一条の家の雨水ますを調査する

IMG_1169

IMG_1169

「雨水ますって何じゃ」と思う人が大半でしょう。雨水ますってこの写真みたいなやつです。これは正確には「おすい」と書かれているので雨水ますではないですが、雨水ますはほぼおなじ外観で「うすい」と書かれています。

雨水ますってとにかく重要な働きをしているのです。特に東京だと、一般家屋の雨水ますの設置が進められていて、かなりの数が設置されているはずです。小金井市は世界一の設置数を誇っているらしい。我が市でも雨水ますを新規に設置すると助成金が出たりします。

で、何なのか。これは。これ、正式には「雨水浸透ます」と言い、雨どいなどから降りてきた水を地中に浸透させるための設備です。従来、雨水は河川に直接流していたり、下水に流していたりしているのですが、これはいろいろな面で問題が有ります。まず、特に都市圏では、地面が露出しているところが極端に少ないため、降雨のほとんどは河川に直接流入します。すると単純に水量が増え、河川の氾濫へつながります。下水道に流されると下水処理施設の処理容量を超えてしまうかも知れません。

雨水ますを多数設置することで何が嬉しいかというと、地中に浸透した水分はゆっくり排出されるため、上記のような問題を生じにくくさせます。さらに、地中に浸透した雨水の一部は最終的に地下水として貯留されるため、地下水資源や湧き水として利用できる量を増やします。また、工業用水として地下水を組み上げた結果、地下水が枯渇し周辺が地盤沈下を起こす、なんてことも防げると言われています。

さらには地中を雨水が浸透していくことによって、雨水は地中の微生物等によってろ過されます。よって、河川に汚れた雨水が直接流れこむことを防ぐことができます。また、浸透した雨は晴れの日に徐々に蒸発していくときに気化熱を奪うので、ヒートアイランド現象を防ぐことができるとも言われていますが、個人的にはちょっとこの効果は疑問。なぜならば都会ではそもそも土が露出しているところが殆ど無いし。

まあそれを差し引いたとしても色々なメリットが有るため、雨水ます最高!って感じで沢山設置しようよ運動が起こってたり起こってなかったり。まあそんな感じの雨水ます。

じゃあなぜ私が雨水ますを調べようかと思ったかというと、私がそういう地球環境を重んじる高潔なナイスガイだからというわけではなく、単に、雨が降ると隣の家の雨水枡の蓋がオーバーフローして開いてたからです。隣の奥さん曰く、「この前の台風の時は蓋が開いて水が噴き出してきて大変だった」そうで。

「水はけが悪いんですかね?」ということを外構屋さん、一条の設計さんにしたら、「水はけが悪いというよりは、このあたりが後ろの山に降った水の通り道になっているんだと思う」と言っていた。なるほど。ただ、蓋を押し上げる直接の要因は山からの水ではなく、雨樋を伝って落下してきた水だと思う。なぜならば、地中を浸透してきた水に蓋を押し上げるほどの圧力があるとは思えないからです。それほどの圧力があるのであれば、当たり一面地中から吹き出した湧き水で湖になってるはずです。

したがって、雨水ますの大きさや数が適切であれば、大雨でも雨水ますがオーバーフローすることなく地中に雨が浸透するだろうというのが私の予想です。更に付け加えると、請求書の欄を見ると「雨水分流配管工事」という項目がありました。これは多分、汚水の下水道とは別に設置された雨水専用の下水道があって、地中に浸透しきれなかった雨水をそこに流すというような配管を設けるという工事であるはずです。これが正しく施工されていれば、大雨でも雨水ますがオーバーフローして吹き出すことはほぼ無いでしょう。

ちなみに、雨水を下水に流してよいのか、汚水と雨水は分流して下水に流すのか、それとも宅内ですべて処理しなければならいのかは、市役所のしかるべき課に聞けば教えてくれます。逆に言うと地域ごとに決まっています。主に管轄する下水処理場の設備によって決まるっぽい。ただ、この理論からいうとお隣さんの家も分流式のはずでオーバーフローするとは考えにくいのですが。まあ調べりゃわかるでしょう。たぶん。

って感じで、前置きが長くなりましたが、調べていきます。今回の目的は雨水ますがどうなっているか、下水へ導かれる分流配管が施工されているか、をチェックすることです。

IMG_1187

というわけで、おもむろに蓋をオープンします。大きめのマイナスドライバーとかの、平たくて細長い金属棒があると楽です。雨水ますの径は300mmだったと思います。結構でかい。写真上方の黒いパイプっぽいものは、雨樋からの配管ですね。

IMG_1186

そしたら・・・なんじゃこりゃ。土じゃん。

ググった感じだと、雨水ますは砂利で囲み、さらにその砂利を透水シートによって包まなくてはならないようです。透水シートは土の目詰りを防ぐためです。「雨水ます 施工基準」などで検索してみましょう。

雨水浸透施設設置基準(PDF) | 横浜市環境創造局

砂利を敷くことによって土中に浸透する面積を稼ぐわけですね。ということで砂利で包まないと、雨が浸透する面積というのは、浸透ますの大きさであるπ(300/2)^2[mm^2]分しかないのであって、これはよろしくない気がする。

あとで図面を見てみると、「簡易雨水浸透ます」と書いていました。「簡易」とはすなわち、こういう砂利で包むという施工方法を省いているということなんでしょう。

なぜこうなったかは知りません。多分、私が「金が無い、金が無い」としょっちゅう言ってるので営業さんが気を利かせてくれたとか、このくらいの処理容量で大丈夫という試算になっているのか、まあそんなところでしょう。

IMG_1184

それにしても雨水ますと汚水ますが多いです。合計10個以上は家の周りにこういうフタが並んでいます。一条からもらった配管の図面の情報と統合すると、以下のようになっているようです。

sintou

この内、図面にない謎の汚水ますがどのような目的で設置されているのか謎ですが、それ以外は概ね設計通りに施工されているようです。そもそも図面と実際の状態が違う状態でどうなんだ、って感じかもしれませんが、別にまあ細かいことは置いときましょう。

IMG_1181

すべての雨水ますは塩ビパイプで連結されていまして、これが最も下流に位置する雨水ますになります。水が溜まっている。あと、下水につながる配管が無いですね。あれー。分流管工事ってそういう事じゃないのかな・・・。

まあ、300mmの雨水ますが何個も設置されているので、もしオーバーフローしたらまずはそちらに砂利を敷くことから始めましょうかね。それでダメなら業者に相談かな。お隣さんの家の周りを見える範囲で観察すると、雨水ますのサイズはうちよりもずっと小さいし、数も少なかったです。だから少なくともお隣さんよりはマシなはず。

本当にオーバーフローするかどうかはゲリラ豪雨とか台風とかが来ないとわからないですが、まあ、それだけの大雨を待たなければ分からないほどの頻度であれば、むしろ何も対策しなくても良いような気もします。でもなんかやるかも。面白そうだから。