Ubuntu 13.04にEclipse+Pydev環境を構築

Pythonを使いたくなったのでやってみた。

昔、Java使いだった私にはEclipseが使いやすいので、EclipseでできることはEclipseでやることが多い。卒論も修論も、Eclipseで使えるLatexプラグインを使って書いた。プラグインの名前は忘れた。

事前準備

最新版(2014年1月9日時点)のPydev3.2が動作する要件は以下のとおりだそうです。

  1. Eclipse (3.8/4.3 以上)
  2. Python 2.1以上
  3. Java 7

2014年1月9日時点で、UbuntuのEclipseパッケージのバージョンは3.6なので、本家サイトからダウンロードして適当な場所に展開します。

起動したら、Help -> Install New Softwareから以下のサイトを追加します。

http://pydev.org/updates

あとは適当に、次へ、次へとすすめていけば完了です。

もしこれでエラーが発生したりしたら、前述の動作要件をもう一度確認してください。特に、Java。Python 2.1以下なんて古い環境は滅多に無。いですが、Java 7は注意が必要です。

Java 7が入っていないと、インストールは正常終了したように見えるのに、起動するとどこにもpydevのメニューが表示されないというふうになります。エラーメッセージも出ないので、ちょっとはまりました。

Java 7はOracleのJavaでなくとも、UbuntuパッケージのOpenJDK(JRE) 7で動作するようでした。SynapticなどでOpenJDK(JRE)7を入れましょう。