南武線、京王線、武蔵野線、中央線

前にも書いた気がするけど、府中あたりの電車の便がすごく悪い。乗り換えがいっぱい発生する。

西国分寺で武蔵野線と中央線が交わる。府中本町で武蔵野線と南武線が交わる。分倍河原で京王線と南武線が交わる。府中駅は京王線だけだ。意味がわからない。初めて東京に来た時、このバカバカしさを目の当たりにしてウンコ漏れそうになった。一箇所でまとめろよ、一箇所で。論理学のテストか。

まずこの辺りで一番発展してるのは京王府中駅近辺だ。だから皆で飲みに行こうぜーってなると、俺としては府中駅近辺の店をチョイスしたいのだが、すると非京王線沿線に住むやつから文句が出る。なんで京王線なんだよー、もっと気を使えよー、とか言い出す奴が絶対いる。

じゃあ近所で分倍河原にしよっか、となると、これも困る。なぜならば分倍河原は京王線と武蔵野線の乗り換え駅として結構重要な役割を果たし、かつ、特急とかも止まる駅なのに、駅近くに店がなんにもない。いや、あるけど、少なすぎてパターン化する。かつ、広い店がないので人数がいっぱいいる場合はこれも困る。

ほんじゃあ、たまには西国分寺にしますか?とすると、これまたひどい。西国分寺には1件、俺が好きな良い感じの居酒屋があるのだけど、だいたい、それっきりで、あとはチェーンの白木屋とかそんなんが数件あるだけだ。しかも、西国分寺の扱いもまたひどく、一応中央線と武蔵野線が交わってはいるのだけど、中央線の電車は殆ど止まってくれないし、一体全体何なの?お前らどっちもJRだろ?なんでそんなに仲悪いの?って気持ちになる。

じゃあ府中本町はどうか。府中本町か・・・って感じである。まずあの駅の周りには競馬場くらいしかない。最近になってヨーカドーが潰れて中にラウンド1とチェーンの居酒屋が2件くらい入った程度で、基本的に遊びに行くところではない。二軒目行く?ってなったら確実に府中駅まで歩くことになるし。

そういや、飲んだ後にボーリング行く人って結構いるよな。俺は嫌いだ。まずボーリングがあんまり楽しいと思えないし、のみくいした後に動きたくない。でも、始発が動き出す頃になってもボーリングでハイタッチしてる若人がたくさんいて、はああ、元気なもんよのう、とジジイになった気持ちになる。

と、まあ、あのへん一帯はこんな感じであまり面白いことがなく、だったら最初から立川とか、ちょっと足を伸ばしてもう新宿渋谷池袋で良いよ。ということになるのだけど、それもこれもあの意味不明は駅の配置のせいだと思う。もっと駅がちゃんとしていれば、府中は立川かそれ以上にビッグに栄えていてもおかしくないと思う。

俺は東京に来てまだ日が浅いため、そのあたりの事情は知ったこっちゃないが、まあそういう面白くないのは置いといて。例えばこれが「A列車で行こう」とか「simcity」なんかのゲームであれば、俺は真っ先に近辺の土地を地上げしまくって、まあ、中央線は諦めるとしても、南武線・京王線・武蔵野線は連結させる。「スーパー府中分倍デラックス本町河原」みたいな駅にする。

ま、でもああいう感じのゲームは、地上げと建物の取り壊しに関わる費用がかなり現実よりも低く見積もられているので、そういうことができるんだよな。

逆に、そこらへんのリアリティを追求したマニアックなゲームがあってもいいと思う。たとえば、駅近辺の建物をクリックして取り壊そうとすると、「駅前再開発反対」「市税の無駄遣いを私達は許さない」などとシュプレヒコールをあげるプロ市民が市中を闊歩し、交通を妨害する、機動隊と衝突する、もしくは、頑固爺が登場して「俺はここを立ち退かん」とか言いだして市役所の用地課職員を困らせる、なぜか市長官邸が火事になる、などのイベントが起こる、とかね。

で、そういう時は「用地取得手続きをアウトソースする」とかいうボタンが表示され、それをクリックすると、結構高い金を取られるが、頻繁に対象の物件周辺に高級車が止まるようになったりして、いつの間にか地上げが成功しているとかいう救済措置があったりする、とかいうのも面白いと思う。

余談だが、余談ばっかりだが、「提督の決断」というゲームがあって、これが第二次世界大戦の日本海軍を題材にしたゲームなんだけど、このシリーズの初代作では、部隊の疲労度というパラメータがあって、こいつが溜まってくるとあまりよろしく無い効果が現れる。で、手っ取り早く疲労度を回復するオプションとして、「慰安」というのがあり、これを実行すると、旧日本帝国軍兵士が婦女子と肩を組んでいる絵が表示され、なぜか疲労が回復するという、道徳的・政治的にギリギリな仕様があった。他にも、「新型爆弾」というものが開発可能で、これを投入すると、攻撃対象の基地を一瞬で壊滅させることができる。

こんな感じでギリギリに攻めた結果、朝日新聞とか中国とかが激おこプンプン丸で結構問題になった。戦争関連のゲームではこういう点で批判を受けるケースが多く、たとえば日本産ソフト以外でも、スウェーデンの会社で開発されたHearts of Ironというゲームでも、中国が「史実にもとづいていない」などと激おこプンプン丸で騒いで国内販売を禁じたりしている。日本でもこのゲームは結構デリケートな扱いをしていて、海外版では日本の国家元首が「Hirohito」となっているのに対し、日本語版だと「大本営」と、人ですらない何かに変わっている。

ちなみに、Hearts of Ironでも原子爆弾の開発と運用が可能である。こっちはかなりリアリティあふれていて、仁科芳雄などの実在の人物を選択して素粒子の基礎理論から研究し、実験炉を建設して原子爆弾を制作するというなかなかとんでもないことができてしまう。提督の決断の「新型爆弾」よりもよっぽど問題だと思うんだけど、朝日新聞はなんにも言わないんだね。海外のゲームに関しては。日本の新聞社なのに日本人が嫌いなんだね。

まー、そんな感じ。電車の話から原爆開発まで読むことができるのはanoparaだけ!