2014年7月からの一条工務店値上げ情報

今週は公私ともに忙しく、あまりブログを更新する暇がありませんでした・・・。小ネタですが、ちょっと書いてみます。

先日の記事で一条工務店の坪単価が値上げすると述べましたが、これが確定したそうです。

繰り返しになりますが、全商品で坪単価5000円UPということでした。さらに、8月からは太陽光発電(夢発電)の金利も上昇するらしいです。(現在は1%固定)現在のキャンペーンは継続するとのことでした。ちなみに、平米単価ではなく坪単価、です。平米単価に換算すると1515円くらいです。

前回の記事に書いたとおり、30坪の家で15万円、35坪で17.5万、40坪で20万なので結構な値上げです。

値上げしたのはしょうがないので、割引をうまく適用させることを考えましょう。一条は値引きを一切しないので、法人割引、紹介割引、工場見学の景品のいずれかは適用させていきたいところです。既にこのブログでも述べましたが、ここで今一度まとめたいと思います。

法人割引

法人割引は、大企業に勤めている人であれば大体適用できると思われます。社内(グループ内)の福利厚生を担当している部署から一条工務店を紹介された、という形をとって割引を受けます。自分が勤めている会社で法人割引が使えるかどうかは、福利厚生の担当部署もしくは一条の営業さんに聞けばすぐにわかります。また、公務員でもこの割引は適用できます。

法人割引は2%です。施工面積*平米単価からの2%割引になります。オプション品は割引の対象にはなりません。とは言っても、家の大きさにもよりますが大体30~40万の割引になるので三者の中では最も大きいです。

具体的な計算式は以下になります。

値引き額 = 施工面積[m^2] * 平米単価  177,492 [円/m^2] * 0.02

ただし、平米単価は私が建てたときの単価+今回の値上がり分で計算しましたので、実際とは異なるかもしれません。

紹介割引

一条工務店の家をすでに建てた人から一条工務店を紹介してもらった、という形で契約すると紹介割引が適用されます。25万円相当の住宅設備が無料になります。細かい注意点などは、「一条工務店の紹介制度まとめ」という記事で書きましたので、こちらをご覧ください。

この紹介割引の紹介者は、実際に知り合いでなくてもOKだそうです。なので、私が今このブログをご覧になっている方をご紹介することもできます。紹介してほしい場合はメールかtwitterかコメントで連絡ください。

・・・というのをしつこく何度もこのブログで書いていますが、これは紹介者(つまり私)に謝礼として一条工務店から商品券が送られるためです。ぜひともよろしくお願いします。

ちなみに、紹介制度を適用しても何ら束縛はありませんので、「一条工務店で建てるかもしれない」という気持ちがあればとりあえず適用しておくのが良いと思います。紹介制度を使わずに一条の展示場に行って住所氏名を書いてしまうと(基本的には)適用できなくなってしまうのでご注意ください。

工場見学の景品

これも、「一条工務店の紹介制度まとめ」という記事に詳細は書いたのですが、再掲します。

一条工務店では(一条に限った事ではないですが)工場見学というものをやっていまして、断熱性の高さや免震住宅などの実験設備や、その他住宅設備などの展示があります。防蟻防腐剤を加圧注入処理した木材と未処理の木材を屋外に放置するとどうなるか、などの展示もあります。(6年放置した木材でしたが、ほとんど腐食は進んでいないように見えました)

最後に抽選会があり、結構気前よく当選します。1/3~半分くらいの人が当選するのではないでしょうか。で、この当選した人には、25万円相当の住宅設備がプレゼントされます。これは(おそらく)紹介割引と同等の扱いです。

しかもこれは何度行っても良いらしく(ネット情報で未確認)、当たるまで通い詰めることも可能だそうです。とはいっても、手間暇かかるのであまり良い方法ではありませんが・・・。

ちなみに、法人割引が適用になった上にさらに景品が当たるということもあるようです。うちは外れましたが・・・。

キャンペーン

その他、キャンペーンというのが一条に限らず大体どこのメーカーにもあります。期間限定で住宅設備などが安くなったり無料になったりするようなものです。当然、メーカーとしては「何月までに契約すればこんなに安くなりますよ!!」という形で早期に契約をとるような営業をするためのツールなのですが、いつも何かのキャンペーンはやっていますので、いつ契約してもお得度は変わらないような印象を受けました。カーディーラーで良くやっている「ナビ無料キャンペーン!!(by mazda)」みたいなものですね。

一条に限らず、どこのメーカーでもこれは大差ないと思いますので、メーカー選びで悩んでいる時は急かされても応じずじっくり考えたほうが良いでしょう。

余談

なんとなく私を担当してくれた営業さんが当ブログを見てくれている気がします。お世話になっております。