橋本大阪市長はそこいらのおじさんか?

橋本大阪市長兼日本維新の会共同代表が、従軍慰安婦問題について口を挟んでから方々で批判されている。

橋下氏発言「言語道断で侮辱的」米国務省報道官(yomiuri online)


この騒動は、下村文部科学相の以下の一言にすべてが凝縮されている気がする。

橋下氏「慰安婦必要」発言、閣僚から批判相次ぐ(yomiuri online)

下村文部科学相も「橋下氏の発言はタイミングが非常に悪い。あえてこの発言をする意味があるのか」と指摘。橋下氏が沖縄の在日米軍幹部に風俗業の活用を働きかけたことについても、「その辺のおじさんではない。党の代表としての発言としてはいかがなものか」と述べた。

「その辺のおじさんではない」、まさにそのとおりである。以下に主要な発言がまとまっている。

子どもに過激すぎ…橋下発言、学校現場にも波紋(yomiuri online)

それぞれの発言を考えてみたい。

「あれだけの銃弾の飛び交う場で、命かけて走って行く時に、そんな猛者集団、精神的に高ぶる集団を、やっぱりどこまで急速じゃないけど、そういうことをさせてあげようと思ったら、慰安婦制度、必要なのはわかるわけです」

第二次世界大戦では、日本に限らず、各国軍ともにいわゆる慰安婦を利用していた。Wikipediaだけど、ソースが豊富で良くまとまってるので、これを一読してみるといいかもしれない。

慰安婦

「必要なのはわかるわけです」、といっているが、それは当時必要悪だったという事を言いたいのかな?と思う。でも、

「海兵隊のあんな猛者の性的なエネルギーをきちんとコントロールできてないじゃないですか。建前論じゃなくて、もっと風俗業を活用してくださいと(沖縄の在日米軍幹部に)言った」

「米軍に進言したのは、きちんと米兵の性的エネルギーをコントロールして欲しいということ。これは時代を超えて、軍のオペレーションの最大の課題」

といっているので、おそらく氏は現代も慰安婦か、すくなくとも、それに準じたものを利用するべきであるとは考えているようだ。

まあ、在日米軍に所属する人が、個人的に日本の風俗業を利用することに対しては、別に問題ないと思う。風俗産業業界がビジネスとして、「性的エネルギーをコントロールしましょう」という営業文句で米兵を呼び込み、それでお金がまわっていくこと自体に何ら悪いところはないし(法律に従っている限り)、だれに止める権利があるわけでもないだろう。

というか、沖縄に旅行に行ったときは、普通に利用してるのを見たので、わざわざ言われなくても活用してる気がする。ただ、米軍の猛者に性的なエネルギーがある程度あって、それが日本の風俗産業で発散されているというのは、まあ事実といって差し支えないかな、と思う。

事実かもしれないが、それが何かのプラスになると科学的論理的に立証されたわけでもないし、わざわざ道徳のグレーゾーンをかき回して何が目的なんだろう?

でも、それでなぜ性的エネルギーがコントロール出来ると思うのだろう?全然科学的じゃない。

米軍を二つのグループに分けて、片方は風俗に行かせる、片方には風俗禁止令を出す、という条件下で長期的な性犯罪傾向を観察して有意な差があった、とかなら分かる。でもそんなことやったこと無いだろう?やったこと無いだろうし、やること自体バカバカしすぎる。

そもそも、「米兵の性的エネルギーをコントロールして欲しい」などと、さも米軍が常にエロいことを考えているかのような言い方も大変失礼だと思う。米兵は怒って良いと思う。たしかに男はエロいやつが多いとは思うが、全員が全員常にエロいことを考えているわけではない。なめとんのか?馬鹿にしとんのか?

しかも、「最大の課題」は言い過ぎだろう。軍のオペレーションの最大の課題は、平時に演習を繰り返し、有事に確実に戦略目標を達成することでしょう。性的エネルギーのコントロールが主目的って、それはもはや強姦犯たちの精神療法セミナーでしょう。

私が米軍の幹部で、こういう人がきてこういう事を言い始めたら、「このオッサン、酒のんでんのかな?」と素直に思うよ。

「国を上げて韓国女性を拉致して強制的に売春させた事実の証拠がないことも、厳然たる事実。日本が不当な侮辱を受けたいために言うべきことは言わなければならない」

国を挙げて韓国女性を拉致したことがあったかどうか、それを立証するのは歴史家のやることであって、政治家のやることではない。政治家がおおっぴらにこんなことを言うという事自体が害悪でしかない。

さらに突っ込んで言えば、国を挙げて組織的に拉致した事実があったかどうかというのは、従軍慰安婦問題にあまり関係無い。従軍慰安婦の斡旋業者によってだまされたケースや、少数の日本軍兵士が実際に拉致を行い、戦犯として処刑されたケースもある。そういう被害に遭われた方は、「日本軍がやった」と言うでしょう。兵士が独断で法に違反する行為をしたとしても、それは、「日本軍がやった」という事実に間違いは無いのです。

「今となってはみんなが、これはもう絶対にダメだと思っていることを、当時、世界各国がやっていたのに、なぜ日本だけが特別な批判を受けているかという問題点を認識しなければいけない」

こうも言っている。日本だけが批判を受けるいわれはないというのは、そのとおりだ。ただ、「他の国もやってる」という稚拙な言い方はなんなんだろう?小学生か?「たかし君家はゲームボーイ買ってくれたよ!」「余所は余所!ウチはウチです!!」っていうやり取りとなんら変わらない。何の建設性もない。

日本帝国軍が強制的に従軍慰安婦とすべく婦女子を拉致した、と主に韓国から批判されているという現状を変えたかったのだろうが、政治家としては本当におろかである。

韓国が言っている従軍慰安婦問題は、彼らが絶対に手放すことのない政治カードだ。悲しいことであるが、従軍慰安婦問題は明らかに政治利用されている。日本だけが批判を受けるいわれはないが、日本だけが批判を受けるその理由は政治的に利用されているからである。韓国は従軍慰安婦問題を事あるたびに騒ぎ立てれば日本は頭を下げて謝るほか無い。そして、どれだけ騒ぎ立てても、韓国の懐は何も痛まない。そもそも、従軍慰安婦の強制連行が「無かった」なんてことを論理的に証明するのは不可能だ。無いことを証明なんてできっこない。そう言うところも、韓国は上手く利用している。

つまりこれは従軍慰安婦問題という皮を被った政治的な問題である。政治的な問題であるのに、強制連行が有ったか無かったかということを論ずること自体が間違っている。それも、政治家が。日本はその時々の状況をつぶさに観察しながら、その時々に適した言動を取らなければならない。従軍慰安婦問題そのものには謝罪し、無茶な要求や主張は事実を提示して突っぱねるという、一貫した態度が重要だ。

で、最終的には、今まで強気だったのに、

「いろいろな批判を受けながら、間違っていたら、間違っていたと最後は謝ります」
「表現の拙さがあった。買春を勧めたわけではない。僕が国際感覚に乏しかったかもしれない」
「不適切だったのは間違いない。僕の言葉が不適切で、女性の人権を蹂躙しているじゃないかという批判は真摯に受け止める」

とまで言っている。この変わり身の速さはなんだ。

でも、橋下氏が意見を簡単に180度変えるのは今回が初めてではない。

3.11の震災後、橋下氏は原発再稼働断固反対の姿勢を貫き通し、関電の節電協力を拒否したりと散々やって回ったが、一点、原発再稼働容認の立場に転じた。その理由は、大阪の中小企業を支えるためには再稼働もやむなし、という感じの理由だったと記憶している。

どうも、橋下氏は深く考えずとりあえず即座に、迅速に行動をする、という戦略をとっているように思える。何よりも拙速を尊ぶ。その結果、最初の考えが間違っていたり、もっといい考えがあれば簡単に意見を翻す。まあ、この点はいいだろう。いつまでも間違った考え方に固執するよりは、過ちを認めてすぐに態度を変えたほうがよっぽど良い。

でも、深く考えずに行動するというのは、まあ、ベンチャー企業の若社長なら許されるが、すくなくとも政治家、それも市長であり党代表がやることではない。もっと慎重に行動してもらいたい。

もう一度、下村文科相の言を引用したい。

「橋下氏の発言はタイミングが非常に悪い。あえてこの発言をする意味があるのか」

その通りである。全く意味がない。何の国益にもならない。ネット右翼が騒いでるのと大差ない。こういう発言は、周到な根回しをして、確固たる準備をして、国際世論の潮流を観察し続け、ここだと思ったときに言うべきである。ある日突然、ぽっと言い出すのでは何の意味もない。そういう空気が読めないのならば政治家として失敗であると思う。

「その辺のおじさんではない。党の代表としての発言としてはいかがなものか」

これも全くその通りである。お前酒のんでんのか?

橋本氏の行動は意味が分からない。従軍慰安婦を必要悪として黙認すべき、みたいな事を言い出したと思ったら、「ヤンキーも風俗行こうぜ!」とか言い出したり、それでバカじゃ無いの?ってみんなに言われたら「ごめん」とか急に真顔になって謝ったり。お前は酔っぱらいか。

そのへんの顔を真っ赤にして酔っぱらってるオッサンが、「従軍慰安婦も風俗産業も世の中の必要悪だ!みんなが直視したくない社会の闇にこそ、正直に真正面から向き合う必要がある!」って焼酎水割りを握りしめながら主張してるんだったら、俺は、「そうだそうだ。オッサンの言うとおりだよ。ホントホント」って言うと思うけど、政治家が素面でいきなりこんな事を言い出したら、「お前馬鹿なの?よっぱらってんの?」と言われて当然だろう。

まあこういう事を繰り返すようならば維新にも未来は無いでしょうな。