中~小サイズのミニバンを比較する(結果発表)

関連記事

この記事の続きです。
中~小サイズのミニバンを比較する(2014年版)

こちらもよろしければご覧ください。
2014年版 ミニバン比較 ベストはこれだ!!

妥協のないパフォーマンス:エクシーガ

個人的にアイサイトがあるのがかなりポイントが高い。アイサイトは長距離運転の疲れを確実に軽減する。単純な馬力だけを比較しても十分すぎるパフォーマンスがある。若干車両本体価格が高いのと、デザインがあんまりかっこよくない(個人的意見)が難点だ。

見なおした:セレナ

ハイブリッドじゃないのにハイブリッド車と錯覚させるマーケティングをしているという点で舐めていたが、見直した。本体価格が同クラスミニバンに比べて安く、さらに燃費も圧倒的だ。セレナはミニバンカテゴリでの売上No.1などと良く宣伝しているが、まさに選ばれるには理由があると思う。コストパフォーマンスはかなり高い。

抜群の安定感:ステップワゴン

いやいや、コストパフォーマンスで負けてないのはステップワゴンも同じである。ステップワゴンの良いところは、何と言っても車体価格だろう。ノア、セレナ等とほとんど同じサイズでありながら、価格はずば抜けて安い。さらに、同サイズのミニバンに比べてずば抜けて小回りがきく。

元々、ステップワゴンはプレミアム感を重視するというよりは、実用性重視といった印象を受けるが、それは現在のモデルにもしっかりと受け継がれている。こういう車種は今後も絶対に必要だろう。

運動性能はこれ:ストリーム/プレマシー/ウイッシュ

むやみに車体サイズを大きくせず、車両本体価格を抑え、さらに運動性能も高くしている。やはり運動性能を確保しつつ車体を大型化するというのは限度がある。運動性能を重視するならば、サイズは犠牲にするしかない。この3車種はそういう車だと思う。

ストリームとウィッシュはスライドドアが無い。なので、ミニバンというよりはステーションワゴンの部類に属するのかもしれない。プレマシーはスライドドアがあるので、スライドドアが必要であればプレマシーという選択になる。

残念賞:オデッセイ

元々好きだったが、足回りがトーションビームになったのと、高さが高くなったのと、デザインが好みじゃなくなったのとで大変ショック。中古で前のモデル買えばいいじゃん、って言われたらまあそのとおりなのだけれども。

今後に期待:MPV

元々MPVは運動性能の高いミニバンとして開発されたと聞く。しかし、長年モデルチェンジしていないので見た目も古いし燃費性能でも競合車種に比べて劣ってしまっている。

一台くらい、運動性能を重要視した中型サイズ以上のミニバンがあってもいいと思う。ぜひ、マツダの今後のロードマップ上にもMPVが残され、フルモデルチェンジしてより優れた車へとバージョンアップしてくれることを望む。

私の意見

ミニバンを比較すると、どれもこれもみな大型化していることが分かる。これはミニバンに限らず、ほかの多くの車種でも同じことが言える。この主たる理由は、日本市場に特化した製品(つまり、小さめの車種)を作ると、海外戦略上不利となるということであると聞く。

しかしながら、私が思うに、ミニバンの大型は違う背景があると思う。それは、「とにかくでかいほど良い」「でかい車のほうが偉い」「室内空間が大きいほうが多目的に使える」「車内で子供の着替えをさせれる」「荷物を一杯詰める」など、ユーザーサイドからの種々の要望が大きいのではないだろうか。

狭いよりは広いほうが良い。大は小を兼ねる。ごもっともである。

でかい車のほうが偉そうに見えるから好き。なるほど。確かにそういう車があっても良いでしょう。車の中で寝れるから好き。なるほど。そういう選択肢も有りでしょう。荷物を一杯詰めるから便利。なるほど。実用的でありましょう。室内空間が広いほうが気持ちいい。なるほど。人間ならば当然である。

でも、ここで俺が声を大にして言いたいのは、この大きさというのは、価格や運動性能や燃費とトレードオフの関係にあることだ。つまり、大きくなって損をするような人たちも居るということである。車の大型化はそういう人たちを犠牲にした上で成り立っている。

もちろんそれはメーカーも承知だろう。でかい車は遅い・ブレーキが効かない・燃費が悪い・キビキビ曲がらない。車を作るプロなのだからそんなことは当然知っている。なのに、多くの車が大型化するというのはビジネス上の利益があるからであろう。

そう、昨今の車は、あまりにもビジネスに傾倒しすぎているのである。もちろん、ビジネスなのだからビジネスに傾倒するのは構わない。構わないが、限度というものがあるだろう。

ユーザーがでかいの好きなんだったらデカイ車売ればいいじゃーん。燃費重視ならばハイブリッドって名前につければいいじゃーん。JC08という測定方法が決まったなら、それに特化したセッティングにして、カタログスペック上の燃費を良くすればいいじゃーん。そういう浅ましい安易な考えでクルマづくりをしてきたから、日本車はダメだ。欧州車の真似しかできない。と、カービュー紙にしこたま叩かれるのである。

その結果として若者の車離れという、自分の首を自分で締める結果を作ってしまったのではないだろうか?ひたすらに、燃費性能、室内空間の広さ、小回りの良さ、そういうものを宣伝し続けて、新しい価値を創造できなかった結果がこれじゃないだろうか?

そしてこの段になってもまだこの潮流は続いている。欧州車がデイライトをつけたらデイライトを付ける。LEDランプにしたらLEDランプにする。小排気量ターボにしたら小排気量ターボにする。真似ばっかりして、新しい価値を創りだすという気概は無いのだろうか?ものづくりに携わる技術者としての誇りは無いのだろうか?恥ずかしくないのだろうか?

日本の車メーカー各社は、もっと真剣にクルマづくりに取り組んでもらいたい。さもなければ日本市場はどんどん縮小するであろう。