最近の我が家の建築過程(基礎完成)

1003884_186556944842807_1323694753_n

上記は先週行ったときの写真。基礎ができあがっていた。

一区画だけ水が溜まっているところがありますね。これは何でしょう。分からん。雨は降ってなかったので、導水のチェックをしたのかな。

ステンレスとか鉄とか塩ビのパイプで水道を配管するんだと思っていたんですが、ホースですね。水色が水、オレンジがお湯の配管でしょう。断熱材も巻いてありました。

水が溜まっている区画は、風呂が入るところです。写真だとわかりにくいですが、基礎の一部に発泡スチロールみたいなものがはめ込まれていますね。普通、ここは点検口として接続されているべきだと思うのですが、どういう事なんだろう。風呂に関しては断熱性を高めるために発泡スチロールみたいなものをはめ込んでいて、かつ、点検するときはすぐに外すことができる、という事なんだろうか。分からん。

木の色が変なのは、防腐・防蟻(シロアリ被害防止)処理をしているからです。防腐剤・防蟻剤を木材に加圧注入しているそうです。普通は塗るだけですが、もちろん、加圧注入したほうが効果は高く、経年劣化もほとんど無いそうです。

ちょうどこの頃、一条工務店から「基礎工事報告書」が送られてきていました。内容は、作業の過程で確認したポイントと、エビデンスとしての写真が併記されたものでした。結構細かく書いています。私の目にとまった確認項目を列挙してみたいと思います。

  • 柱状改良工事(ソイルセメント)の太さと本数が規定通りかどうか確認した
  • 基礎の下の砕石の厚みが規定通りか確認した
  • 基礎の下の防湿シートの重なり部分の長さが規定通りか確認した
  • 基礎配筋の間隔が規定通りか確認した
  • 基礎配筋のコーナー部分に補強がされていることを確認した
  • 鉄筋と地盤面との距離が規定通りであることを確認した
  • アンカーボルトを設置した
  • 内土間の基礎の下に断熱を施した
  • 水抜き穴に防蟻処理を施した
  • 道路を清掃した

ソイルセメントの太さと本数が規定通りかどうかなんて、規定通りであることが当たり前だろ!!って思いますが、それをやっていない業者も居るというのを、とあるブログで見ました。恐ろしいですな。
配筋の間隔、コーナー部分の補強、鉄筋と地盤面の距離なんかは非常に重要な箇所です。鉄筋を包むコンクリの厚さ(かぶり厚さ)が薄いと、コンクリにヒビが入ったときにヒビから水が進入して中の配筋をさび付かせる危険性があるからです。さび付いてしまうと鉄筋コンクリートはかなりもろくなってしまいます。一条工務店は、建築基準法で定められたかぶり厚さよりもさらに数cm厚い厚さで施工しているという話を聞いたことがあります。

アンカーボルトというのも、これも数年前に導入された仕様らしいですね。普通、家は基礎の上にただ乗っているだけだそうで、特に基礎と家本体を結びつける何かがあるわけではないそうで。アンカーボルトというのは、基礎と家本体(の土台)をつなぎ止めておくためのもの。これがあったからこそ、東日本大震災のとき、津波が来ても家が流されるのを免れた、という一条工務店が建てた家があったそうで。

内土間の基礎の下に断熱を施す、というのはかなりの手間だと思います。コンクリは断熱性が全然無いので、断熱層を設けたところで、他の部分から熱移動してしまうと思うんですがどうでしょうか。まあ、やらないよりはやった方が絶対に良いので、まあ、それほどまでに強いこだわりがある!と、好意的に解釈することとしましょう。