VirtualBOXでWindowsマシンをP2Vするときの注意点

xpfail

Virtual BoxでP2Vする方法については以下記事にまとめました。
[Linux]Virtual BoxでP2Vする方法

最近、私のPCも、Windows XPがOSのやつは順次OSをリプレースせねばいかんなあ、と思っている。

でも、Windows XPでしかうごかないマニアックなソフトというのもいくつかあって、まあ頑張ればWindows 7以降でも動くのだろうけど、そもそも頑張りたくない、余計なことに時間を使いたくない、とも思う。そういうときに便利なのがやっぱ仮想化だ。私はVirtualBOXを好んでよく使う。いくつかバグがあるが、良いソフトだと思う。

手順としては、USBメモリに入れたUbuntuからPCを起動させ、ネットワーク越しにnetcatなどでddでHDDまるごとダンプ(パーティション単位だとMBRが付かないので多少めんどい)、その後VirtualBoxに付属しているVBoxManage convertfromrawコマンドでVDIイメージにコンバートしてやる。

あとはVirtualBOXから仮想マシンを作り、先ほどのVDIイメージをセットして起動すれば・・・・。

xpfail

こうなって立ち上がらない。なぜだ。こういうときは、下記画面にある、IO APICを有効化というチェックをONにすれば動作する。

vboxsetting

IO APICが有効になっているときと、有効になっていないときで、Windowsはインストール時にインストールするカーネルを分けるそうだ。APICなんて最近は使っていないような気がするので、Windows 7とかだと関係無いかもしれない。とにかく、ゲストOSがWindowsの時で、かつP2Vで動かないときは、ON-OFFしてみるとうまくいくことがある。