれば、私は例え独身であったとしても買わないかもしれないけど・・・。

1.3Gの燃費が25km/L以下というのも信じがたい。安いグレードを買うユーザーはコストパフォーマンスや経済性を重視しているような層であろうから、ランニングコストが安いというアピールが出来ないというのはマーケティング上かなりの弱点だと思われる。

排気について

排気が4-2-1でなくて4-1というのはそんな気がしていた。アクセラの車体でさえ、排気管長が長くなる4-2-1はレイアウトに苦労したと何かの記事で読んでいたので、デミオではさらに困難であろう。

マツダコネクトにパナソニックのGorillaベースのナビが乗るという情報について

これはさすがに非現実的ではないかと私は思う。最近のゴリラは知らないが、昔のゴリラはWindows Automotive OSで動作していた。恐らく現在もWindows Automotive OSで動作している可能性が高い。それは、わざわざプラットフォームを変更するメリットに薄いことに加え、プラットフォームの変更とはすなわちアプリケーションをすべて作り直すことを意味するからである。

全く新しい機能をそろえたナビを一から作るのであれば話は別だが、ゴリラという商品でそのような要求は無いだろう。ゴリラはナビゲーションという基本機能にフォーカスしてその性能とコストパフォーマンスを高めていった商品である。今までのソフト資産を捨ててわざわざ違うプラットフォームに置き換える必要は無い。

対して、マツダコネクトのOSはおそらくLinux系である。少なくともWindows系ではない。それはCPUがARM(Cortex-A9)だからである。もちろんARMでもWindows RTは動作するが、マツダコネクトでWindows RTを採用するメリットは皆無である。

Windows Automotiveで動作するアプリケーションをARMで動作させるよう改造するというのは、それはつまり先に述べたように「作り直し」を意味する。マツダ車にしかのらないナビのために作り直しをする、(それも短期間)でというのはかなり難しいと思う。そもそも作り直す予算と期間があるのであれば既存製品を流用するのではなく一から設計するのが普通であろう。

マツダコネクトのシステム上ではなく、後付でナビシステムを実現するハードウェアを追加し、ディスプレイとコントローラだけ共有するという方法も無いわけではないが、そのような変更はインパネ周りのハード的な設計変更が絡んでくるのでますます非現実的なように思える。

カーナビを改善するため発売を秋に延期する件について

というわけで、秋まで延期させてその間に少しでも現行のナビシステムを改善させようというのが妥当な判断であるように私は思う。マツダコネクトのナビシステムはおおむねユーザーの間で不評だ。営業部門も強く改善を要求していることは容易に想像できる。

マツダとしては大規模なローカライズは避けたいだろう。ビジネスとしては同じモノを世界で売った方が利益率は高い。どれだけ叩かれようと、マツダコネクトを続ける限りは何としても現行ナビシステムを改善・アップデートしていく方向で対応していくのだと思う。

私も次はマツダ車を買おうと思っているのだが、私が買うときまでナビシステムが改善されないようであれば、すっぱり後付のオンダッシュナビを付けてしまおうと思ている。見栄えは相当悪いと思うが・・・。