子ネタ集

特に1つの記事を起こすほどのことでもないことを書いてみる。

何を目指しているのか

電車の広告を見ていたら、マスカラやファンデーションの広告があり、「毛穴パテ職人」とか「天まで届け!マスカラ」とか書いてた。

お前らは一体何を目指しているんだ。

策略

こないだ、夜遅くに帰宅した時、ドラッグストアに寄った。そしたら、かなり目を凝らさないと見えない、夜だったら絶対に視認できない位置・細さでロープが渡してあって、それに気づかずに自転車で侵入して転び、腰を強打した。

あまりにも痛いので、そのドラッグストアで湿布を買った。これはドラッグストアの売上向上を目的とした策略であると思う。

雛人形

3月3日はひな祭りということで、嫁さんが娘のために雛人形を買おうとしていた。しかし、雛人形って結構高い。だから安く買いたかったらしく、3月3日以降、いくつかのデパートなどに電話してセールしているかどうか確認したらしい。しかし、全然セールしていなかったとのこと。

私が思うに、雛人形には流行りとかモデルチェンジとかが無いために、普通に在庫として取っておいて来年また売るんじゃないか?と言った所、「雛人形にも新モデルはある」と言っていた。

マジか。雛人形もモデルチェンジするのか。来年にはAKBみたいな衣装の雛人形が出てくるのだろうか。なんか全然有り難みがなく、すごく軽薄だと思う。

まあ、それは置いといて、雛人形のようにむやみに値段を下げて売らない、というのは重要なことだろう。結局、値下げを行うことで売上を伸ばすと不毛な値下げ合戦に陥りがちだ。家電なんかはモデルチェンジが激しいので、ある程度はしょうがないとは思うけど、雛人形はそういうことを考えても安売りしないだろうな。

足臭大王が足臭くなくなった

以前、足臭大王のプライドという記事で、職場にすごく臭い、臭すぎる人がいるという話をした。

結局、この人は臭くなくなった。髪を切り、背筋をやや伸ばし、ちょっとまともな感じになった。それでも、更衣室は未だになんかちょっと変な匂いがするし、歩き方もガンダムみたいでちょっと挙動不審な感じがあるけど、大きく変わった。

先の記事で、大王は、絶対風呂に入らねえ、という確固たるポリシーを持った意思の強い人なのではないか、という考察をしたが、偉い人に言われて結局風呂に入ったということだろう。

私は、人から言われて風呂に入るくらいなら、最初から入っとけと思った。