地鎮祭をやりました

DSC_7629

DSC_7629

地鎮祭をやりました。これからやる人のために、参考になりそうなことを記しておきます。と、言っても、ほとんどハウスメーカーさんのほうでやってくれるのですが・・・。

段取りはハウスメーカー(一条工務店)がすべてやってくれました。おそらく、大手ハウスメーカーに頼んでいればすべてやってくれると思います。

用意した物は、神主さんに渡す玉串料(初穂料)のみ。金額はX万円と明確に指定されました。だいたい3~5万とからしいです。これも、神事と言えども幾ら包めば良いのかちゃんと確認したほうが良いようで。

また、ネットで調べるとハウスメーカーの営業さんや現場監督さんに渡すためのご祝儀とか、心付けが必要などと書いてあるサイトもありましたが、用意しませんでした。その人個人や社の方針によって、受け取らない主義としているところがある、などと聞いています。一方、ご祝儀(心付け)が必要かどうか聞いてみたら金額まで指定された、なんて話もありました。

私は聞くこと自体失礼な気がして聞いてません。だって、ご祝儀や心付けって気持ちの問題だろうと思うので。そして私は、払ってる余裕がないので感謝の気持ちとして感謝パワーを手のひらから放出させて祈っておることにしました。

服装はチノパンにポロシャツ。これも検索して調べました。ちゃんと正装をしろ、と、書いてあるところもありましたが、大多数があまりラフな格好でなければOK、と書いてありました。ちなみにハウスメーカーの方々は作業着。

私が思うに、特にハウスメーカーなんかは普通の企業なわけです。普通の企業で心付けが必要とか、客に正装しろとか細かい事を言うところがありますか?無いでしょう。神主さんに対してだって、今はどこの神社に行っても「ご祈祷料XXXX円をお納め下さい」みたいなことが書いてあると思う。つまりいずれの場合も純粋なビジネス。そんなに形に拘る必要は無いと思うし、実際、そういう雰囲気でした。

地鎮祭の流れについては諸派あるようですが、神主さんがすべて丁寧に説明してくれますので、全く心配ないと思います。失敗しても構いませんので、と言われました。気持ちが大事なんだと思います。

DSC_7628

この、写真右の鎮め物、というのは基礎の下に埋めるそうです。写真左のもの、これなんて言うんだろう?お札で良いのかな・・・。まあ、とにかくこれは屋根裏に置いておくそうです。屋根裏に扇子とかこの木のお札とかを置いておくのをたまに見ますが、これ、地鎮祭で貰うんだね。

ちなみに、鎮め物の中には、剣、盾、人型、お金(古銭みたいな形のもの)などが入っているそうで。いずれも銅板?みたいな材質でした。私は実物を見ていないですが、ネットで探すといくつか画像が出てきます。

あとはお供え物一式と、今住んでいる家に貼っておくお札を貰いました。「工事中に出てきた災いが現在の住居に降りかからないようにするもの」だそうです。

地鎮祭終了後の挨拶回りは特にしませんでした。というか、ほとんど入居していないです。引っ越し前後あたりでいいかな、と思います。正直面倒。

ここは計10棟くらいが立つ分譲地になっているのですが、注文住宅を建てているのは私のところを含め3棟だけみたいでした。残りは全て建売。とりあえず分譲地で売り出して売れ残ったところは建売にする、ってのがお決まりのパターンのようで。私のところ以外は全部家が建っていました。同じ職場の人で、この近辺に住んでいる人がいるのですが、「お前の家まだ建ってないだろ。奧からX番目だろ」と言われます。

地鎮祭終了後、近所のオジさんがやってきて少し話をしました。我が家の隣の家はもうすでに入居しているそうで、我が家と同じくらいの年の娘さんがいるそうです。オジさんも良い人そうで安心。
「ハクビシンか狸が居るんだよな。排水溝にフンがあるだろ」と言っているので見てみると、確かにウンコが。うーん、住むならこういうところがやっぱ良いよね。狸も出てこないような都会に住んでたら心が荒む。

「一条工務店で建てるんだ。良いところで建てるねー」と言われました。嫁さんは「一条工務店ってそんなに良いところなの?」と言っていました。まあ、良いところだからこそ一条工務店で建てようと決めたんで、良いところに決まってます。

まあ、「良いところ」って、簡単にいえば良い値段するところ、って意味なんでしょうけど。あくまで私感なので参考にならないと思いますが、確かに一条工務店は値段だけ見たら高い気がします。でもそれは最近のローコストメーカーと比較するからのような気がする。コストパフォーマンスはすごく良い。

小さくても良いから、高性能な家を建てよう、という思想で望んだのですが、いざウチよりもデカイ家を見るとなんか悔しいですね。でもしょうがないです。そもそも土地が高いんだもの。俺まだ28歳で貯金もあんまり無いんだもん。背伸びしてもしょうがないので諦める。

DSC_7645

おまけ。娘。最近、雑草をいじっていることが多い。