家(一条のi-smart)の竣工検査に行ってきました

_DSC9289

_DSC9289
家の竣工検査に行ってきたので、写真をアップロードします。一条工務店でi-smartを検討されている方、参考にしてください。(←検索キーワード)

_DSC9357

ここはリビングすね。こだわったというほどでもないけど、調光器+角度調節型照明をつけて、良い感じに壁を照らしてくれるようにしました。壁紙はここの面だけレンガ調。これは、壁をタイル張りにしたかったのだけれども、予算の都合上出来なかったので、レンガ風壁紙でせめてもの抵抗をした。レンガ風壁紙安っぽくね?っていうか、他の壁紙と比べて浮くんじゃない?と思っていたが、完成して見てみるとそうでもない。良い感じだと思う。

_DSC9308

二階への階段。この階段の途中にある窓はデカイやつを付けよう、と決めていた。始めは、選べる窓のうち一番大きい、正方形のはめ殺しの窓にしていたんだが、手すりと干渉するかもしれないと言われ、一段小さいものにした。できあがって見てみると、あんまり干渉しそうにない。一番デカイ窓でも良かったと思う。

しかし、この手すりが嫌だ。なんか「親戚のオジさんの家」みたいな感じがする。手すりはたしか選べなかったと思う。後で記事にしたいと思うが、私は一条工務店のセンスがややおっさんぽくて好きじゃない。しかも、ほとんどの設備が施主支給不可。設備をメーカーと共同で開発したり、自社生産設備を持ってたり、そういうことをしてコストを下げているという仕組みになっているので、まあしょうがないこともあるんだけど、もうちょっとデザイナーに金かけても良いんじゃないかと思う。正直、i-smartという商品が無かったら一条で家を建てていなかったかも知れない。

一条工務店は、国産材を使った在来工法(木造軸組工法)を売りにしていたメーカーであるが、最近はツーバイ工法が主力になりつつある。一条工務店のラインナップの中でツーバイ工法を使っているのはi-cubeとi-smartの二つで、どちらも2x6工法になっている。もともと、ツーバイ住宅を一番造っていたのは三井ホームらしいが、最近、一条工務店がトップになったらしい。ほとんど広告を出さない一条工務店がトップって結構すごい事じゃないだろうか?

ツーバイというのは基本的には外材(SPF材)を使う。これは日本の高温多湿環境では腐りやすく、シロアリ被害にも遭いやすいという評判だが、一条工務店はこれを、防蟻防腐材を加圧注入することで80年以上?だかの耐久性を確保、とか言っていた。まあ、ヒノキでもシロアリ被害には遭うらしいし、腐りやすいという点に関しても、防腐剤の他に高気密性と計画換気がしっかりしてるところから考えてもそんなに結露しないと思う、ということで納得した。

_DSC9286

IH。ガスも良いんだけど、基本的にオール電化な仕様になっているので、わざわざガスを引くのが嫌だった。中華鍋が使えなくなるのがちょっと残念だけど、掃除が簡単というメリットがあるので良しとしましょう。

このほかにオールメタル対応のIHヒーターもあったのだけど、オールメタル対応のIHヒーターは結構電気を食うと聞いたのでやめた。オールメタル対応とそうでないものとの違いは、コイルに流す電流の周波数(≒磁界の切り替え周波数)の違いらしい。通常のIHは20kHz、オールメタルは90kHzとか。周波数って、電磁誘導による発熱でどういう風に効いてくるんだ?ごめん、電磁気学の成績悪かったから全然分からない。調べたら、マクスウェル方程式のうち、

\nabla \times \boldsymbol{E}= -\frac{\partial\boldsymbol{B}}{\partial t}

が渦電流に効いてくるらしい。ナブラの外積ってrotだよな。うーん。なんか渦電流っぽい。でも式の中に周波数無い。あるわけ無いか。あれ?違うな。マクスウェル方程式でrotになってるから、渦電流が出ました。で、渦電流だから、rotだから、回転だから、ってことで、つまり電気抵抗は交流回路のインピーダンスとして計算できるのか?つまり、

Z = {\rm j}\omega L

がそのまま適用できるので、ωを増やせば抵抗が増える、抵抗が増えれば発熱が増える、ってことじゃない!?どう?合ってる?このあたりがソフト屋の限界なので、あとは専門家に任せます。

_DSC9288

これがリモコン類ですね。左から時計回りに、太陽光発電制御用パネル、全館床暖房設定パネル、エコキュート(ヒートポンプ式給湯器)のリモコン、インターホンです。

太陽光発電制御用パネルを見たら、まあ、ちゃんと発電してるみたいだった。昨日は雨で、見たときは4時くらいだったけれども、それでもたしか0.14kWくらい発電してた。全館床暖房は、標準装備です。トイレや風呂も全て床暖房です。ヒートショックで死ぬ人と、交通事故で死ぬ人の数は同じ!ということをいろんなところで聞く。もしそれが本当ならば、健康に暮らすためにはそれくらいやっても良いのかも知れない。

エコキュートは標準で付いてくるタイプだと水圧がかなり弱かった。宿泊体験で体感。で、高圧タイプ、というものにした。標準タイプだとパナソニックのエコキュートが付くらしいが、高圧タイプだと三菱のエコキュートになるようだ。これは良い。パナソニックのエコキュートだと正直、「パナソニックか・・・」って感じだけど、三菱だと「三菱か!」って感じになる。カメラとかエアコンとか、非エレクトロニクスの技術が多く要求されるような製品はパナソニックあんまり信用してない。

インターホンはパナソニックですね。一条はパナソニック製品の採用率が高い気がする。

_DSC9302

風呂です。最近、i-smartの風呂の仕様が変わって、「スマートバス」というのが採用できるようになったみたいです。私の風呂は旧仕様の風呂とスマートバスの過渡期に当たるようで、スマートバスで採用されている(らしい)このアクリル人造大理石浴槽と、LEDダウンライトだけが装備されていて、あとは旧仕様ってかんじになってます。

_DSC9305

トイレはこだわりました。以前、どこかの飲み屋に行ったときにこのトイレがあり、デザインとか座り心地がすごい良かったので新居のトイレはこれにしようと決めていました。パナソニックの「アラウーノ」です。先ほど、「餅は餅屋だ」という旨の記述をしましたが、これに関しては別です。それほどこの便器が気に入った。同じ痔持ちの友達が、「TOTOにしないとは何事だ」と言っていたが、このトイレもすごく良いんです。

一応、アラウーノの売りは、その名の通り、洗浄水に洗剤を混ぜて放出することによって、毎回水を流すたびに掃除してくれる、みたいな点だそうで。でもたぶん、この機能、使わない気がする・・・。アラウーノ買ったくせに洗う機能使わない。洗剤が安かったら使うかも。

_DSC9312

_DSC9313

寝室です。壁紙をこちらも一面だけ緑にしました。嫁さんの希望。

奧はウォークインクローゼット。その中にさらに扉が見えると思いますが、これはロスガードですね。ロスガードは「セントラル熱交換システム」と紹介されているみたい。2003年あたりに建築基準法が改正されて、新築住宅は全て24時間換気システムを備えなければならなくなりました。これが、まあほとんどの皆さんご存じでしょうけど、冬寒いし夏暑いんだ。もし2003年以降に建てられ家・アパート・マンションであるならば、なんか部屋に換気扇とか換気口とかついてると思う。換気扇部分から外の音が結構入ってくるし。

それを一挙に解決したのがロスガードで、こいつは外気と内気を熱交換するようになってるので、冬は暖かさを、夏は冷たさを逃さないようにする。あとは、換気扇を付けるタイプ(第3種換気システム)に比べて、家の中と外との間に気圧差ができないという特長もある。室内が負圧だと外気が家の中に流入しやすくなって冷暖房効率が落ちる。室内が陽圧だと、湿気た空気が壁の中に浸透してかびたり腐ったりする原因になる。

ロスガードのデメリットは、音と電気代。電気代は月800円くらいかかるらしい。でも冷暖房効率が向上するからある程度はペイできるんじゃないかと思っている。音は、ネットをみてると気になるという意見が多いので、どんなモンなのかと気になってた。結論から言うと、気になる。私の今のアパートは中央道のそばに面していて、すごく窓を開けるとうるさい。それでも、窓を開けながら寝れる程度には、音に鈍感なのであるが、それでも私はちょっと気になる感じの音だった。

ロスガードの音自体はとても小さくて、空気清浄機の静音モードよりも小さいくらいだと思う。それでも気になるのは、室内が静かすぎるから。一条の家は高気密住宅なので、開口部が極端に少ない。このため、外の音がほとんど聞こえない。その代わりにロスガードの音が気になってしまう。まあ、慣れれば気にならないと思うが、寝室にロスガードを配置するのは止めた方が良いと思う。うちはウォークインクローゼットの扉を一枚はさんでいるので、ややマシになっているが、これが寝室にあるとやっぱちょっと気になる。

_DSC9310

ウォークインクローゼットの棚の上に、TVのアンテナ線、光ファイバー引き込み口、LAN、各部屋に通ずる配管を一挙に設置して貰った。将来的に、ウォークインクローゼットの中を簡易サーバールームみたいにしたいと思う。録画サーバーを置いたりとか。将来的にはこのブログもRISC系のCPUを積んだホームサーバーに移行させたい。

竣工検査では、なんかあら探ししようと思い、動かせるところは全部動かしたりしたのだけど、ほとんど問題なし。壁紙がいくつか剥がれかかっているようなところがあったが、営業さんが「私は修復のプロですから」と、壁紙用コーキング剤を取り出してきて、ちょちょっと塗り、その場で修復してしまった。あとは、ロスガードが入っている扉のフタについている小さなかんぬきの取り付け位置が悪く、ちゃんと閉まらなかったくらい。

実は、外構工事を今の時点まで何も計画していなかった。インドとか行ってたしね。それで、営業さんが外構業者を呼んでいて簡単に打ち合わせをした。普通の外構予算の半額以下くらいしかないのだけど、普通の外構以上のことをやってくれ、しかもカーポートまで建ててくれると言うことなので二つ返事で了承。「俺はもう予算聞いて帰ろうと思ったけどよー、営業の○○さんの頼みとなっちゃ断れないしよー」と言っていた。すまんね。

家の嫁さんは隣の家のポストを指し、「機能門柱建てるって言ってましたけど、機能門柱ってこういうのですよね?なんか素っ気ないっていうか・・・」みたいな事を言った。「俺も職人だからなあ。素っ気ないって言われたらちゃんとした門柱作るしか無いじゃないか」などと言い、なんとコンクリートブロック積んで、ジョリパット(珪藻土とかカラーモルタルみたいな塗料)塗って仕上げてくれるそうだ。俺は申し訳なくてそこまで言えなかったんだが、言ってみるもんだな。

その他、フェンスを付け、黒土を運んでくれ、家の脇に砂利を撒くのも含めてくれるそうだ。で、支払う額は普通の値段の半額近いと思う。しかも一括で払うがキツイ、と言ったら2ヶ月分割+ボーナス払いで良いとか。なんて良い人なんだ。正直、最初は金が無いので砂利を敷くくらいでごまかそうと思っていたのだけど、ここまで完璧な家に仕上がるとは思ってなかった。

まあ、どちらにせよ今のところ土留めがないので、雨が降ると隣地に泥が流れていく状態であって、早めに施工しなければならなかったというのもあるんだけどね。

2件のコメント

  1. 馬場 より:

    こんにちは。
    にどめまして、馬場と申します。
    メッセージを送ってから、こんにちはと書いてというメッセージに気づき、再送する為、にどめましてになっています・・・

    一条の情報収集をしている際に、このブログに辿りつき、以後、楽しく拝見しております。

    今回は外構の事で詳細を教えて頂きたく連絡しました。

    うちも、最近、外構の話になったのですが、見積作成を依頼してから、ソイルセメント、水道本管取出し工事の大幅な追加料金発生、電気の配線をつなぐ柱を建てないと無理等の想定外の予算追加がかさみ、オプション、外構の予算まで仕訳しないと厳しい状況になりまして・・・
    考えている外構の内容も、近いような気がして連絡した次第であります。

    現段階では、簡易門柱、アプローチまでのコンクリ、防草シート、砂利撒きで簡単に見積提示があったのですが70万位と言われました。

    withpopさんの外構の詳細を出来れば教えて欲しく、連絡致しました。
    お時間がある時に返信頂けると嬉しいです。
    宜しくお願い致します。

    1. withpop より:

      こんにちは。コメントありがとうございます。
      文字チェックの件、お手数おかけしました。
      スパムが大量に投稿されることへの対策上、どうしても入れる必要がありました。

      ソイルセメント、かなり痛い出費ですよね。
      我が家の予算計画もソイルセメントの所為で吹っ飛びました。だからといってやらないわけにも行かないので泣く泣く了承しましたが。水道管工事も場合によってはかなり掛かると聞きますので、心境お察しします。

      私が調べたり見積もりを取ったりした限りでは、その内容で70万だと妥当かな?という印象を受けます。(我が家と同じ30坪くらいと家が建つ土地と仮定して)

      私のうちの外構工事は、

      コンクリート土間(駐車2.5台分くらいの面積)
      ブロック積み門柱 1.5m×1.7mくらい
      敷地を囲む柵(よくある網状の安いもの) 20mくらい?
      土留め 40cm×6mくらい
      玄関への階段3段+2段
      以上で60万円

      カーポート1台用 施工費込12万

      裏庭から泥の搬出&黒土の搬入 30平米くらい? 13万

      以上のような感じであったと記憶しています。
      改めて書いてみると安いですね…。

      この外構工事業者さんは一条の営業さんが付き合いの深い業者さんであるということで紹介して頂きました。最悪、駐車場以外はすべてDIYするつもりだったので助かりました。

      一度、一条の営業さんに外構工事を安く済ませたいと相談してみてはいかがでしょうか。もしかしたらうまいこと話を通してくれるかもしれません。

      また、東京多摩エリアにお住まいでしたら、私がお願いした外構業者を直接ご紹介することもできます。

ただいまコメントは受け付けていません。