MARIN CORTE MADERA SE-C 2013 購入

_DSC9847

MARIN CORTE MADERA SE-C 2013 購入。それに至る経緯を記す。

_DSC9847

元来、私は自転車は結構好きな方だった。速い自転車も欲しかったのだけど、なんか今クロスバイク買うと、「流行の流れに乗っておるわ、こいつ」とか思われそうで嫌だったんだ。いや、昔から速いバイクには乗りたかったんだよ。乗りたかったんだけど、まあ、金も無いしきっかけもないしでここまできた。

で、引越に伴い、古いチャリを捨てることとした。私は物を大切に扱いたいタイプなので、以前乗っていたチャリを捨てる事を結構ためらっていた。詳しくは該当記事参照。

それでまあ色々あって、職場の上司が自転車好きであって、彼が持つクロスバイクにちょっと乗せて貰ったところ、もうママチャリとは異次元の世界だった。「かごが付いていて泥よけが付いていて、速いチャリ」が欲しかったのだけど、もうクロスバイクでいいや。というか、クロスバイクが欲しいわ。という気持ちにあっさり変わった。まあ、金があればロードを買いたいのだけど、うちの職場は何故かドロップハンドルの自転車の乗り入れが禁止という意味不明な規定もあるし、クロスバイクでも十分速いだろ。ということでクロス。

候補は、GIANTのR3、ルイガノのCHASSE。自転車屋に行って聞くと、「R3はコストパフォーマンスが高くて間違い無くオススメ。だけど前のモデルから円安の影響で1万以上高くなったのが残念なところ」ということで、それ、コストパフォーマンス高くないじゃん。と思ってちょっと買う気失せた。あと、ドライブトレインがSRAMとかいうのも気にくわなかった。SRAMってなんだ。聞いたことねーよ。いや、私が知らないだけで良いメーカーなのかも知れないけど。調べたら米国のパーツメーカーらしい。個人的には、釣具のシマノにすごく良いイメージがあって、自転車でもシマノのパーツを使いたかった。そんな感じでR3は除外。

ルイガノは見た目が格好良い。それだけ。乗ってみたら普通。こっちはちゃんとシマノ。ALTUSというたぶん一番下のグレードだ。

最後に、MARINのCORTE MADERA。これは仕事の帰りに自転車屋の横を通るたび、一番目立つ位置にコイツが鎮座しておって、なんだこれ?格好いいな。と思っていた。ショーウィンドウの中のサックスを覗く黒人の少年みたいな感じでイメージして頂ければ間違いは無いと思う。でも、これについては事前に何も下調べしておらず、メーカーすら店に行って初めて知った位なのだけど、これが結構よかった。まず、ドライブトレインがシマノのALIVIO。あとフロントフォークがカーボン。すげえ。カーボンって言うと、私はなぜかカーボンの釣り竿を思い出し、高圧線に触れると感電する!とか思ってしまうのだけど、まあ自転車は関係無いか。

_DSC9849

それでいて、値段が安いのでじゃあこれでいいっか、って決めた。あんまり悩まなかった。これらの同価格帯のクロスバイクを頑張って比較しても、店頭で1時間か2時間悩んでも違いなんて分からないと思ったので。あと、個人的に気に入ったのがこのステッカー。

_DSC9848

真面目に読んでないけど、たぶん、「タイヤをクイックリリースで外すときは、曲がってないか確認して、あんまり締め付けすぎないように注意しろよ」的なことが書いているのだけども、私は「すごく細かい字で注意書きが書いてあるフェチ」という、たぶん誰にも理解されないような嗜好を持っているので、それでぐっと来た。たとえば、戦闘機の翼とかに「ここ踏むな」みたいな注意書きが書かれていたりするのだけど、ああいうのが機能美っていうか、注意するところはボディにしっかり書く、みたいな無骨さがとても良いと思う。

そんな感じで、この自転車を買った。

ちょっと乗った感じだと、やっぱシティサイクルと比べるとすごく軽いし、速い。素晴らしい。どこまででも走り続けられる気がする。慣れたらこれで出勤したいと思う。