ビジネスとしてのブログ

ちょっとした小話。

ご存じのとおり、本サイトには広告が載せてある。これはGoogleのAdsenseというサービスだ。これは入札制の広告というやつである。Googleが広告枠を管理し、広告主がその広告枠に対して広告を出す。このとき、広告料は入札制によって決まり、一番高い広告料を提示した広告主がその広告枠に対して広告を表示することができる。

これはすごく合理的な仕組みであると思う。街中でも「広告主募集、○○電鉄」みたいな空き看板をたまに見るが、ああいうのは月いくらです、と広告枠を貸す業者によって随意に広告料が決められているのだろう。すると広告主はその広告料に見合った効果があるか無いかを判断しなければならないが、そもそもその広告枠に出したことが無いのに効果を見積もれるわけがない。

すると、とりあえず出してみて様子を見る、という方法しか取れないわけだが、それで見合った効果が出なくても「意味なかった!金返せ!」とは言えない。だまって広告を下げるしかない。これは広告主にとっても広告枠を貸す業者にとっても、双方にとって不幸でしかない。

しかしGoogle AdsenseはGoogleお得意のビックデータの活用により様々なジャンルの記事・ブログ・Webサイト、訪れる客層などといった数多の指標を知ったうえで広告を出すことができるし、その広告料も入札制というもっとも合理的で不平不満の出ない方法で決まっている。素晴らしい仕組みだ。テレビCMとかもこういう仕組みであるべきだと思う。

広告の掲載というのは純粋なビジネスである。広告枠を提供する人、広告枠を管理する人、広告を出す人、それぞれが誠実な態度で臨んでこそ、この健全な仕組みが保たれると言ってよい。

で、私は広告枠を提供する人なのでその立場からの話をしてみたい。

広告枠を提供する人の誠実な立場とはどういうものだろうか。それは、良質なWebサイトを運営するということに限る。では良質なWebサイトとは何か。違法な情報や公序良俗に反していない、新しい情報や価値を提供するサイトである。

そうでないサイト、具体的にはたとえばアダルトサイトなどにはGoogle Adsenseの広告枠を掲載できない。なぜか。それは広告主の立場になれば明らかだ。自社の広告がアダルトサイトに載ったりしたらどうであろうか。アダルトサイトでなくとも、たとえば2chのスレッドをひたすらコピーしているようなサイトはどうであろうか。「女の癖に女の子に告白した結果www」とかしょーもない記事が並んでるサイトにLEXUSやBMWの広告が載っていたらどう感じるだろうか。

当然、そういうことになったらまっとうな企業のまっとうな広告主は広告を取り下げるだろう。そうやって広告主が広告を取り下げると、広告枠の価値が下がる。広告枠の価値が下がるとGoogleとWebサイト運営者が得る収入も減る。

コピペブログで、よく「ここはアダルトサイトか」と思ってしまうほどに下劣な広告が所狭しと並んでいるようなところを見るが、それは前述したようなビジネスモデルが成り立たなかったがために、何でもかんでも広告を受け入れてしまったなれの果てである。

そういうことにならないように、GoogleはAdsenseに参加するWebサイトを厳格に審査している。審査通過後も、Googleの定めるポリシーに違反しているようなページがあれば即座に連絡が入る。そして改善が無ければ一方的に契約を打ち切られる。これは普通のビジネスとして十分起こりうることである。Googleのプログラムに参加して、広告主の広告を掲載させてもらっている以上、消費者の感覚で運営してもダメなのである。これは純粋なビジネスであって、通常のビジネスで要求されるレベルの運営が必要になるということだ。

私も、こう見えても記事の内容には結構な気を使っている。広告を掲載してからあまりにも内容の薄い記事はすべて抹消した。昔は下ネタもおおっぴらに書いていたが、今は書かない。ネットを見ていればすぐにわかるような記事も書かない。ネットで検索しても見つからないような内容の記事を書いているつもりである。