金縛りにあった

DSC_0740

DSC_0740

金縛りに遭いました。

金縛りの正体とは睡眠麻痺というやつで、寝起きで中途半端に覚醒状態にあり、筋肉の運動を指令する部分がまだ活動していない状態にあるとこうなるらしいです。

また、目は開いていてちゃんと見えてる・・・という状態にあっても、実はその見えている風景自体が夢であって、実際には目が閉じられているということがほとんどだそうで。私もこのパターンです。私はこれまで5~6回金縛りに遭いましたが、いずれも金縛り時の体験というのは不思議で面白いものが多いです。

私の場合はいつも大体決まったパターンの夢を見ています。それは、金縛りに遭い、ようやく金縛りが解けたと思って部屋から出ると、なにか普段とは違う明らかな異常があり、これはまだ夢だ。金縛りはまだ継続してるんだ、と理解した瞬間に、またベッドの上で金縛りに遭っている状態から再スタートするということを繰り返すのです。「普段とは違う明らかな異常」とは、たとえば、実家の部屋の窓から東京タワーと大都会が見えたり、(実家は田舎)夢の中に出てくる家族がおかしな事を喋ったり、時間が昼夜逆転していたりすることから分かります。

今日の金縛りはだいたい以下の様な感じでした。

1回目

金縛りを自覚する。思い切り力を入れるが、体の動きがすごく遅い。重い。なんとかベッドからはいだし、1階に行くとカーテンを閉め切っていて、嫁さんが子供をあやしている。が、なんだかテンションがおかしい。なんだか異様に興奮している。

嫁さんが私の肩を指さし、「『ぎよ』が肩から落ちてきてる!!」と騒ぎ立てる。ぎよ?と思って肩を見ると、なんとなく、白いピンポン球のような半透明のものが落ちていった気がした。

「ギヨって何?」と聞くと、「ぎよ!ぎよ!ぎよが落ちてる!」と話にならない。さらにしつこく聞くと、「Nさんが知ってる!!」と言っていた。Nさんは、うちの嫁さんが昔働いていた職場の同僚の人だ。ここまで聞いて、これは夢だな。まだ金縛りが継続しとるな。いつものパターンだ。と気付いた。

2回目

またベッドの上。思い切り力を入れるが、体の動きがすごく遅い。重い。なんとかベッドから転がり落ちて、1階に行くと、シャンデリアと古いテレビがあって、米国のアニメがやっていた。

20人くらいが座れるような長いテーブルがあり、綺麗なテーブルクロスと銀のスプーンとフォークが整列してある。その一番向こうで、嫁さんが娘をあやしながら私を睨み付けているのであり、それを見て私はまだ金縛りが続いていることを確信した。「あー、はいはい。どうせこれも夢だろ。お前らに用は無いからあっちにいけ」と、偽嫁と偽娘を追い払ったところでまたベッドの上に逆戻りした。

3回目

ベッドの上から這いずりだし、部屋から出た瞬間、これもまたダメだな。と思った。すごい広い空間になっていた。美術館みたいな感じだ。照明が何も無く真っ暗で、どのくらい広い部屋なのか検討もつかない。でも、音の反響具合や雰囲気の感じから、100m×100mくらいは優にありそうだ。

その中で、嫁さんと娘の笑い声だけが聞こえる。この声は現実の声らしい。その後ずっと聞こえ続ける。どこに居るのかは全く見えない。これも夢だな、と思いつつ、早く覚めたい一心で大声を叫ぶが、すぐにベッドの上に逆戻りさせられる。

4回目

無闇に歩き回るのはやめ、とりあえず体を動かそうとする。この、重いが、ゆっくりとは動く腕は、動いているように見えるが、どうせ夢だ。本当の体を動かすんだ。夢から覚めるんだ。と意識するが、上手くできない。ベッドから這い出したと思ったところで、またベッドの上に居る。

5回目

もはやどうにもならない。嫁さんを呼ぼうとする。が、声が出ない。声が出ないならば、せめてベッドから転がり落ちたり、もしくは、近くにあるものを投げたりすれば物音で気付くかも、と思うが、上手くいかない。半身起こしたところで、またベッドの上に仰向けになっている状態に戻る。

6回目

もはやどうにもならない。嫁さんを呼ぼうとする。が、声が出ない。声が出ないならば、せめてベッドから転がり落ちたり、もしくは、近くにあるものを投げたりすれば物音で気付くかも、と思うが、上手くいかない。半身起こしたところで、またベッドの上に仰向けになっている状態に戻る。

7回目

部屋の中がうす暗く、西日が入ってきている。寝始めたときは朝の10時くらいだったはず。夕方まで寝てしまったか?と思うが、そんなことはないはず。これも夢だ。夢ならどんだけ頑張っても無意味。目を閉じてリセット。

8~10回目くらい

右手だけ動いたり、声が出るようになったりするので、嫁さんを呼ぼうとなんとか頑張る。笑い声だけ聞こえる。

覚醒

ようやく右手が動き、現実の部屋っぽい感覚。布団の感触。やっと目覚めた。寝返りをうつ。「お父さん見に行こうか!?」という声が聞こえて、嫁さんと娘が二階に上がってくる。もうちょっと早く来ていれば、金縛り状態の私がどういうふうになっているかを確認して欲しかった。

以上。

昨日は飲み会でしたたか焼酎を飲んだので疲れていた。疲れると金縛りになりやすい。