ウイルスは繁殖しない

エアコン暖房ってホントに石油ファンヒーターより乾燥するの? | 藤山哲人の実践! 家電ラボ

上記記事を見ていて思ったこと。上記記事で、「乾燥した室内は、インフルエンザウィルスにとって天国で繁殖し放題だ」という記載がある。

とても有益な記事を執筆していただいたのに、重箱の隅をつつくような指摘で恐縮だが、ウィルスが「繁殖」するという書き方はちょっとふさわしくないと思う。正しくは「増殖」すると書いたほうがより良い。

なぜか。「繁殖」とはふつう、生物が複製されるときに用いられる言葉だが、ウイルスは生物かどうかとても怪しいからである。

ウイルスの増殖プロセスは一般的な生物とは大きく違っている。まず、ウィルスは生物の細胞内に侵入する。「侵入」というと、まるでウイルスの意思が感じられるようだが、そうではない。単純に、生物の細胞表面にある特定の物質(レセプター)に吸着しているだけだ。ちなみに、HIVウイルスのレセプターがCD4であることは、映画Trainspottingを100回見た私にとっては常識と言っても差し支えないくらいです。

細胞内に侵入したウイルスは、細胞内で一度分解され、ウイルスの持つDNAもしくはRNAが放出される。放出されたDNA,RNAの情報はいくつかのプロセスを経た後、細胞内に存在するリボソームへと運ばれる。リボソームは設計図たる遺伝子を元にタンパク質を合成する工場の役割を果たす。ウイルスの設計図はこの工場に紛れ込み、最終的にウイルスが産出される。

このプロセスは「ウイルスが生物の細胞に自分自身の複製を作らせている」という言い方もできるかもしれない。ただ、くどいようだが、ウイルスにはそのような意思は無い。侵入から増殖までのすべてのプロセスは、純粋な化学反応と同じように進む。(まあ、突き詰めれば普通の生物の繁殖プロセスも全部化学反応で進んでいくのだけど)

これは一般的な生物と比較するととても特異だ。この流れを「繁殖」と呼ぶのはふさわしくないのは当然である。

また、ウイルスは代謝機構を持たない。ウイルスの中身にはDNAもしくはRNAくらいしか備わっていないので、外部からエネルギーを取り込み、それを利用するという事自体を行えない。生物として普通は備わっているものが備わっていない。

じゃあウイルスは生物では無いのだろうか?ウイルスは生物と密接に結びついている。生物と同じくらい長い歴史を持っていて、また、生物の進化にも深く寄与しているということがわかりつつある。それを非生物だ、ロボットだと決めつけることにも違和感がないだろうか。と、いうことで、ウイルスは生物なのか生物で無いのかいまいち定義できない、という事になっている。

と、まあウイルスとはこんな感じのどっちつかずの奴なんですけれども、皆さんにあたっては、インフルエンザワクチンを摂取するなどしてウイルスを苛めることもあるでしょうが、こういった背景になっておりますので、たまにはウイルスの事を思い出してやって、「ウイルスが繁殖する」ということを言う人がいましたら、「ウイルスは繁殖じゃなくて増殖」という旨を教えてあげてください。ひとつ、よろしくお願い致します。