コンパイルとインテル、応援練習、髪切った話

IMG_0845

IMG_0845

コンパイルとインテルの違い

intelのCMの音って、「テン!テテテテン!」って感じだろ。わかる?いわゆるジングルってやつ。

あれがコンパイルの音と混じってどっちがどっちかわからなくなるんだよね。コンパイルって、ぷよぷよを作ってたメーカーな。DiscStationとかいう雑誌を出してたメーカーな。

コンパイルの方はぷよぷよとかのオープニングで多分流れるよな?俺は「戦え!北出マン」の記憶しかないけど。

コンパイルは「テンテレテレテレテン!」だろ。
インテルは「テン!テテテテン!」だろ。

これが時々頭のなかでごっちゃになって、本当に困る。

まあ、もし戦え!北出マンを知ってるやつが居たら…。愛してる。

応援練習の話

俺は田舎の高校に通っていたのだけど、そこでは「応援練習」ってのがあった。新入生は学校の応援歌を大声で歌わなくてはならなくて、その練習をしてる最中、強面の先輩がやってきて、竹刀を振り回して、「声が小せえんじゃああ!!!っだらあぁあぁあぁ」みたいな事をいって、生意気な新入生を威嚇しまくる、そんな儀式だ。

この先輩たるや、なんだか高校生とは思えない、ヤクザ丸出しの先輩であって、私はたいそう恐れおののいて、やたらと大声で応援歌を歌っていたのだが、それを当時好きだった女の子に「すごい大声でいつも頑張って歌ってるよね」などと言われ、えへへ、そう?と思っていいのか、それともビビりまくっててかっこわるいのか、どういう反応をしていいかわからなかったのが記憶に残っている。

大人になった今振り返ると、あんなことやってる学校、もう絶滅危惧種なんじゃねえかなあ…。なんて思ってきた。

嫁に聞いたら、応援練習?あったよ。と、ごくごく自然に答えていた。嫁も同じ秋田県出身であるが、少なくとも県南と県央ではあったみたいだ。

googleで検索してみると、東北では結構普通にあるみたいだ。なんて書くと、またトウホグはこれだから…とか馬鹿にするやつがでてくるんだよな。東北なめんな。

髪切った

私、ほぼ2年ぶりくらいに髪を切った次第でございます。

正確に言いますと、私は毎回自分で自分の髪を切っております。それは、まあ、何度も申しています通り、私が超弩級のドケチであるからであります。

髪切って何千円も取られるんだったら、自分で切ってそのぶん飲みに行く、もしくは、すき家の類を食べる、などしたほうが得だっちゅうねん。と思う。

しかしながらこの考えは全然人々に支持されず、概ねの人は「すごいねー、自分で髪切れるんだねー。上手だねー。ゴイスー」などとお世辞おべっかを使ってくれるのだが、これが多少近しい仲になると、いい加減髪切ってもらえ、見苦しいんじゃ、ぼけ、などとストレートになってくる。

うちの嫁さんも、そこまではストレートじゃないが、「髪を切った あなたがステキ」みたいな、標語のようなことを言い出しそうな雰囲気を最近は醸し出してるので、まあ、切るべきかな。今週末、友達の結婚式だし。と、思って、切った。

まあ、それだけなんだけど・・・。

でもさ、あれって嫌なもんだぜ。俺はいつでも自分で切ってるじゃん。いわば、地元の草野球チームみたいなもんだよ。美容室に行くってのは、まあ、ちゃんとした免状持ちが髪を切るわけであって、俺みたいなモグリじゃないからな。草野球チームがいきなりメジャーリーグに参入したみたいなもんだよ。

だから俺は毎回すっかり萎縮して、もう、別に、どうなってもいいんで…。好きにしてください…。みたいな気分になる。が、髪をきってください!!!と電話で予約して、いざ店についたら「好きにしてください…」とか意味不明だし、どんだけお前Mなんだよ、って感じだし、そこは常識的な28歳児としての振る舞いをせなあかんのよなあ、と、思ったり思ってなかったり。

俺の崇拝する映画、Trainspottingで、スパッドが失業手当をもらうために、就活してるふりをして面接を受けるシーンがあるんだけど、「俺は上がり症なんだ」なんて言って、主人公のレントンがドラッグ(スピード)を差し出すシーンがある。

俺の場合も、まあ、違法薬物とまでは行かないまでも、テキーラの2ショットくらいは飲んでいったほうが良さそうな気分がある。そのくらい美容室、ハードルが高い。

まずな、あのおしゃれゾーン丸出しなのが嫌なんだよ。俺は非おしゃれ派なの。おしゃれというよりは機能美が好き、みたいな感じなの。

欲を言えば、エアコンプレッサーがドガガガガガ!とか言って、ツナギを着た兄ちゃんがブリュリューン!!とかインパクトでホイール外してる横で、油まみれのおっさんが「長め?短め?」という超絶スッキリな注文のみを受け付けて、これまた、エアーバリカン、みたいなのでブシュブシュブシュシュ、みたいな音を立てて2分くらいで散髪してほしい。ブロアーで髪の毛を飛ばして欲しい。

うん、さすがにそれは嘘だ。可愛い姉ちゃんに切ってもらうのが一番だ。優しい姉ちゃんにな…。可愛くて優しくて頑張り屋さんの姉ちゃんにな…。

指をよく見たら荒れててひどいんだ。新人だと髪を洗うのがメインの仕事になるから、そればっかりさせられててかわいそうなんだ…。みたいな。

まあそういうふうにグダグダ言ってもしょうがないので、可愛い姉ちゃんに切ってもらうために髪を切りに行きました。

結果、出てきたのは可愛い姉ちゃんじゃなくて、若作りした40前後の、限りなくおばちゃんに近い、お世辞を言って姉ちゃん、みたいな人だったけど、腕は確かで、とてもいい髪型にしてもらいました。やっぱ免状持ちは違うわ。と、俺は再び思った。

おわり。なんか文句ある?