インド出発への準備、大体完了

IMG_0961

インド出発への準備が大体整いました。
明日出発ですが、今日までほとんど準備してきませんでした。
仕事が忙しいし、めんどい。忘れ物があったら現地調達、の精神で行こうと思う。

とりあえずインドに持って行く本の紹介をします。

IMG_0961

「火星の人類学者」です。これは昔読んだが、1回しか読んでなかったのでもう一度読みたい。脳神経科医として著名なオリヴァー・サックス氏が診察した患者のうち、特に奇妙な病態を持つ7人の患者を紹介している。「妻を帽子と間違えた男」もオススメ。脳みその謎は、我々一般人が思っているよりもずっと深淵まで続いていて、しかも、より重要な事実として、その道がかなり解明されつつあるということである。
人間の心理、思考、知性といったものは、まるで電気回路のようにモジュールに別れ、単純な物理現象へと細分化されるのがうかがい知れる。

IMG_0959

魔女の宅急便。表紙がやたら今風なタッチの絵になってる。これは小説と言うよりは児童書である。

私は意外と児童書が好きで、星の王子様とかムーミンとか、結構読んでいた。児童書の面白いところは、いかに簡潔な表現で複雑な心情を子供に伝えるか、というところにあると思う。

じゃあなぜ魔女の宅急便かというと、最近、魔女の宅急便を見たからだ。娘は、「となりのトトロ」は大好きで、キャーキャー叫んで喜ぶが、やっぱり魔女の宅急便は見ない。小学生くらいにならないと分からないだろう。

で、大人になってからまた魔女の宅急便を見返すと、ものすごい良くできていることに気付く。まず、アニメーションの出来が素晴らしい。ジブリ作品はたいていそうだが、動物の動きがリアルである。ジジが窓から屋根に飛び降りるとき、下を覗いて少しためらうようなそぶりを見せる。ああいう仕草は本物の猫そのもので、猫を実際に飼っている人が描かないとあそこまでリアルな動きは表現できないだろう。キキがほうきに乗って飛ぶシーンも良くできてる。まるでほうきが意志の持った生物であるかのように生き生きと感じられる。

そして何よりも、ストーリーが素晴らしい。最初から最後までテンポ良く、飽きが来ないし、少女が期待から失望を経て、少しずつ成長していく様をすごくよく描けている。ストーリーの中の全ての要素が上手くつながっていて、必要十分な位置に落ち着いている。不要なものも、余分なものも無い。

また、宮崎作品にしては珍しく終わり方がしっかりしているのも良い。これは、原作があるという事も関係しているだろうが。

帯にも描かれているように、14年度に実写映画化するらしい。はっきり言って、こっちは全然期待していない。
「魔女の宅急便」は、当然であるが、少女がほうきに乗って飛び回る話である。それに喋る黒猫が付いていくのである。ほうきに乗って飛び回る少女と喋る黒猫を実写化できるわけがない。

日本でこんな映画を作ったら、チンケな映像制作技術で作るのであら探しの映画になってしまうし、ハリウッドで作ったら特段かわいげもない女がほうきでぶっ飛び回るアクション映画でハリーポッターの二番煎じみたいになるだろう。アングロサクソンに日本人の心が分かる訳がない。

IMG_0962

さてこっちは全く対照的な小説。「Trainspotting」である。映画がとても有名で、こちらにも原作がある。

私は映画のTrainspottingが大好きである。何十回も見た。一番好きな映画は2001年宇宙の旅だが、これは疲れているときに見ると強烈な催眠映画となるので、見た回数で言えばTrainspottingの方が多いと思う。

Trainspottingの何が面白いかというと、登場人物の強烈な個性だろう。中でもベグビーのやんちゃっぷりが群を抜いて酷い。すぐに人を殴る。ナイフを出す。一番好きな登場人物はスパッドだ。映画の中でスパッドが報われる唯一のシーンが、ロッカーから金を持ち出すラストシーンだから。その他は酷い扱いである。

Trainspottingもかなり凝った撮影をしていると思う。これもいわゆる低予算映画であるが、どうやって撮影したのか分からないような、凝った映像が随所に見られる。たとえば注射器の中に血が逆流したのち、薬剤が押し込まれていく様子とかね。今だったら小型のカメラで撮影出来そうだが、当時、どうやって撮影したのだろう。でっかい注射器を作ったのかな。

IMG_0958

最後は勉強の本。最近、ソフトウェア開発が何だかよくわからなくなってきたので一度リセットしたい。

本は以上。次は、Walkmanに入れた音楽でも書いてみる。

aiko - カブトムシ
aiko - 熱
aiko - 彼の落書き
Amiel - Lovesong(original version)
ASA-CHANG&巡礼 - 花
Avril Lavigne - Alice (Extended Version)
Avril Lavigne - Girlfriend
Avril Lavigne - What The Hell
BEAT CRUSADERS - JAPANESE GIRL
BRAHMAN - arrival time
BRAHMAN - ROOTS OF TREE
capsule - fashion fashion
capsule - dreamin dreamin
capsule - FRUITS CLiPPER
capsule - jelly (album-edit)
capsule - Lounge Designers Killer
capsule - Sound of Silence
capsule - Starry Sky
capsule - Sugarless GiRL
Capsule - Super Scooter Happy
capsule - twinkle twinkle poppp!
capsule - カクレンボ
capsule - グライダー
capsule - さくら
capsule - サムライロジック
Capsule - レトロメモリー
capsule - 花火
capsule - 写真
CAPTAIN HEDGE HOG - MELODY
CAPTAIN HEDGE HOG - MONDAY JUNCTION
Cocco - Raining
Col - 商店街ノスタルジカ
Crystal Kay - 恋におちたら
Cubismo Grafico - Ave Maria
CUBISMO GRAFICO - Ave Maria
Cubismo Grafico - Blissful
Cubismo Grafico - Blissful
Cubismo Grafico - Jamaica Song (Fukutomi Yukihiro Remix)
Cubismo Grafico - Moon Is Yours
Cubismo Grafico - Moon IS Yours -Solgum 59 Remix-
CUBISMO GRAFICO FIVE - Jamaica Song
FreeTEMPO - MELODY feat.Cana(I-dep)
H.Oshima feat. Haruka Shimotsuki - geotaxis
H.Oshima feat. Haruka Shimotsuki - Seihitsu no Kanata
HALCALI - ENDLESS NIGHT feat. Bose from Schadaraparr
HALCALI - Flash
HALCALI - It's PARTY TIME!
HALCALI - Long Kiss Good Bye
HALCALI - LOOK~Special Edition~
HALCALI - Tip Taps Tip
HALCALI - ストロベリーチップス
HALCALI - 今日の私はキゲンがいい
HALCALI - 今夜はブギー・バック
HATE HONEY - blueberry motel
HATE HONEY - Can't Take My Eyes Off Of You
HATE HONEY - summer snow
HATE HONEY - 鐘の音は南へ
HATE HONEY - 深い灰色の彼女のうた
HATE HONEY - 風のない夜
hicalculator - Fightitout-re rec
Hirano Aya - God knows...
HUSKING BEE - Day Break
HUSKING BEE - オーバーラップワルツ
HUSKING BEE - 欠けボタンの浜
JaccaPoP - 21th century girl
JaccaPoP - チェルシー
Lou Reed - Perfect Day
marino - てんとう虫とチューリップ
MEG - BEAUTIFUL
meg - dreamin dreamin
meg - GIRLY STEP
meg - LOVE LETTER
MEG - MAGIC
MEG - MOSHIMO
MEG - PRECIOUS
MEG - PRISM BOY
meg - ROMANTIKA
m-flo - love comes and goes
m-flo - she loves the CREAM
m-flo loves BENNIE K - Taste Your Stuff
MOLMOTT - Summer Riot
MOLMOTT + S - 01 - 月灯り ~Single Editon~
Motocompo - DETECTIVE
moumoon - Chu Chu
moumoon - 青い月とアンビバレンスな愛
moumoon - 天国に一番遠い場所
MR.ORANGE - SHARKS AND PUNKS
NEVER GOOD ENOUGH - Human Relation
NEVER GOOD ENOUGH - Life is beautiful
NEVER GOOD ENOUGH - Sunny Day
NEVER GOOD ENOUGH - TOMORROW
noodles - Lessen 1
noodles - She
NUMBER GIRL - Iggy Pop Fan Club
NUMBER GIRL - NUM - HEAVYMETALLIC
NUMBER GIRL - NUM-AMI-DABUTZ
NUMBER GIRL - omoide in my head
NUMBER GIRL - TOKYO FREEZE
OMODAKA - Cantata No.147
OMODAKA - Hietsuki Bushi
OMODAKA - KYOTEIZINC (video mix)
OMODAKA - YOSAWYA-SAN
PENPALS - BOYS & GIRLS
PENPALS - TELL ME WHY
POLYSICS - COMPUTER Obaa-chan
POLYSICS - I My Me Mine
Polysics - N.O.(Nord Ost)[performed by POLYSICS]
polysics - コンピュータおばあちゃん
POLYSICS - ドモアリガトミスターロボット
popcatcher - 0106
popcatcher - 14 summer
popcatcher - feb.
popcatcher - poikilotherms
popcatcher - turning Around Alone
popcatcher - Wait Wait Wait
popcatcher - ヒグラシ
popcatcher - 電気じかけのユウウツ
popcatcher - 風灰
Susumu Hirasawa - Parade パレード
The Chemical Brothers - Star Guitar
THE MAD CAPSULE MARKETS - all The Time In Sunny Beach
THE MAD CAPSULE MARKETS - GOVERNMENT WALL
THE MAD CAPSULE MARKETS - HUMANITY
Underworld - Born Slippy
V.A - DON'T STAND SO CLOSE TO ME(popcatcher)
V.A - 今ははるか(dr.snufkin)
VARIOUSARTINTS - 05.WHEN YOU WISH UPON A STAR
VARIOUSARTINTS - 11.GO THE DISTANCE
Yukari Fresh - 17.1-4
Yukari Fresh - Lost and Found
YUKARI FRESH - Raymond
Yukari Fresh - Raymond
Yukari Fresh - Rockin' Off
Yukari Fresh - TREFOILS HAT -vs Miniflex-
くるり - ARMY
くるり - Baby I Love You
くるり - GO BACK TO CHINA
くるり - GUILTY
くるり - PEARL RIVER
くるり - WORLD'S END SUPERNOVA -Mix "Ma
くるり - カレーの歌
くるり - シャツを洗えば
くるり - ハイウェイ
くるり - ピアノガール
くるり - ランチ
くるり - リバー
くるり - ワンダーフォーゲル
くるり - ワンダーフォーゲル
くるり - 魂のゆくえ
くるり - 砂の星
くるり - 宿はなし
くるり - 静かの海
くるり - 男の子と女の子
くるり - 魔法のじゅうたん
ジッタリン・ジン - 夏祭り
スピッツ - 夏の魔物
ロリータ18号 - VIDEO KILLED THE RADIO STAR
小島 麻由美 - 13-夏の魔物
椎名林檎 - 幸福論
電気GROOVE - N.O.
電気GROOVE - Shangri-La
電気グルーヴ - Cafe de 鬼 (顔と科学)
電気グルーヴ - N.O.(Nord Ost)
電気グルーヴ - Popcorn
電気グルーヴ - どんだけ the ジャイアント
電気グルーヴ - 愛のクライネメロディー
電気グルーヴ - 少年ヤング (Movie Mix)
電気グルーヴ - 誰だ! (Radio Edit)
電気グルーヴ - 猫夏

古い曲ばっかり。また、aikoから始まったと思えばすぐにASA-CHANG&巡礼になり、MEGとかcapsuleとかでピコピコ系で攻めてると思いきや、急にロリータ18号やTHE MAD CAPSULE MARKETSになり、最終的にまたスピッツとか椎名林檎とかに落ち着いたと思ったら、電気グルーブのシャングリラで締めくくられる。

上手く言えないけど、たとえば、それなりに良いホテルに泊まって、夕食でこういう感じの料理がフルコースで出てきたら、俺はブチ切れるよね。