トトロの「ようこちゃん」

DSC_7771

すごく興味深い話がある。

原典は、石川元 「精神科治療学」 23巻2号 p.136。この話を私は、「Dr 林のこころと脳の相談室」で知った。概要を書こう。

あなたは、「となりのトトロ」に出てくる、「ようこちゃん」を知っているだろうか?

IMG_0845

私はこの話を見るまで誰だか分からなかった。じゃあ、「みっちゃん」はどうだろうか?みっちゃんは分かる人も居るかも知れない。

この話は、ある発達障害児に関するエピソード。その子はトトロが大好きで、日に3、4回は再生を要求してきたという。中でもお気に入りのキャラクターが「ようこちゃん」で、いつも「トトロのようこちゃんが・・・」と母親に話していた。母親は、「ようこちゃんなんて出ていないでしょ。サツキ、メイ、みっちゃんでしょ」と答えていた。

みっちゃんはサツキの友達だ。さーつきちゃーん、と呼ぶあの子である。呼ばれた後、父が「もう友達が出来たのかい?」とサツキに聞き、「うん、みっちゃんって言うの!」と答えるシーンがある。そこを入れても、物語を通じて2,3回しか「みっちゃん」の名前は出てこない。それを記憶しているほどに、また、母もトトロを何度も見ていた。それでも、ようこちゃんが誰だかは分からなかった。

じゃあ、ようこちゃんって誰なんだろうか。

それは後日、その子本人の口から明らかになる。物語終盤、メイが迷子になってサツキが探し回るシーンで、荷台を付けたバイクが前から走ってくる。それを見つけたサツキが「止まってください!!」と前に飛び出して半ば無理矢理にバイクを止め、「妹のメイを見ませんでしたか?」と聞く。すると、バイクを運転していた男性が、後ろの荷台に載っている女性に対し、「ようこちゃん、(女の子が歩いていることに)気がついた?」と問うのである。

ようこちゃんとはつまり、この、バイクの荷台に載っていた女性である。

これ、よくよく見返してみると本当にチョイ役で、「ようこちゃん気がついた?」というセリフ自体、やや早口に喋っているので、注意して聞いていないと本当に分からない。しかしながら、発達障害の子供というのは、他の子供が気付かないような事に気付き、それにかなりのこだわりを感じたりするらしい。特に、アスペルガー障害だとバイクや車などのメカニックなものに異常な執着を示したりすることがあるそう。

ここからは余談。こないだ、トトロを見ていたのだが、嫁さんに「トトロのようこちゃんの話したっけ?」と、この話をすると、「何が興味深いのか意味が分からない。ようこちゃんなんて誰でも知ってるでしょ?」と言っていた。

嫁さんはこの話を初めて聞いたと言っていたが、私は、以前この話を嫁さんにしたことがあったと思う。でもその話は忘れてしまっていて、ようこちゃんが誰かという情報だけが記憶に残っているんじゃないか。

まあ、うちの嫁さんはアニメには異常に詳しく、声優の名前とか声を聞いただけで当てるくらいなので、元々本当に知っていたのかもしれない。