初期費用17,400円、月額945円でスマートフォンを手に入れる

DSC_6765

DSC_6765

最近、誰に会ってもみんなスマホを持ってる。全員スマホ。1億総スマホ化、1億総Line化である。

私はスマホを持っていなかった。何故かというと単純に高いのだ。私が持っているガラケーの、月の支払いは2~3千円のもんである。妻のガラケーも2~3千円の支払いなのであって、たぶん合わせてもスマホ一台分に満たないだろう。それをば、なんですか?あのスマホの月間使用料金は?4リットル入りの激安焼酎を飲んでる私に謝って欲しいモンですわ。で、その一部でも恵まれない子供たちのために募金したら、世界はもっと素敵になるよ・・・。きっとね・・・。

私ですか?募金も献血もしたことありませんけど。何か問題でも?

そいで、最近だとどの友達に会っても、

「えっ!?あなた、スマホ持ってないの?今時そんな人間居るの?頭大丈夫ですかー?生きてますか~?」

とか、

「え?ああ、お前はスマホ持ってないんだっけ?いやー、最近メールなんか打たないからさあ~。Lineでやっちゃうよねー。こないだの写真、お前にも送ろうっか?あ、そっかあ、お前はスマホじゃないもんな~」

とかドヤ顔で言われるのである。腹立たしいことこの上無い。

そもそも、私はLinuxに関してはそんじょそこらの奴よりは詳しいし、Androidをソースからビルドしていじったこともあるんだよ。大体、adbすら使えない奴には話しかけてもらいたくないわあああああん!!!!!!

と思うのだが、そんな事言っても私の気持ちを理解してくれる人など一人もいないだろう。

大体だな、これは昔からそうだったんだよ。そう。スマホに始まった事じゃないんだよね。高校生の時から、「オレっち、パソ買ったんだけどさあ~、わっかんなくてさあ~」とか、「パソ」とか舐め腐った略語つかいやがってからに。お前な、IBMとかのメインフレームばっかりだった時代からようやくIBM PC/ATが誕生してだな、そこからようやくPersonal Computer、つまり、個人向けのコンピュータの時代が始まり、Windows 95の到来と同時に「パソコン」が一般大衆に広まった訳じゃないですか。

あんな、「パソ」なら「Personal」だろ。Computerはどこ行ったんだよおおおおお!

とか思いながら、で、まあ、オレっちが買ったパソコンを見に行くじゃないですか。したら、すげー高スペックなの。時代の最新なの。まあ、買ったばかりなら当然なんだけど。

でも、その高スペックパソコンで何やるかって行ったら、Internet Explorer 4.5でYahoo! Japanのニュースを見るか、Outlook Expressの設定に四苦八苦して俺に電話かけてよこすか、そのどちらかしかしないの。

もうホント悔しいよね。私は当時から3DCGや画像処理などにはまっていたので、スペックはあってもあっても足りなかった。何でオレがK-6 500MHzでお前のパソコンがPentium4なんだよ。おかしいだろ。っていつも思ってきた。

で、時代が変わっても、なんですか?あなたたちは?メールとネットがLineとSNSに変わっただけと違うんすか?

この、この、俺の悔しさが分かるか?俺の気持ちがわかるか?その俺に、お、おれに、お、俺に、俺、俺、に、対して、お前、「お前スマホまだ持ってないの?人間なの?」とは何事じゃああああ!!!ボケええええ!!!!

そいで、まあ、話が長くなりましたが。

私はとにかくあんな高額な料金を払いたくないんですね。払ったら負けとすら思ってる。「3G sim comparison」とかで検索して海外のSIMカードの月額料金を調べて見たらよろしい。払う気失せるから。

そういう、私のような超ドケチ向けの味方がMVNO(Mobile Virtual Network Operator)である。簡単に言うと、ドコモとかの回線を使わせてもらって第三者が商売してるサービスだね。現状、有名なのはb-mobile、イオン、IIJmioだろうか。これらで出している格安SIMカードは、通信速度が128kbpsと限られており、かつ、音声通話ができないがその代わりに月額1000円以下で利用できるのが特徴だ。音声通話が無いので、ガラケーと二台持ちすることになる。

これを契約して中古のスマートフォンを買えば、初期費用もランニングコストも抑えつつ、スマートフォンを手に入れることが出来る!

今回、私がスマホを買うにあたり要求する仕様は以下の通りである。

  • 初期費用2万円以下、月額1000円以下のコスト
  • Android 4.0(Ice Cream Sandwitch)以上
  • 国内ベンダ、キャリアのクソアプリが入っていない環境
  • docomo回線であること
  • Root化可能であること
  • テザリング可能であること

結果、上記の全ては達成した

端末:Xperia Arc (SO-01C LT15i) 中古 12,000円くらい
SDカード:32GB Class10 Patriot 2,400円くらい
IIJMio SDカード:初期費用 3,000円
計:17,400円

以下に動作画面を。

Screenshot_2013-03-16-17-30-09

テザリング。クライアントはUbuntu。しっかりWifi アクセスポイントとしてつながる。

SQ6QK5~J DSC_6766

次の記事から、セットアップ詳細を書く。

1件のコメント

  1. [...] 前回記事の続きです。まず、私が要求したスペックについての詳細を説明していきたいと思います。 [...]

ただいまコメントは受け付けていません。