月間4万PV達成しました

より正確に言うと、週間1万PV達成です。ここ数週は継続して1万PVを超え、その後も増加傾向にあります。アクセス解析タグの設置方法を間違っているのではないかと確認してしまったほどです。ありがとうございました。

4万PV達成までに必要だったこと

検索してみますと、色々なブログで上記のようなことについて解説しています。

皆さん、色々なことを挙げていますが、やっぱり多いのは「質の良いコンテンツを大量に書く」ということのような気がします。これは私も全く同感です。これは説明するまでもないことでしょう。

ちなみに、私はソーシャルシェアや、SEOなどへの対策は一切行いませんでした。せいぜい、ページ下部にブックマーク用のリンクを張っているくらいですが、これも別に設置したおかげでソーシャル関係からの流入が増えたかというと、そういうわけでもないです。

ソーシャルはともかく、SEOに関しては私は多くの場合、無駄とすら思っています。

なぜかというと、それは検索エンジンのミッションを考えてみれば明らかでしょう。検索エンジンの使命は、「キーワードに最もよくマッチする質の良い情報を列挙する」ことに尽きます。小手先でSEO対策を行っても効果は一時的でしょう。特定のアルゴリズムに最適化した対策を取って、検索結果の掲載順位を上昇させるというのは、本質的には「質の良さやキーワードのマッチ具合とは関係なく上昇してしまっている」のですから。

検索エンジンにとって理想的なのは、SEO対策をしたページが上位に来ることではなく、キーワードに最もよくマッチする質の良い情報を提供するページが上位にくることです。この本質が変化しない限りは、SEO対策は継続的な効果を産まないばかりか、検索エンジンにとっては邪魔者ですから意図的に排除するような措置をとることも十分考えられるでしょう。

SEO対策が有効なのは、短期間でも良いからアクセスが欲しい場合に限るというのが私の考えです。たとえば新製品の発表時など、特定のタイミングで短期間のみのアクセスを上げることに十分な意味がある場合です。

質の良いコンテンツとはなにか

これはとてもむずかしい問題です。本質的に質が良いコンテンツかどうかは読者が決めることですが、その読者は面白かったかどうかなんて教えてくれません。実際に運営してみるとわかりますが、各ページに評価ボタンを設置しても、それを押してくれる人はごく少数です。

たとえば、よく、家電製品を購入するとアンケートハガキが入っていますが、あの返信率は1%にも満たないそうです。ちなみに、私のブログのコメント率(コメント数/PV)も1%を大きく下回っています。それだけユーザーの声というのは貴重なのです。

なので、我々運営者はページビュー数や滞在時間の平均といった、統計的なパラメータから何に価値があって、何が無価値なのかを想像することが主となります。

本ブログ右側にも投票ボタンを設置してありますが、ぜひ投票して頂けたら幸いです。(スマホだとページ下方に表示されると思います)

今後

今後もまあ、面白いと思われる情報を時間の許す限り提供していけたらいいな、と思います。広告収入を得ることができたので、多少お金のかかることでもやってみることができるようになりました。

よろしくお願いします。