みんなFacebook飽きました

IMG_0845

IMG_0845

「facebook 飽きた」という検索キーワードでアクセスしてくる人が結構いる。私も以前書いたとおり、facebook飽たというか、なんつうか、それほど思ってたより面白くない。

なぜ飽きたのか?面白くないのか?を冷静に分析しましたところ、つまるところ、私には友達がいないというシンプルな事実に突き当たりましたので、はいはい、良かったね。社交性が無いことの証だね。死ね。という結論に達しました。

しかしこれだけだと何ら建設的でないため、じゃあどうすればSNSがもっと面白くなるかを考えてみたい。

SNSが面白く無いのは、前述のとおり、友達がいないからである。友達がいないというのはつまり、いわゆるぼっちであるという事である。ぼっちにとって面白いSNSっていうのはどういうSNSなんだろう。SNSってのはSocial Netwoking Serviceの略であるから、つまり、社会的なつながりを提供するというところに責務があるのであり、ぼっちとはそもそも対極に位置するものである。この相反する、水と油のような存在をどうにか出来ないか。

私が小さい頃、家に小さなコケシがありました。

私の妹は、その小さなコケシを異様に怖がっていました。母親はそれを利用し、何か妹が駄々をこねたりしたとき、「いい加減にしないとボッチ人形がくるよ!!!」と脅かしていました。ボッチ人形とは、その小さなコケシのことです。すると妹は「ウギャー!やだー!ボッチ人形やだー!」と泣きわめいていました。

なぜ母親はコケシのことをボッチ人形と呼んでいたのだろう。なぜ妹はボッチ人形を恐れていたのだろう。よくよく考えてみると不思議なことばかりです…。

まあ、今回の件とは何も関係ないんだけどね。

で、考えてみると、私の個人的な意見としては、「友達」欄。あれ、要らない。もうな、お前らは何度同じ事を繰り返すねん。って思う。どういうことか説明いたしましょう。

その昔、携帯電話が流行りだした頃、お前ら、携帯電話のメモリを埋めるのに躍起になっただろ。

あれと同じだっ!あれにすごいデジャヴを感じるんだっ!

とりあえずメモリを埋めようと思って出前やってる食堂の番号とか一回も行ったこと無い美容室の番号とか入れたりしただろ。携帯電話を買ったそのときにな!ポケベル携帯の黎明期を過ごした人間なら誰しもが経験したことあるはずだっ!!

そんで、facebookやっても、数回しか会ったこと無い友達とか、友達の友達の友達とかくらいの希薄なつながりの友達とかでも、とりあえず名前知ってたら友達リクエストしたりするだろ。

あれと同じだ!何度お前らは同じ事を繰り返すんだ!

わかりやすく対応表を作ってやるからよくよく見やがれ!!

昔→今
ポケベルくらい持ってるべきだよねー → スマホくらい持ってるべきだよねー
携帯くらいもってるべきだよねー → facebookくらいやってるべきだよねー
携帯のメモリ埋まってるべきだよねー → 友達リストに100人は登録しとくべきだよねー
携帯に1日50回は着信があるべきだよねー → いいね!ボタンが100回は押されるべきだよねー
携帯に1日100件はメールがくるべきだよねー → いいね!だけじゃなくてコメントが100件はつくべきだよねー

どんだけお前らは見えっ張りなんだ!

あんなもんは自己主張の激しいウンコさんがやるべきものであって、ぼっちには友達リストなんて不要。要らない。いらないもんは消すべき。というか、わざわざ主張しなくても、自然につながっていうのが、本当の友達となんじゃないかな…。と、ぼっちが申しております。

同様にして、日記機能とか写真シェア機能とかも要らない。

日記とか写真シェアとかリア充がやるもんです。何チャラというイベントに行きました!誰某何某と某何某のお店で某国某銘柄の酒をのんだ!とか、何チャラというバンドの何チャラっていうイベントに行きました!とかいう経験が豊富なリア充向けの機能であって、ぼっちには不要。不要つうか拒否反応を起こすよな。従ってアレも要らない。

え?お前は日記書きまくってるだろって?嫌だなあ、だからこんなブログになってんじゃないすか。

友達機能もいらない。写真シェア機能もいらない。日記機能もいらない。じゃあ何が残るかというと・・・。あれかな・・・。「何分前にログインしました」って履歴くらいかな・・・。

日がな一日、その履歴をつぶさに観察して、「あ、今A子ログインした」「あ、今B男ログインした」とネットストーカーまがいのことをする。そんなSNS。

いや、ダメだな。例えぼっちでも面白くないな。もうさ、こうなったらいっそのことボッチ人形SNSとかはどうかな。

コケシを基調とした和風なデザインにして、血文字の日記が投稿できる。で、それを読み、なかなかの怨念っぷりだね、って思ったら藁人形アイコンを押すの。押された人には「呪」ポイントが溜まっていくの。それで、溜まったポイントに応じて、日本人形の髪の毛が伸びていくんだ。

100ポイント溜まったら、プロフィール画像が謎の手形でうめつくされるの。1000ポイント溜まったら、仏壇においてあるコップの水がなぜか減っていく。

そうやってクールジャパンっていうか、ボッチ人形ジャパン、みたいな感じで打ち出して文化的攻勢を仕掛けたらいいと思う。ボッチジャパンとかサッカーみたいじゃない?ボッチイレブン!みたいな。キックオフと同時に、全員が、各々自分の世界に浸り始めるの。いきなりスマホいじくりまわしたり、漫画読み始めたり、DVD借りてきたり、猫カフェ行ったり。そんな感じで負のパワーで世界を支配するっていうね。ソフトパワーっていうか、ボッチパワーっていうか。

それを積極的に外交に活用してもいいかもしれないよね。

パンダ外交みたいな感じで、ボッチ人形外交ってのはどうだろう?たとえば、海外で日本に対して厳しい態度を取る政権が誕生したら、親善の意味を込めて、人間の爪を埋め込んだコケシとか、勝手に髪が伸びる日本人形とかを山のように国家元首に贈りつけたらいい。

それで批判してきたら、「爪を埋め込むのは古来から、コケシが身代わりになって災いを受けてくれるという伝統的なもの」とか、「髪が伸びれば伸びるほどその年は豊作になると言い伝えられてきた」とかもっともらしいことを言っておけばよい。それでもまだ駄々をこねるようであれば、「あなた達は文化の多様性を認めないのか!」などと突っぱねれば良い。ここが難しいさじ加減であって、あまりにキチガイじみてるもの、たとえば、人の目玉をスプーンでくりぬいて「えいっ、えいっ、えいーっ!!」と放り投げ、黒目の部分が空を向けば豊作、とか、そういう文化だったら文化の多様性とか価値観とかそういう問題以前に、ただただキチガイ感しか残らないよね。そうではなくて、「爪をこけしに封入するんだ!!」とかいう、地味に脳髄に効いてくる、文化かと言われたら、まあ、そうなのかな?俺は金輪際ごめんだけど。みたいな絶妙なラインを責め続ける必要がある。

すると、その、反日本的な政権の元首は精神に異常をきたし、小便を失禁しながら「こけしがくる!ぼっちにんぎょうが く る !!!!」と叫び、わめき散らし、いずれ記者会見の席上で拳銃自殺するか、もしくは、完全に洗脳され、自ら進んで日本との不平等条約に調印するでしょう。

最終的にはこの負のエネルギーを使って発電とかできないかな。ぼっち10人を集めたら光を放って融合して、超臨界水ボイラー発電とかができるようにならないかな。